So-net無料ブログ作成
お産・医療 ブログトップ
前の10件 | -

 「何が幸せか…」~映画の感想    2019年4月2日(火) [お産・医療]

 映画「子どもが教えてくれたこと」上映終了後、多くの方が感想アンケートを書いてくれました。その一部を紹介させていただきます。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 大人が思っている以上に、子どもたちは病気への向き合い方を知っているし、前向きな考えを持っている。大人顔負けの姿に感動しました!


 医師が子どもに病気のことをていねいに説明し、意思決定することもできるようにしていることに驚いたが、そうすることで、子どもたちは自分の病気と向き合い、自分の人生を生きているのかもしれないと感じた。子どもを子ども扱いせず、一人の「人」として対応することの大切さを学んだ。いい映画でした。


「うまくいかないことがあっても、なんとかなるわ。それが人生だもの!」
「君の笑い声に、ボクの傷は軽くなる」
 映画の中で心に残った子どもたちの一言でした。


 子どもが病気になるのはすごく辛いことだと思っていたけど、親次第でいろんなことができるんだなと思いました。


 よその国では医療体制が整っているようで、うらやましいと思いました。子どもに大人がちゃんと話して、子どもが自分の病気を理解して、病院のスタッフも家族、子どもも一体となって、治療に努めているうらやましい映画でした。日本でもこのような医療体制ができればいいなと思います。


 子どもたちの語る言葉のひとつひとつが重いなと思いました。「病気があっても幸せになれないってことはないんだ。自分次第なんだよ」という言葉が胸に響きました。日常がいかに幸せで貴重な時間か、考えさせられます。


 家族が入院よりも自宅療養を選べるのは、大人の労働環境(社会状況)も大きいと思った。子どもを一人の人間として尊重しているから、子どもも一人前の発言ができると思った。


 子どもは神様だな、と思いました。その人がその人らしく生きることを、周囲にいる人が精一杯できることで関わって生きることが、大切だと思います。その関わり方で、医療のサポートを受ける選択をしたい時に、私たちのいる岩手では、受けにくい環境であると思います。


 何が幸せか…考えさせられました。素敵な映画を有難うございました。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 上映2日前は40名だったのが、おかげさまで幼児も入れて79名の入場になりました。本当に有難うございました。
 それでも赤字ですが(^_^;)、かなり軽減できて、本当によかったです。「いい映画でした。子どもたちやたくさんの人に見てほしい」という声もいただきました。

 今後も、医療や健康を考える「お産と地域医療を考える会」の企画に、どうぞご参加ください。ご協力いただいた皆さま、ありがとうございました。


nice!(1)  コメント(0) 

 映画上映会終わりました     2019年3月31日(日) [お産・医療]

 あの、ここ数日アクセス数が多くなって、嬉しいような、こわいような~(^_^;)。
 まあそのうち、「なんだ、期待したほどではないな」と、元に戻るでしょう。

 昨日、無事に映画上映会が終わりました!皆さま、ありがとうございました。
 夕方は雪が降り、冬タイヤを交換した人も多く心配でしたが、何とか予定通りに。

   IMG_1952[1].jpg今朝は真っ白
 
 参加者から、「会場がとても快適でした」と喜ばれる一方で、準備中にトラブルがあったのです。なんと、大きな窓のところに「ブラインド故障中」!え、会場費もしっかりとっているのに、これで映画やれと?暗くならないじゃん。(市の公共施設)

 土日は事務所の職員が休みと聞いてたので、守衛さんに連絡したら、たまたま出勤の職員の方が「性能がいいスクリーンだから、明るい部屋でも見れます」と言ってますと。

 「えー!それはダメ、問題外。映画は暗くしなければ!」と言うと、次に「暗幕はないので、白布があります」と言う。「はあー!?それも光を通すから、暗くしないとダメです!他から借りてでも何とかして下さい」と言ったら、なんと奥から暗幕を探してきた。はじめから出してくればいいのに、もう。でも、その前に小野寺さんのご主人が農業用の黒いシートを買いに走ってくれたのだ。
 
 そして、午前の上映でこちらのミスがありました。参加された飯岡さま、もしブログを見ていましたら、おいもまでご連絡いただけますか。


 コージさんがいる時は気軽にお店を頼めたのですが、今回はほづみさんと小野寺さんの協力で、私もお店と会場を何度も行ったり来たりしながら、無事に営業もできました。連係プレーがすごい、感謝です。やっと夜の回でゆっくり観れたのですが、素晴らしい映画でした。アンケートもよく書かれていて、後で紹介したいと思います。


 夕べから疲労度Maxで、今朝の大雪を幸いに、店はヒマだろうなと午前は映画の後始末をやっていたら、午後からカフェもお店も忙しくなり、びっくら(笑)。

 ラジオを聞いてはじめて来ましたという方や、秋田の方、横浜のネパリ・バザーロのスタッフが被災地支援の帰途に寄ってくれたりと、カフェは久々ににぎわって、ありがたい1日でした。

 明日から4月です。4月6日の開店記念日の前後3日間は5%オフセールです。
 どうぞ、この機会に、お買物にいらしてください。5,6,7の金、土、日です。




nice!(1)  コメント(0) 

 ああ、映画が、鍋がコゲタ   2019年3月28日(木) [お産・医療]

 今日は朝からめげていました。。。

 1周忌のバタバタも何とか終えて、気づけば週末の映画の集客がヤバイ!最後までしつこく悪あがきする私は、開店前に急ぎいくつかの保育園にチラシを持ってお願いに。

 開店ギリギリに帰ってきて、2階に行ったら、はああああ、煙でモクモク!?


 まさかー!鍋がまっ黒、うわーっ、気に入りのナベが~!

 やってしまった(/_;)、トホホ。火事にならなくてよかった。
 守られていたと思うしかない。鍋は南部鉄器色になったが使える。

 10年以上使っている古いガスコンロ。コージの魚の焼き過ぎでグリルが壊れても使っていたが、いよいよ嫌いな自動消火装置付きに買い替えるしかないのかなあ。


  鍋は焦げても、映画は焦がすな!(は?)


 「子どもが教えてくれたこと」ネットで予告編を観ただけでも素晴らしい。

 私は今回の映画はいい!とピンときて自主上映を決め、事務局の小野寺さんと2ヶ月前から800枚のチラシを県内の病院関係、公共施設、お店、マスコミ、考える会の会員さんに郵送、配布して、広報協力もお願いしたきたが、予想外に反応が鈍くて、直前になって慌てている次第。

 前売り予約が採算ラインの半分で、かなりの赤字は必至とわかり、まためげた。

 何が悪いのか?やり方がヘタ?日にちが悪かった?いや、単純に広報不足なだけかとブツブツ言いながら、会員さんに現状を伝える、頼みの綱のFAX作戦。いやがられてるだろうな、ごめん。

 
 でも、ブログやフェイスブックで皆さんがいいね!をしてくれているようで、ありがたい。インスタグラムを始めたと言っても、1回目やってから何日もやらないと、やり方忘れてしまった。あはは・・・。

 
 相棒の小野寺さんはすごく動いてくれてるし、今日も焦る私に、「しかたないよ。プールしている予算から出そう、大丈夫だよ」と大らかだから、ホント助かっている。


 明日はとうふ、野菜、ブラウニーの生ものが入荷の週の金曜日です。
 前売り予約(電話もOK)は午後6時までいつでもウエルカムですよー。

 30日(土)は、1回目の上映準備でお店の開店は10時15分頃になります。

 2回目の14時の上映前や終了前後なども、私は映画の方に行っていますが、お店はほづみさんがお店番をやってくれるので、大体営業しています。

 カフェは午後できるかなあ?店主の私がいる時はできますが、いないとできません。

 あー、弱音吐いた~。気を取りなおして、映画も、ヨロピコ(*^^*)。



 IMG_0587[1].jpg
2017年の玄ぴんの映画の時、コージはチラシ下部に1枚1枚日時の帯を糊で張り付ける手作業を何百枚も。病気がわかる直前。

 
nice!(0)  コメント(0) 

 映画上映会へどうぞ!    2019年3月26日(火) [お産・医療]

 フランスで23万人を動員したドキュメンタリー映画「子どもが教えてくれたこと」の上映は、今週の土曜日です。
 どの回もまだまだ残席はあります!この映画を見逃すともったいないですよ。

 皆さま、わずかあと3日ですが、回りの知らない方におすすめください!(^^)!
 前売り券を買いに来られない方は、前日までの電話予約でも大丈夫です。
 
 ラストスパート、頑張っています!どうぞ、よろしくお願いします。

映画チラシ子ども.jpg

チラシ訂正版.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

 お産おしゃべりサロン    2019年3月3日(日) [お産・医療]

 今日は午前中、お産と地域医療を考える会主催の「お産おしゃべりサロン」をカフェで行いました。本当は年に何回か行う予定の活動ですが、一昨年夫の病気が見つかってから、やれていなかったので、実に1年半ぶりの久々のサロンでした。

 今日はなんと事務局の私と小野寺さんを入れて8名もの参加で、うれしい悲鳴(笑)。
 ハーブティーにおやつの準備に二人でバタバタして、「いつも3~4人しか集まらないサロンだったので、こんなに多く集まってパニックになりました」と挨拶すると、「10人の定員とあるのに、8人で慌てているなんておかしい~」と笑われてしまいました(^^ゞ。

 小野寺さんは早く来てくれて、朝の掃除も手伝ってくれて、私が最近疲れてて、朝遅いのが悪いんです。


 きのう卒業式だった、助産師を目指す元高校生、30代のママ、50代、60代と年代も様々、お産環境も色々な経験を話せて、終始笑いも絶えず、とてもいいサロンでした。

 皆さん「楽しかったー」「モヤモヤしていたのが晴れた」「またやってください」と、うれしい声に、細々と地道に会の活動を続けてきた私たちは励まされる想いでした。ご参加の皆さま、有難うございます。

 
 さて、3月から、昨年お休みしていたイベントなどを企画し始めています。
 ある講座とランチの準備でここのところ忙しくなり、バタンキューでブログも後回しでしたが、ブログとおいもだよりは待ってる人いるので(^_^;)、ちょっと頑張らねば。


 今日、赤ちゃん連れのママさんが、「コージさんの部屋で娘のおむつを替えてもいいですか?」と言うので、私「いいよー、コージさん、シメシメ!と喜んでるかも」

 いや、やっぱり、コージさんなら、こう言うだろうな・・・

 
    「おシメ、おシメ!」    
 

 
nice!(1)  コメント(0) 

 映画、午前の回増やしました!    2019年2月25日(月) [お産・医療]

 ここ数日は、確定申告作業で悪戦苦闘でした。毎年コージさんの仕事だったので、何にも知らない私は、全くの初心者で夜な夜な目にクマ作って、わかんねー(*´Д`)。

 やっと今日会場で丸一日かかって終わりました。午前から準備万端で行ったのに、夫が代表の時と4月からの私と別に計算して2枚出すということで、またやり直し。ドッと疲れたわ。

 とにかく無事に早めに終えてよかった。さあ、春に向かって、頑張らねばね。


 そして、以前お知らせした、3月30日の映画上映会の訂正があります。

 映画チラシ子ども.jpg

 午後と夜の2回上映でしたが、午前の回を急きょ追加しました。
 お産と地域医療を考える会の会員さんから、問い合わせがありました。

 「吹替ですか?字幕ですか?5歳の娘と観たいのですが、字幕がまだ読めないので」

 「字幕ですが、映像である程度理解できると思いますよ」と午後の回に予約してもらった後で、はたと考えました。映画は生の声の方がいいと、あたりまえに字幕版の予定でしたが、子どもたちも見れる映画で、出演する病気の子どもたちの言葉がハッとするほど大人びていて、言葉が大事だなと。

 なるほど、と気づかされました。それに吹替にすれば、子ども連れて来やすい。

 すぐに事務局相方の小野寺さんと相談し、配給元に吹替と字幕の両方を借りられるか確認し、その分経費は少しアップしますが、頑張って集客しようと、追加上映決定です。

 その旨をそのママさんに連絡したら、「え~!ホントですかー」ととても喜んでくれて、「10時の回も宣伝します!」と。なんていい会なんだろう(笑)。

 チラシ訂正版.jpg

 先週は急ぎ訂正のシールを作って1枚1枚に貼る作業と会員さんへの連絡でバタバタ。すでにチラシを置いてもらっている公共施設や病院を回って訂正シールを貼るいうことも小野寺さんがやってくれて、本当に有難い。

 いま、10時と夜19時の回が前売り好評です。予告編もステキですよ。
 
nice!(0)  コメント(0) 

 お産のはなしをしよう     2019年2月13日(水) [お産・医療]

 明日はバレンタインデー。フェアトレードのチョコレートをバレンタインにと、お店に足を運んで頂き、本当に有難うございます。「足りなくなって~」と、3回来られた方もいらして(*^^*)、「職場にですか?」と尋ねると、「うん、家族や職場に。どうせあげるなら、おいもさんで買おうと思って」・・・「うう~(/_;)、ありがとうございます!」


 さて、お産と地域医療を考える会主催のおしゃべりサロンのお知らせです。 IMG_0012.jpg

 会員や出産の経験に関係なくどなたでも、どうぞお気軽にご参加ください。
 自然分娩や自宅出産を経験している事務局スタッフが進行役です。
 

 明日木曜日はわらしべ農園のおいしい無農薬野菜が入荷します!
 

nice!(0)  コメント(0) 

 映画「子どもが教えてくれたこと」   2019年2月7日(木) [お産・医療]

 3月30日(土)に、素敵なドキュメンタリー映画の上映会を行います。昨年夏の劇場公開から、ぜひ岩手で自主上映したいと配給元にお願いして、1月にやっと解禁です(*^^*)。

 主催は「お産と地域医療を考える会」です。今日チラシが出来上がり、急ぎ仲間と会員・医療関係者に発送しました。どなたでも鑑賞できます。前売り券はおいものせなかで扱っています。広報・宣伝に協力して下さる方大歓迎です!

 映画チラシ子ども.jpg

 子ども映画チラシウラ.jpg

 「子どもが教えてくれたこと」公式サイト http://kodomo-oshiete.com/
  予告編もぜひ見て下さい。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 今すごい強風が吹いてます(>_<)。窓もガタガタで怖い怖い。ヘイ大丈夫かなあ。

 今日久々にOODのブラウニーが入荷しました!マロン、チャイ&ラムレーズン、トリプルベリー、ビターいちじく、ビターナッツ、ヴィーガンの6種です。メチャおいしい440円。

 わらしべ農園の野菜も入荷、次々売れてますが、葉物がまだ少しあります。
 明日は新潟のふえき農園の手づくり豆腐が入荷します。揚げ物もおいしい!

 2月11日(月・祝)は休まず営業します。(日・祝日は10時~17時半)


nice!(1)  コメント(0) 

 映画「甦れ生命の力」       2018年7月30日(月) [お産・医療]

 今週末におすすめの映画があります。

 「甦れ生命の力~小児科医 真弓定夫」は、おいもでも開店当初から本のコーナーでロングセラーの「自然流育児のすすめ」を書いた小児科医を追った映画です。

 私は、昨年12月に盛岡の上映会で観ました。おいもがずっと発信してきたことを、医療の世界でやっている真弓定夫医師で、もっと早く映画化されてもよかったのにと。

 いつか、岩手にも講演におよびしたいと思っているうちに、高齢になり閉院されました。

 この映画は、はじめ11月に講演で招いた岡野眞規代さんから聞きました。産科医吉村先生の紹介が10分ほど出ているが、そこに吉村先生のお産哲学が見事に表現されてて、お薦めですと。
 
 人は病気を自分の自然治癒力で治す、それには毎日の自然な生活が大事だということ。

 全国から患者さんが来るような著名な医師なのに、暮らしはとてもシンプルで質素。医院にはバスで通い、自宅で冬も暖房を使わないというのにはびっくりしました。すごい…。

   甦れいのちの力.jpg

   真弓ウラ.jpg

  8月4日(土)14時から 花巻市宮野目振興センター大広間
             予約1200円 高校生以下無料、お子様連れ可

  明日午前赤紫蘇が入荷します。ご予約の方は、11時~13時の受け取り可能です。    その時間だけ開店して、すみませんが定休日なので、あとは翌日になります。
 
nice!(0)  コメント(0) 

 HPVワクチン薬害訴訟      2018年7月28日(土) [お産・医療]

 昨日の会報にも書いた報告をブログでもお知らせします。

 7月7日に参加した「お産サポートJAPAN」のHPVワクチン被害の講演会に動揺しました。もしかして、ワクチンを受けた娘にも起こっていたかもしれない深刻な被害の状況を知って。


 HPVワクチンは子宮頸がんを予防する(という)ワクチンで、2010年に公費助成、2013年に異例のスピードで定期接種化されて、相次ぐ被害を訴える声に国は積極的接種勧奨を一時中止しました。

 全国の被害者の女性たちは2016年7月に、国と製薬会社を相手に裁判を起こしました。今回弁護団の弁護士さんの講演では、このワクチンは他の予防接種に比べ10倍の有害性で重い障害が残ること、国や製薬会社がその事実を認めないことに怒りを感じました。

 HPVワクチン薬害訴訟全国弁護団https://www.hpv-yakugai.net/

 当日親子で来てくれた原告の最年少Aさんは17歳。12歳の時に子宮頸がんワクチンを接種してから、運動も得意で学校も大好きだったのに、痛み、倦怠感、筋力低下等の症状で学校に行けなくなりました。体の激痛は、お母さんに「私を殺して」というほどの苦しみだそうです。

 裁判や講演で外出すれば、その後2日間は寝込むという中、自分の被害を伝えるために来てくれました。
 
 症状が出て病院に行った当初、精神科に回されて、歩けないのは「演技している」「嘘をついてる」「デマだ」と何人もの医師に言われたとのこと。下記の障害リストを見ると、身体的障害に加え、重い副反応です。かわいそうで仕方ない。

 記憶障害・学習障害一覧https://www.hpv-yakugai.net/2018/02/06/cognitive/


 「私は大人が作った、大人が勧めた子宮頸がんワクチンを接種して、この体になりました。大人は『全ての薬にはリスクがある。リスクはゼロではない』と言いながら、この子宮頸がんワクチンの副反応は認めません。なぜなのでしょうか」


 お母さんは娘にワクチンを受けさせたことに責任を感じ苦しみ、娘が薬害の裁判に関わり公表することを反対しました。でもAさんは「私が表に出て伝えることで、問題に関心を持ってもらい、このような薬害をなくしていきたい」と答えたのです。

 HPVワクチン薬害訴訟のわかりやすいリーフレット 
     ワクチンパンフ.jpg 

     パンフ2.jpg

 「たった何ミリかの液体。でもそれで人生が変わりました。予防接種は誰もが経験するものです。薬害とは、自分とは離れた遠い世界で起きている問題ではなく、自分と隣り合わせにあります。そのことに気づき、薬害を許さないという姿勢を多くの人に持っていただきたいです。それが薬害を生み出す社会を変えるきっかけになると考えています。まずは、私たちに起きている現実を知ってください。そして、ぜひ私たちの声を周りの人たちへと広げてください」(リーフレットの原告の声、全国原告団代表 酒井七海さん)


 今年3月24日にHPVワクチン被害に関する国際シンポジウムが東京で行われ、英国・スペイン・アイルランド・コロンビア・日本の被害者の実情が明らかになりました。障害の症状が各国類似していることと、国がワクチン被害であることを認めないという精神的苦痛も共通していました。

 共同宣言https://www.hpv-yakugai.net/2018/04/26/joint-statement/


 これは、いつでも自分たちに起こりうる問題です。無視せずに、いのちにやさしい社会を目指して(お産と地域医療を考える会のテーマ)いきたいです。



nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - お産・医療 ブログトップ