So-net無料ブログ作成
フェアトレード ブログトップ
前の10件 | -

 ファッションの裏側には      2019年4月25日(木) [フェアトレード]

 先日から始まったフェアトレードの服の春夏展示会に、毎日お客さまが来てくれています。あれこれ楽しげに着てみては迷い、お客さん同士で会話して、のんびりした光景です。

 初日に決めかねて、きのう再度訪れた方や、色々迷ってまた来ますという方も。今週末にはほづみさんが来られるので、的確なアドバイスが聞けます。ぜひまた週末の昼前頃から午後3時頃までにいらして下さい!(*^^*)


 はじめての方に、一般に流通している服よりも少し高め、でもオーガニックコットンや手織りという天然素材でていねいに作られた服の意味を最近ちゃんと伝えていなかったかも。

 そこで、2年前に通信に書いた文章を再度掲載します。本当は同じ文章の再掲は良くないのですが、あらためて説明できなくて、すみません。長いですが(^_^;)、読まれて、フェアトレードの服にこだわる趣旨が伝わればと思います。

 どうぞ、フェアトレードの服の展示会に、お気軽にいらしてください!


   無題.jpg

   無題.jpg2.jpg


おいものせなかだより 2017年5・6月 裏面

   フェアトレード・ファッションって、なに

 「やはり、あの映画を観て、考えさせられました。中学生の娘にと、先日の展示会で買ったTシャツを着心地がいいのかすごく気に入ってくれ毎日着てて、ヘビーローテーションです」と笑うのは、フェアトレードの服を職場でも愛用しているМさん。


 映画は、昨年5月のフェアトレード月間に、おいものせなかで上映した映画「ザ・トゥルー・コスト(真の代償)」のこと。大量生産・大量消費・大量廃棄のファスト・ファッション(※)の裏側を取材し、安くてすぐに捨てられる服の生産が、作る人や環境にどれだけ影響を与えているかの衝撃的な内容だった。

 「ものすごく驚いています。発展途上国で衣類の仕事をしていることは、そこの人達が裕福なっていると思っていました。ショックでした。もっともっとみんなが知るべきだと思いました」(映画のアンケートより)


 バングラデシュの低賃金の縫製工場のビル倒壊で数千人が犠牲に。カンボジアで最低賃金の改善を求める女子工員に…。米国で売れない大量の古着がハイチに寄付された末に、地元の服飾産業が消えた。世界は今ファストファッションが主流に。

 しかし、その背景にあるのは、労働者の健康被害、水汚染、教育や医療を受けられない低賃金労働など。私たちが日常買う服の、本当の代償は何か?


 「もしあなたがもう少しお金を払ってくれれば、私たちの暮しも少し良くなるのでしょう」とバングラデシュの縫製工場で働く25歳の女性。

 ではどれだけ高くなると、彼らは食べていけるのか。世界4000万人の衣服労働者のうち、バングラデシュに400万人。バングラデシュの最低賃金は2010年にようやく月額3000タカ(約2900円)に引き上げられ、その前の10年間は1660タカ(約1600円)。できれば最低賃金が5000タカに保障されてほしい。そうすると、先進国で2500円で売られているジーンズの価格が100円上がるだけ!?

 「映画は想像以上に驚く内容でした。知っていたつもりでも、改めて映像として実際に見ることで意識が変わりました。まずは、知ることが本当に大切だと感じました。服や食べ物を選ぶ、ひとつひとつ自分の行動が世界につながっていて、政治的な意思表示にもなり、自分の発言になっているんだなと。日々の自分にできることを小さなことからでも少しずつやっていこうと思いました」(映画のアンケートより)

 映画はファッション業界の影を描くだけでなく、解決方法のひとつとして、日本のフェアトレード・ファッションの活動も取材した。また、映画の後にフェアトレード団体ピープルツリーの胤森なお子さんの講演会を行ったことで、映画への理解も深まったようだ。
  
 弱い立場が搾取されるような状況は、ファッション業界だけでなく、すべての分野で起こっている。途上国に安く外注していけば、国内の産業は消えていく。自分の消費が与える影響と責任を考えてみようと、映画は私たちに問いかけている。
  
 ※ファスト・ファッション~“早くて安い”ファストフードになぞらえた言葉。日本人の衣類の45%がファスト・ファッションというデータも。  
 

 フェアトレード・ファッションとは、世界でも日本の団体が独自に開発してきたもの。1940年代にイギリスで始まったフェアトレードの活動は、かつて植民地にしていた発展途上国の貧困改善と自立支援のために、現地で生産されたコーヒーや紅茶、手工芸品を適正価格で購入し、「お買物で国際協力」「贈り物はフェアトレードで」と欧米で広まった。

 1986年、その活動が日本で始まり、私もその活動に関わる。しかし、途上国支援というと募金や物資の寄付が一般的な日本では、商品を買うこと=支援という公正貿易(フェアトレード)の意味がなかなか理解されない。この活動は、売れなければ意味がない。生産者に注文を継続して行うことが経済的自立につながるからだ。

 そこで、フェアトレード団体はファッションに着目する。服は、消費者が毎年新しいものを購入するし、1枚の服を作るのに、織り、刺繍、染め、縫製とたくさんの人の手が必要で、多くの雇用を生み出す。更に、効率的な機械生産の普及で失業した手織りや手刺繍の職人の仕事の復帰と、手工芸の伝統的技術を守っていくことにもつながる。


 インドでは綿花の栽培農家が農薬の害で皮膚病や半身不随などの健康被害のほか、農薬の借金で過去16年間に25万人の自殺者(30分に1人の割合)という現状。日本の団体は、生産者の健康や環境を守りたいと、無農薬栽培の綿花(オーガニックコットン)に取り組み始めたのが1998年だ。日本の消費者の基準は世界一厳しい。日本で通用する服づくりに、生産者を招いての研修や専門家を連れて現地で指導するなど、生産者と団体の長年の努力の末に、作る人の健康や環境に配慮したフェアトレードの服が出来上がる。


 「フェアトレードの仕事があって、本当にうれしいです!」と笑顔で言うのは、ネパールの生産者の女性たち。家庭でも社会でも差別と抑圧、貧困に苦しんでいた彼らは、収入がある仕事を得て自信をつけ、生きる希望を見出した。

 いつもドキドキのフェアトレードの服の展示会。今年の春夏展示会は、はじめての方や若い方も来てくれた。赤ちゃん連れのKさんは、出産してから買う物を選ぶ意識が変わったという。「でも、通販でも買ったことがあるけど、なぜか大事にしようとは思わない。お店で買った方が大事にしようと思うんですよね。うちは酒屋をやっていたので、商品はお店で買った方がいいと、私は思っています」

 今はネット通販におされて、小売店はどこも厳しい。たとえ同じ商品でも、お店や展示会で見て、試着して、その商品の良さをお話して、と超アナログだが、お客さんの顔や声と、私もすてきな商品を売る喜びがあるから、頑張って続けたい。


nice!(1)  コメント(0) 

 春夏展示会が始まりました   2019年4月21日(日) [フェアトレード]

 昨日から、今年のフェアトレードの服の春夏展示会が始まりました!

     IMG_2031[1].jpg
 写真は日中にいつも撮り忘れて、閉店後に撮ったので、暗くてすみません。

     IMG_2034[1].jpg
  コットンニットや手織りのストールとかもあります。

     IMG_2035[1].jpg
 LEEとコラボしたオーガニックコットンのデニムのスカートが好評です。


 この2日間、フェアトレードの服を愛用して下さる方が足を運んでくれました。今年もどれも素敵と迷いつつ、試着しながらお気に入りの1枚を見つけていました。

 実際に服を手にとって見れて、試着できるのは展示会の時だけです。明日・明後日は定休日ですが、展示会は29日(月・祝)まで行っています。その後も連休中の展示もお問合せを。

 来週末も、ほづみさんが都合をつけて来てくれそうです。元、イッセイ・ミヤケのトップセールス店長のキャリアで、とても的確なアドバイスをしてくれます。ぜひ、ほづみさんがいる時に、週末にご来店下さい(*^^*)。


nice!(1)  コメント(0) 

 フェアトレードの春夏展示会    2019年4月17日(水) [フェアトレード]

 今週末から、フェアトレードの服の春夏の新作の展示会を行います。
 素敵な着心地のいい服、長く着られる服、生産者の自立を支援する服です。

 フェアトレードの服は、この一枚で世界の不公正、不平等にNO!と言い、少しでも世の中を良く変えていきたいという選択、投票のようなお買物です。ぜひ、ご来店ください。

 IMG.jpg
nice!(1)  コメント(0) 

 今日から秋冬展示会です   2018年10月12日(金) [フェアトレード]

 今日から、フェアトレードの秋冬もの展示会が始まりました!

      IMG_0875[1].jpg

 朝一番に来てくれたAさんは、なんと久慈からわざわざ来てくれました。
 
 長年のフェアトレードの服のファンのAさんは転勤族。北上、宮古、釜石と3年毎に引越ししても、必ず電車で来て、展示会を楽しみに来ていました。この夏、花巻から車で3~4時間はかかる、遠い久慈市に転勤が決まり、いくら何でも来れないよねーと残念だったのが…、「うわ、来た来たー!(笑)」と、嬉しい悲鳴です。

 「朝、何時に出たの!?」

 「5時に起きて、6時過ぎに出て久慈駅に行って、バスに乗って二戸駅に行って新幹線に乗って、でも新花巻に止まらないから盛岡で新幹線をやまびこに乗り換えて、そこから釜石線で花巻駅に来ました(^o^)」

 おいもに着いたのが、10時40分頃だから、約4時間半!はああ~、すごーい。もう、頭が下がります(≧◇≦)いつも、地元のお菓子とコージさんにもお酒の小瓶を手土産に。

 「展示会に来るのが楽しみなんです。半年に一度くらいしか来れないから」と、毎回服を丹念に見て、お買物もたくさんしてくれて、もう交通費かけて来てくれて、ううう( ;∀;)有難や~、有難や~。悪いことはできないな。

      IMG_0876[1].jpg
    ネパールの手編みベストは、今回大き目の男性用も!

 そして、一関市から毎回来てくれる方は、いくつか試着して迷いつつ、初めに魅かれた明るい色のおしゃれなコートを注文してくれました。とても似合っていて、はたで見ていても幸せな気分になります。

 もうお一人の常連の方は、ワンピースが大好きで、いつも職場にもフェアトレードのワンピースを着ていってます。毎回気に入ったのがあるといいなと心配ですが、今日はすぐにコレ素敵!と手織りのシックなワンピースを色違いで試着して、私とその場にいたお客さんで、「どっちもいいけれど、こっちの方がいい」とワイワイ言い合って、決定です。みんなでそれもまた楽しい。

       IMG_0879[1].jpg

 今日は金曜日のせいか、展示会のお客さまは初日にしてはとても少なかったのですが、来られた方は目指してきたコアな方たちで(笑)、うれしかったです。

 明日は服のアドバイザーのほづみさんも昼前から午後3~4時頃までいてくれます。
 秋冬展示会に、お気軽に、見るだけでもどうぞ、お越しください。

 ※写真がバタバタしてて撮れなかったので、明日写真をUPします。

 
補足:試着室にコージさんの写真があり、黒メガネ作ってかけさせようとしたけど、写真にセロテープはできず、つるが壁にくっつかなくて、もうやめた。皆さん気にしてないみたい。

 「ムダな抵抗はやめろ。オレは心の目で見えるんだ」

 なんて、ほくそ笑んでるか?写真を床に置いて撮ってみた。ワルおやじじゃん(笑)!

      IMG_0880[1].jpg



nice!(1)  コメント(0) 

 旬くんの自由研究       2018年7月25日(水) [フェアトレード]

 先日、佐藤旬くんがご両親と一緒に、お店にお礼と報告に来てくれました。
 小学校6年生の冬休みに、自由研究をフェアトレードにしたいと、おいものせなかでインタビューしていった男の子です。

    旬君.jpg後ろでお父さんが支えています

 お母さんがうちでお買物をしてくれるお客さまで、はじめは、「お母さん、おいしそうなチョコ(フェアトレード)食べてるなあ」くらいの興味だったそうですが、勧められて、おいもに来て聞いたり、調べていくうちに、どんどんやる気が出てきて、なんと模造紙4枚に、全部1人で書いてまとめて、クラスで発表しました。えらいなあ。

 お母さんもびっくり。世界にある様々な問題を考えるきっかけになれば、という気持ちで旬くんに勧めたようですが、きっとお母さんの予想以上に、旬くんはインスパイアされたのですね。


 これまでも、お母さんが子どもの自由研究にフェアトレードや環境の問題をすすめて、おいもにくる親子は、少ないですがいました。学校では、先生も忙しくて自由な教育はできないようで、最近はエコやフェアトレードの学校の取り組みも減っています。

 そこを補うような、家庭での教育もあらためて大事なんだと思いました。

 「この商品はどこでどういう人たちがつくっているの?」

 「なぜこんなに安いの?つくる人は食べていけるの?」


 私たちが毎日手にするモノから疑問が湧いてきて、世界の不公平な貿易、働いても貧困から抜け出せない人々がいることなどを考えるきっかけになればと思います。

     16日旬君.jpgカレーやチョコの紙を貼って

 旬くんはこの春から中学校で、ソフトテニス部に入って、がんばっています(*^^*)。


nice!(0)  コメント(0) 

 展示会あと2日間です    2018年5月26日(土) [フェアトレード]

 おはようございます。今日もいいお天気です。
 モッコウバラがまだ見事に咲いています。少し散り始めてはいますが。

 フェアトレードの服の展示会は、今日と明日の2日間で終了です。着心地がよく、ていねいにインド・ネパール・バングラデシュの生産者が作ってくれた服は持ちがよく、途上国支援になり、着ていて気持ちがいい服です。ぜひ、ご都合がつきましたら、足を運んでみてください。

 今日明日は、ほづみさんが11時頃から午後3時頃まで会場にいてくれます。ほづみさんは服のプロで、若い頃有名ブランドの服の売り上げで、東京の高島屋のトップ店長だった方で、服のコーディネートのことは気軽に何でも相談できます。

 今日は午後6時まで、明日日曜日は午後5時半閉店です。月曜・火曜は定休日です。

    IMG_2257[1].jpg


 2日前に、「今日で亡くなって2ヶ月目です」と書き始めたら、ダラダラと長くなり、お酒も進み、日にちが変わり、疲れてバタン。昨夜、今日こそはと書いたの見直してて、日にちが変わり、またバタン。
 今朝はとてもさわやかな朝なのに、シロアリにうなされちゃって、なんだかとてもだるい。はあ、久々のイベントで疲れが出たかなあ、もう若くないんだし。ゆっくりやります。

 先日お隣さんから、板塀にシロアリが出て困るので駆除してと言われて。困ったなあ、こんな時コージさんに何とかしてもらうんだけど。薬使いたくないけど買うか…と夕方見たら、すっかり羽虫がいなくなっててひと安心。コージが追い払ってくれたかな。また出るかもしれないので、注意しなくては。

 完全無農薬バナナも入荷しています。とうふは、油揚げとがんも、おからがあります。

 気をつけよう、ブログと酒とシロアリと。



nice!(1)  コメント(0) 

 展示会はじまった     2018年5月22日(火) [フェアトレード]

 ブログを楽しみに見て下さる方、すみません(苦笑)。先日も、数日空けたら、大丈夫かなあと心配の声も聞こえました。
 まあ、イベントで疲れたり、落ちたり、お天気で上がったり、無理しないでやりますわ(^▽^;)。

 なので、今日も夜ふかしになるので、急いで、伝えたいことだけ、バタバタとー。

   IMG_2236[1].jpg
 満開なのか、まだなのか。大雨、強風で散ったりと、よくわからんが、咲いてる。

 土曜日に始まったフェアトレードの服の展示会。小学校の運動会も重なり、天気に左右され、客足もぼちぼちですが、目指して来られた方は、「うわー迷う~」と言いつつ、お気に入りの服をみつけて、ご注文下さり、有難うございます。   IMG_2248[1].jpg  風蔵とAoniの商品も、1点ものなので、ちょっとずつ減り、好評です。手づくり!      IMG_2244[1].jpg  風蔵さんと、童話作家で賢治学会の理事で花巻ファンの神戸の中野由貴さんのブログで紹介して頂きました。  由貴さんは先日ご来店で、次々書いてるので、下に行くとおいも出てきます。  あーー、また段落がおかしくなってきたあああああ(-_-メ)!ごめん、わからん!  風蔵 http://stm19.blog79.fc2.com/  このごろ出会ったおいしいもの http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/  いつも、日にちが変わる時間ギリギリに書いてて、慌ててアップするのですが、翌朝やっぱりここはこうと、直したり、写真を入れたりと訂正する時も多々あります。  なので、なかなか更新されないなあという時は、前のをもう一度読んでみて下さい。いつもブログを楽しみに読んでいたコージが出てきて、前回みたいにしょーもないギャグが入ることも(^_^;)。  
nice!(1)  コメント(0) 

 フェアトレードの春夏展示会     2018年5月13日(日) [フェアトレード]

 今週末から、フェアトレードの春夏の服の展示会を行います。

 毎年4月に行っているイベントですが、カフェは喪だったので1か月遅らせました。やっと、チラシを書けました。

     IMG_2232[1].jpg

 もう1週間しかないので、宣伝頑張らねば…。皆さまのご協力もお願いします。

 今日もなんだか忙しかった。やはり一人だとお昼を交代する人がいないので、食べそびれたり。さわうちの講演もギリギリまで迷いましたが、ギフトの注文や遠方のお客さんもいらして、開けててよかった。

 明日は展示会準備などの仕事があるので、適当に開店して仕事をしています。夕方早めに閉めるかもしれませんが、お買物はOKです。お電話が確実です。
 来週の月曜日は展示会期中で、休まず営業する予定です。

     IMG_2228[1].jpg
  モッコウバラが少しずつ咲いてきて、一分咲きくらいかな。

 いつもコージさんが、いの一番に「1・2・3…5輪くらい咲いてるぞー」と教えてくれたのですが、その声も聞こえない。「どっちがお昼先に食べる?」とか、「おかえり」という声も、ついこの間まであったのにね。静かです…。


nice!(0)  コメント(0) 

  金ヶ崎 de 世界のTea Party   2018年2月16日(金) [フェアトレード]

  2月18日(日)に、金ヶ崎町国際交流協会主催のイベントがあります。

  「金ヶ崎 de 世界のTea Party」という、食べて、見て、知ってと、フェア
  トレードも満載のとても素敵なイベントです。チョコの販売もあります。

金ヶ崎.jpg

  参加費が600円でどなたでも参加できます。フェアトレードのカレーやフェア
  トレードの素材を使った手作りお菓子とドリンク、インドネシア料理やスコット
  ランド菓子などが、参加費で食べれるようです。美味しそう、安い。先着80名。

  また、ぜひフェアトレードのファッションショーをやりたいという熱意を受け、
  おいもが協力して、ファッションショー用の服をほづみさんに手伝ってもらい、
  10着コーディネートして準備しました。カッコイイ、素敵な服ですよ(*^^*)。
  ぜひ、ぜひ、行ってみてください。私も行って、見たい、食べたーい!(^^)!

  ホームページ http://kifa.cocolog-nifty.com/blog/

  金ヶ崎町国際交流協会は、長年毎年のイベントでフェアトレードの商品を販売
  したり、カレーやお菓子を作って提供したり、よくフェアトレードの取り組みを
  行ってくれます。なので、町民にフェアトレードが浸透していって、皆で町の
  イベントを楽しんでつくり上げている様子が感じられます。本当に感心します。

  おそらく、県内ではフェアトレードで一番頑張っている町、協会だと思います。
  できれば、地元花巻ももっとがんばってほしいなあ(;^ω^)。

  
nice!(0)  コメント(0) 

  展示会は、あと2日間        2017年10月7日(土) [フェアトレード]

  フェアトレードの秋冬展示会は、明日、あさっての2日間で終わりです。
  やはりもう一度見てみたいと、何とか時間をつくって、再度来られる方も。
  明日は、ほづみさんが来てくれます。今日、ちょっとのぞいてくれました。

  自分が買うとしたら、今回はこれかなと思って決めていた服、でも年の割には
  若いかなとほづみさんに相談したら、即座にブ~(^_^;)。「そういうのは、
  卒業しなさい。コレ着てみて」と、自分では絶対選ばないような服を渡されて、
  えーマジか(笑)と試着したら、おおー意外と似合い、びっくりしました(;^ω^)。

  さすが適確!とあらためてそのセンスに感心。あ、でも決して無理に勧めたり、
  押しつけがましい人ではなく、静かに見ていて、聞けばに答えてくれる方です。
  明日は、3時前までいるかな。お仕事等の都合で、数時間しかいれませんが。

  お店・カフェは日・月は休日なので、閉店は夕方5時半です。
  もし、時間が過ぎそうなときは、遠慮なく、お電話ください。
  

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - フェアトレード ブログトップ