So-net無料ブログ作成

 あきらめない、佐々木ばあちゃん    2019年5月1日(水) [暮らし]

 今日から令和の時代になりました。巷は大騒ぎで、大晦日みたいですね(*^^*)。
 平成からの色々な問題は持ち越しですが、戦争や災害が起こらないように願います。

 今日は午前中カフェの服の展示を奥の部屋に全部移しました。コージさんの絵と祭壇と絵本を隠すように、ズラーと服がかけられて何の部屋だか(^_^;)。5日まで展示しています。

 
 きのうは久々の休みでテレビを見ていたら、熊本地震で思い出した。そうだ、いつか書こうと思っていた、佐々木ばあちゃんのこと。


 昨年ドキュメンタリー番組のコンテストの受賞作品の再放送をたまたま見た。
 熊本地震で家が全壊して、避難所を嫌がり、一人で車やテントなど4か所転々として、1年後に小さな平屋の家を建てたばあちゃんの話。

 なんと84歳!家を失ってから、必ずこの地で自宅を建てるとあきらめなかった。

 「私は私を全うする」と。

 旦那さんは21年前に他界されたが、ギャンブル好きで稼いだお金を全部そっちで使い、相当苦労したようだ。

 「大変だった…」と佐々木ばあちゃんはひと言。

 でも、すごく明るくて、サバサバしている。苦労してきた人は強くて優しいのだ。
  
 ばあちゃんはずっと働いてきた。60歳過ぎてからは新聞配達だったか、掃除の仕事だったかを(うろ覚えですみません)10数年間働いてきた。


 もうひとつ心に残った言葉があった。ただ、これもうろ覚えで残念なのだが。

 「どこかでふんぎりや決断をしないと、惰性でいってしまう」
 
 番組紹介https://www.fujitv.co.jp/fnsaward/26th/tku.html

 また、見たい。再放送してほしいなぁ。


 私は昔から、自然の中で手づくりの暮らし、小さな家に住みたいなと夢見ていた。生活上今の住まいになっているが、もうこの年で一人では無理とあきらめていた。佐々木ばあちゃん、すごいな。

 あきらめないことにした。佐々木ばあちゃんみたいに。

 
 
nice!(1)  コメント(0)