So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

 明日は沖縄県知事選挙    2018年9月29日(土) [政治・経済・社会]

 今日は宮城県からの旅行者の方が、「岩手はりんごが美味しいからアップルパイも美味しいに違いない」と、ネットでアップルパイを調べて、うちのことを知ってカフェに来られた方がパイを食べてお土産に買って帰られました。今日も忙しかった、うれしいです。


 明日は沖縄県知事選挙。とても心配です。不正や圧力が行われているのでは(>_<)。
 いつもこうやって、国民の、市民の想いは通らなかったような気がします。

 「不正を生む公職選挙法の欠陥」https://yahoo.jp/box/TFehmN

  沖縄県知事選挙の詳しい取材記事は下記のサイトの中を色々見て下さい。

  IWJジャーナル http://iwj.co.jp/#topic-grid

  翁長樹子さんロングインタビュー!https://iwj.co.jp/wj/open/archives/430808
  長いですが、いいインタビューです。沖縄への愛と夫婦の絆が感じられます。


  明日は、沖縄だけでなく、日本の未来がかかっている選挙です。
  私は翁長雄志さんの後継者の玉城デニーさんに知事になってほしい!
  が、とにかく自公の圧力はすごいようで、心配です(; ・`д・´)。

    
    絵2.jpg

nice!(1)  コメント(0) 

 トンデモナイカフェ     2018年9月28日(金) [+ Cafe]

 最近、なぜかカフェにお客さんが来るようになった。といっても、元々が超少ないから、2~3組も来れば、いや~今日はカフェらしかったー♡となる。しかし、開店してからずっとヒマなカフェなので、朝は看板を出さなかったり。(←夫が出さない時は、「はあ、やる気がないの?」と怒ってたのにね)忙しくないと、いつまでも慣れないから、カフェのお客さんが来ると緊張する。

 お店の前を素通りしてカフェに入る人影を見ると、ウワー、やばい!(笑)と裏通路をすっ飛んでって、バチバチッと電気つけて、レコードをかけて。でも最近は、うちは貴重な隠れ家カフェと開き直ってきた。静かで落ち着く良さもある。


 今日は、青森の方が新幹線に乗る前に4名で来られた。この間は、富山からの旅行者だった。皆さん、「花巻・カフェ」で検索して知ったという。ええ?うちは人気カフェでなくてもネットでひっかるんだとびっくり。皆さんがSNSでアップしてくれてるようで、ネットの力は有難い。

 来られた方はうちの雰囲気にとても感動してくれるし、「ドリンクもパイも美味しかったです」と言ってくれるのだが、遠方が多いためか、リピートされないのが悲しいところ。

       IMG_0887.jpg


 プロとしての自覚に欠けている私は 、今日またとんでもないことをやってしまった。

 毎月とうふの日にお買物に来てくれる若い男性Aさん。たまったポイントで、カフェでマサラティー(チャイ)を注文されたけど、今日青森の方の注文で牛乳を切らしてしまった。う、コージがいれば、ヨーカドーに買いに走ってもらうのだが(>_<)。

 低温殺菌で期限が長くない牛乳なので、余分に買わないでいる。これまでも、牛乳を使うオーダーを受けてから、「待っていられるようであれば、今牛乳を買いに行ってきますが」と言うと、お客さんはブッと、あるいは、クスクスと笑って、「待ってます」と。


 Aさんの注文を断りたくないし、今週はまだ土・日があるから、今日牛乳を買っても使えると思い、「あの、待ってくれたら、私今牛乳買ってきます!」
 Aさんはびっくりして、「お店にお客さんが来たらどうします?」とうろたえる。

 私「ウーン、そうだよね。すぐ帰ってくるから、ちょっと待ってもらってと伝えて…」
 Aさん「5分位ですかね」とてもシャイなAさんだが、何とか引き受けてくれそうだ。
 私「ハイ、じゃあ、行ってきます!」と、出ようとしたら、車が来て来店客の気配。

 Aさん「あ、お客さんだから、僕が買ってきます。どの牛乳ですか?」
 私「え!いいんですか?ホントにいいの?すみません、タカナシの低温殺菌です。もしもない時は、隣りの田野畑村のを買って下さい。ない時だけですよ。値引きしてても大丈夫」

 Aさん、5分もしないで帰ってきて、何と30%引きだった。それも、期限も大丈夫。
 私「おお、すごい!ふだんは10%引きしかならないのに!(Aさん、グッジョブ!笑)本当に、本当に、有難うございます!」
  

 でもね、いくらAさんが常連さんで信頼関係があるからとはいえ、客の注文に、牛乳ないから客に買いに走らせたなんて、とんでもないカフェだ。
 普通なら「前代未聞!言語道断!」と呆れられそうだけど、私助かったし、とびきり美味しいチャイを作って、お礼にお菓子をあげて、お互いにほっこり。これでいいのだ。

 こんな(どんな?)性格のせいか、時々予想もつかないことが起こって、自分でもクスクス笑ったりしてる。たとえ失敗したとしても、それで気づくこともあるから、結果

  全部オーライかな …と思うようにしてる。

 
nice!(2)  コメント(0) 

 今日で半年     2018年9月24日(月) [がんと闘いたくない癌闘病記]

 今日は9月24日。コージさんが亡くなって、ちょうど半年。月命日です。

 半年もたつと、大分泣かなくなりました。亡くなって2~3ヶ月は毎日のように涙が出るし、何も考えられず、何もやりたくなく、毎日を生きていくだけでいっぱいでした。

 今は、これから一人でやらねばならないこと、お店やカフェのこと、自分は一人でどう生きていくかなどを考えたりで、気持ちがちょっとせわしないくらい。

 でも、今日は2ヶ月前にパートナーを亡くされたお客さまが来店され、まだまだ悲しみ、悔やみ、喪失感でつらそうで、すごくわかるのにかける言葉が見つからず、自分もそうだったと一緒に泣いてしまいました。



 今日は朝の掃除の時に、ボブ・ディランのレコードを久々にかけました。このアルバムは、葬儀の後カフェを4月は休んで、そこでたくさんのお花に囲まれた祭壇と毎日かけていたディラン。

     IMG_2092[1].jpg
 
 久しぶりにかけると、あの時の悲しい情景がワーと甦ってきて、ちょっと切なくなりました。音楽の沁み込み方ってすごいな。



 カフェの奥の本棚の部屋は、小さな祭壇があり、コージさんが作った板壁に彼の作品を飾っています。別名「コージの部屋」(^_^;)。が、来月のフェアトレードの展示会では、いつもそこが試着室になるので、コージが鼻の下伸ばすかもしれないね(笑)。

  IMG_2599[1].jpg

 カフェの奥に祭壇なんて、初めてのお客さんはびっくりしますが、もう1周忌まで、ここでお線香あげられるようにしててもいいかな。お店もカフェも床や壁や棚などを作ってくれたから、そばで毎日見守っている感じで。

 お客さんも時々「お線香をあげていいですか?」と気軽に言ってくれて、うれしいです。お線香は皆さんから頂いてたくさんあります!亡くなった人は香りや煙を好むとかで、どうぞ気軽にお参りして下さい。



 先日、花巻の賢治祭に毎年来られる、宮沢賢治一人語りの林洋子さんが来てくれました。今度米寿の記念公演をされるという、88歳で現役の役者です。コージさんは40年ほど前、20代後半で花巻で林洋子さんの公演を主催した縁で知り合い、私たちの東京での結婚パーティーの司会を林洋子さんにやって頂きました。

 林洋子さんの後継者の青年、巌谷陽次郎さんが2年半前に皆で大沢温泉に泊まった時に、コージさんの水汲みの写真を撮ってくれていました。厳冬の2月の手が切れるような冷たい水を汲む姿に感動したと。

   IMG_2603[1].jpg

 背中から見えるセーターは、2008年にネパールでフェアトレードの団体さんで買った手編みのセーター。派手な色柄が大のお気に入りで、手首と裾がボロボロなのに、皆さんと温泉だからと一張羅のつもりで着ていったんだね。

 
nice!(2)  コメント(0) 

 こおりごおりな人    2018年9月22日(土) [がんと闘いたくない癌闘病記]

 明日は彼岸の中日。お墓参りですが、明日・明後日は通常通りの営業です。
 日・祝日は10時~17時半。

 コージさんが残した片付けもハンパでないのだが、もう見ただけで気が遠くなる。こんな風に、自分も子どもに大変な片づけを残したくないと、自分のも毎日モノを減らすことに。お店は資料と紙ごみの山、フー(>_<)!

 そしたら10数年前に、ネパリ・バザーロにfaxを送った紙が出てきて、大体送ったら捨てるのも多いんだけど、読んだら、クク、なるほどこれはとっておいたのね。

 ファクス.jpg

 注釈:「タイトル決めて」は、たぶんネパリに講演に招かれた、そのタイトルのこと。
地方で長年頑張っているフェアトレードショップおいものせなかに小売りの奮闘記をと。

 定休日かな、午前中からキノコ採りに行ってきて、午後3時から飲んでいたのか!?
 ひとり遊びなんて、私が夜遊びに行くとこなんてない町だから、本屋だろう。
 
 前の晩にケンカしたら、翌日も口をきかないが、きっと渋々「ねぇ講演のタイトル考えてよ」と言ったら、「ふむ、紙とペン貸して」とさらさらと書いたのを見て笑っちゃったんだ。

   あったかい こうり

   いっぱい売っても 小売り

   もう こうりごおり


 ダジャレや冗談をよく言う人だった。私はしらーとしたが、初めての人は爆笑してた。
 タイトルやキャッチコピーも実に上手かったから、私が詰まるとよく助け舟を出してもらった。それらが聞けなくなったのが、残念だ。



 それが、きのう会えた。彼は死んでから、夢に出て来てほしいのに、出て来なかった。 

 どこか広いところを二人で歩いていて、私が嬉々として話しかける。
 「帰ってきたのね。みんなにお知らせしなくちゃね~。また闘病中です!いや、生き返りました!て言う方がいいかな(笑)」

 彼は何も言わない。そして、海のそばの広い駐車場でとまっていた、運転席と後ろの席に見知らぬ黒っぽい男が乗っている乗用車に1人で乗り込んだ。「え?」

 「ねえ、どこに行くのー?」と何度声をかけても、窓も開けず、返事もしない。
 置いてかれた。そこで、目が覚めた。あ、夢だったんだ…。

 会えたかと思ったら、また行っちゃった。
 やっと出てきたと思ったら、寂しい夢だった。

   もう こおりごおり だわ



nice!(2)  コメント(0) 

 DAYS JAPAN 10月号     2018年9月19日(水) [政治・経済・社会]

 今日お客さまから、「おいもだよりの裏面のファンです」とか、「ブログで泣いたり笑ったりして面白いですよ」と、それぞれ言われて、「ほんと!?」と大喜びしていました。

 通信もブログもけっこう大変な仕事?ですが、こういう反応が張り合いになります。やっぱり頑張ろうと!
 要領よくこまめに更新したいのですが、書くのに時間がかかり、いつも午前様で、つい空けてしまいすみません。色々やってみます。


 さて、ここのところ硬い話が続いて恐縮ですが、DAYS JAPAN 最新号が届きました。
 沖縄の特集です!先月翁長さんの訃報を受けてすぐ沖縄の特集を組み、頑張りましたね!
 
     DAYS10月号.jpg

 沖縄の歴史、翁長さん覚悟の語録、山城さんのインタビュー、沖縄の未来と、読みごたえあります。翁長さんの言葉は、沖縄の人たちの声で、その意味は深いです。

 「沖縄は試練の連続だ。しかし一度もウチナーンチュとしての誇りを捨てることなく、闘い続けてきた」
 「沖縄が日本に甘えているんですか?日本が沖縄に甘えているんですか?よく検証しましょうよ」


 国土の0.6%の沖縄の土地に、在日米軍基地の74%が押しつけられています。

 日本が今平和だと思うのなら、それは沖縄の人たちの差別や苦しみの上に成り立っているのだと思います。沖縄の問題は、私たち日本人全体の問題だから、無知・無関心でいることは、いずれ私たちに返ってくる問題です。私がもし沖縄に生まれていたら?シリアに生まれていたら?

 どうか、他人事でなく、関心を持っていただきたいと思います。


 今月30日が翁長さん亡き後の沖縄県知事選挙の投票日です。誰になるかで、日本が戦争に向かっていくのか、平和に向かっていくのかが問われる重要な選挙です。

 DAYS JAPAN 10月号、おいもで販売しています。1冊税込み843円。
 バックナンバーもあります。素晴らしい、貴重なフォト・ジャーナリズム雑誌です。
 世界でいまどんなことが行われているか、心が揺さぶられ、目が開かされます。

 DAYS JAPAN https://daysjapan.net/

nice!(1)  コメント(0) 

 明日祝日は営業します      2018年9月16日(日) [お店のこと]

 明日の月曜日はいつもは定休日ですが営業します。
 日・祝日は10時から17時半の営業です。

       ベリー.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

 沖縄の映画製作に応援を!    2018年9月13日(木) [政治・経済・社会]

 DAYS JAPAN 9月号でまたグッとくる頁が、先月急逝された翁長雄志沖縄県知事のこと。

 DAYS編集部が翁長さんの訃報を聞いたのが本誌校了のわずか1時間前。あまりの悲しさ、悔しさ、喪失感の中で何ができるか考えあぐねて、急きょ掲載することに決めたのがこれです。

 今年6月23日の「沖縄慰霊の日」での翁長さんの「平和宣言全文」の掲載です。
 すい臓がんという病魔に侵されていたにもかかわらず、基地のない沖縄を、戦争に進まない日本をと願う、素晴らしい宣言文です。(DAYS9月号の2頁のうち前文の1頁)

宣言翁長.jpg


 3日後に迫った安室奈美恵引退にメディアが湧いていますが、多くの芸能人が政治的な発言を沈黙する中で、翁長さんの追悼コメントを公表した安室さんはえらいなと私は感心しました。絶頂期の引退もすごいが、こういうコメントもやはり並じゃないなと。

 

 7月9日のブログで紹介した、沖縄が舞台のドキュメンタリー映画「OKINAWA1965」の次の映画を都鳥伸也・拓也兄弟が製作しています。岩手県在住の36歳の監督とカメラマンが、沖縄が抱える問題を知ったことで、映画をつくることで全国に伝え、沖縄に関心がない若い世代と共に考えていくきっかけをつくりたいと頑張っています。

 すでに沖縄で撮影に入っていますが、映画の製作・公開に必要な経費1000万円が必要で、一口5000円で製作協力金の募集を始めました。公式サイトによると、8月31日現在で180万円の寄付でまだまだ不足しています。ぜひ、皆さまのご協力をお願いいたします!
 
 募集のチラシ内容を以下に掲載します。詳しくは映画の公式サイトで。http://longrun.main.jp/okinawa2018/index.html

 都鳥映画協力チラシ.jpg


 映画製作意図.jpg


 都鳥チラシウラ.jpg



 
 
nice!(0)  コメント(0) 

 DAYS JAPAN 医療大麻    2018年9月12日(水) [政治・経済・社会]

 DAYS JAPAN 9月号は特集が医療大麻です。大麻は日本では違法ですが、実は大麻の成分には古来から鎮痛、鎮静作用があり、西洋医学の薬では効果がなかった様々な難病にも、医療的効果が認められていて、末期がん患者やてんかん患者の希望になっているハーブです。

        DAYS9月.jpg

 欧米で注目医療大麻 https://tabi-labo.com/157217/hemp-cancer


 末期がんだった夫のコージさんは、最後はひどい痛みに苦しんでいました。
 病院から処方された鎮痛剤は量を増やせば効くのですが、その代わり便秘になり、常に気持ち悪くなりました。何故だろう、気持ち悪いのは薬のせいかもと、最後の方は痛み止めをいっさいやめて、苦しくても我慢していました。

 もし、医療大麻が日本でも認められていたら、きっと彼は試してみて、痛みが和らいだかもしれません。末期がんや難病に苦しむ患者を救う、このような代替療法が認められ、もっと選択肢が広がればと願います。医療用として、生きるために必要な人たちには。

 DAYS JAPAN https://daysjapan.net/
 https://www.facebook.com/daysjapan.net/posts/1925511297488047

 DAYS JAPANは毎月20日頃発売です。バックナンバーも含め、おいものせなかでは1冊843円で販売しています。一番は、定期購読でこの雑誌を支えることです。年間購読ですごくお得になります。ぜひ、定期購入で応援を。もしくは、おいもで購入を!(*^^*)!。



nice!(0)  コメント(0) 

 勉強したくなるカフェ?      2018年9月9日(日) [+ Cafe]

 今日で花巻まつりが終わり、この3日間雨でした。毎年1日は降ると言われても、3日間も降られるのは珍しいこと。400年以上続く伝統の祭りを背負って、寒いなか濡れながら、また合羽を着て、踊り、神輿、山車に参加した皆さん、本当にご苦労さまでした。


 おいものせなかは連休やお祭りなど、世間が行楽やイベントで賑わっている時はお客さん来なくてヒマなんですが、今日はちょっとお客さんが来ました。ありがたいことです。


 若い女の子が2人カフェに来ました。入って、席に着く前に、「飲食してから、ここで勉強したいので長居していいですか?」と聞いてきました。

 私は、いつも「長居OKですよ」と言ってるくせに、はじめから言われて戸惑ってしまい(^_^;)、「どれくらいの時間?」とつい聞いてしまいました。全然OKなのに、ごめん。

 「そちらがいいという時間まででいいです」

 「でも、他のお客さまが来てお喋りしたりで雑音というか、大丈夫?」

 「大丈夫です!」

 「では、ソファの席が人気なので、勉強は他の席でやってもらっていい?」

 「もちろんです。人気の席で居座らないようにします!」

 2人は、ソファ席でアップルパイとドリンクのセットを食べてから、私がお店の接客の間に、いつのまにか窓際の席に移動して、勉強道具を広げはじめてました(笑)。

 今日のカフェは、他にもはじめてのお客さまがいらしたり、お店も忙しかった。

 しばらくして、彼女たちがバナナジュースを追加オーダーしてくれて、びっくり。
 一生懸命に勉強しているので、バナナジュースと一緒に小さなお菓子をつけて、「閉店までいてもいいからね」。

 二人が帰る時に聞いたら、花巻北高の生徒で、明日から試験だという。テーブルを片づける時、あげたお菓子の包み紙の折り鶴に気づいた。器用だなあ。さらに、よく見たら、赤ペンで小さく文字が。

 「ごちそうさまでした。とてもおいしかったです(^.^)。また来ます!」


 なんと粋なことを、うれしいなぁ。ほんわかしました。はじめに勉強で長居のお伺いをたてるというのがえらいなと思ったけれど、この最後のメッセージがまた…。図書館とか色々あるのに、わざわざお金払って、うちのカフェで勉強したいなんて、うう(/_;)。

 もう5年たつのに、お客さんが少ないので「閑古鳥カフェ」と改名しようかと自虐ギャグ言って、何でだろうと悩んでたけど、一人でお店とかけもちは限界あるし、来た人は隠れ家的で落ち着くというから、これでいいのか?これでいいのだ!(笑)
 
 蔦屋ではないけど、うちは本や絵本もあるし、皆さんがゆっくり読書したり、勉強したり、落ちついて話せたりするカフェに。あ、ならば閑古鳥でもいいのか。んだ、2~3組お客さんが重なるともうパニックになるから。

        折鶴.jpg


nice!(1)  コメント(0) 

 明日は早めの閉店です     2018年9月5日(水) [お店のこと]

 直前のお知らせですみません。明日6日(木)は都合により午後4時過ぎに閉店します。  
 わらしべ農園の野菜は午後2時頃までに入荷します。

 さて、明後日から、金・土・日は、花巻まつりです。

 山車、みこし、鹿踊り、どれも見ごたえがあります。うちの娘たちは小さい頃から山車や神輿に参加していて、お盆に帰省しなくても「花まつ」には帰るというほど、花巻っ子の一大行事です。400年以上の歴史とスケールの大きさ、神輿の数と人数がギネスに登録されたというほど。

 お祭り中は、うう~ちょっと早じまいして観に行くかもしれません。
 昨年まではコージさんが店番してくれるか、「俺も行くからもう閉めよう。客来ないよ」と店をやるより楽しいことに積極的な人でしたが(^_^;)。

 私の目的はひたすら頭モリモリにして粋なはっぴ姿の娘たちの神輿を観ること。
 でも、今年は喪中と自粛して、はじめて参加しないようです。
 
        無題.jpg2.jpg3年前の写真

 先日の水道の民営化で、そういえばいい映画があったのを思い出しました。
 2010年制作ですが、もし機会があったら、ぜひ観て下さい。

 「ブルー・ゴールド 狙われた水の真実」https://www.youtube.com/watch?v=XLHgtQ__1aU
 映画監督の日本へのメッセージhttp://cinema.pia.co.jp/news/152741/38906/




 
nice!(1)  コメント(0) 

 山の水と水道民営化    2018年9月4日(火) [政治・経済・社会]

 今日久々に水汲みに行ってきました。   

        水.jpg

 うちの飲料用、料理用の水は花巻の温泉の奥に行って、山から年中途切れない湧き水をいただきます。震災の原発事故の後もこの水を放射能検査に持っていて、検出ゼロでした。

 今の季節は草木がうっそうとした中で。季節によって風景も変わります。
 すっかり秋の気配。いつのまにかススキが穂を赤くして大きくなってました。

      秋.jpg

 美味しい水をありがとう!とお礼を言って、向かった先は大沢温泉。コージさんがいつも水汲みをして温泉に入るおきまりルートを、そのまま私もリフレッシュ(*^^*)。

 温泉の下世話なエピソードに一人でクスクス、書きたいが品落とすから(笑)。
 

 さて、水といえば、水道が民営化される問題はどうなったかなと調べれば、7月5日に衆院で可決された!?まだ秋に審議があるようですが、どうか慎重にやってほしい。

 
 途上国では、民営化されたことで貧しい人々が高い水が買えず大変な問題に。
 水道民営化のわかりやすい記事を紹介します。

・あまり報道されない「水道民営化」https://www.mag2.com/p/money/490231

・水は必須の「社会的共通資本」http://bigissue-online.jp/archives/1071909679.html

・水は国家の安全保障https://abematimes.com/posts/4552346


 水は空気の次に大事だとも言われます。
 世界でも水に恵まれた国日本が湯水のごとく水を使えるのはいつまで?
 知らないうちにライフラインが外国資本に。危機感をもっていきましょう。



        IMG_2013[1].jpg


nice!(0)  コメント(0)