So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

  入院した日      2018年3月13日(火) [がんと闘いたくない癌闘病記]

  今日定休日に申告に行ってきました。毎年コージさんがやっていたので、自分が
  やると言って、先週娘に手伝ってもらい作成したのを緊張しながら出し、無事終了。
  
  「行ってきたよ!来年は私がやるのかなあ…」と呟くと、寝ていた眼を開けて、
  「オレを殺すなよ」。あ、そうだった、ハハハ(^_^;)。頭はハッキリしてるわ。


  去る1月30日に、西和賀さわうち病院に入院した日。院長先生の説明で、咽頭と胃
  (胃と肺にも小さな癌がある)に出血の危険性があり、また出血したら命が危ない、
  それは今夜かもしれないと言われて青くなり、県外の子どもやコージさんの兄弟に
  状況を連絡。そしたら、みんな翌日急きょの休みをとって来るというのです。

  「え!?ちょ、ちょっと、危篤でもないのに、そんなみんなが一斉に来たら、お父
  さんはそんなに悪いのかと気持ちが落ち込むかもしれない。でも、来るなとも言え
  ないし、どうしよう」と戸惑って、その旨伝えたが、それでもみんな来たいからと。

  4人を新花巻駅で迎えて、一路豪雪地帯の西和賀へ。息子の嫁は、初めて見る屋根の
  すごい雪やつららに歓声(笑)。この明るさがいいなあ。病院へ行く前に、地元名物
  舞茸そばを食べながら、最近の体調の説明とどんな様子で会いに行くかの家族会議。


  西和賀さわうち病院は、当時町内でインフルエンザ蔓延のため、

  「同居の家族以外面会禁止。同居の家族も10分に制限

  と畳一枚位の立て看板がデーンと、エレベーターが開くと病棟の入口にあり。

  明らかに同居らしくない面々がぞろぞろと行ったら、ナースステーションで止められ
  たけれど、そこは「お父さんが厳しい状況なので、子どもたちが新幹線で駆けつけて
  くるんです。そこは、なんとか会わせて下さい、うう(涙)」と前日病院を出る時に
  ナースに訴えたのが効いたのか、以後顔パスでぞろぞろと入れました。
  そして10分どころか、何時間もいたし、そんな大らかな病院の対応に感謝です。

  ちなみに、入院時最悪で、点滴して暖かい病室で翌日少し回復したコージさんは、
  みんなが来てくれたことを素直に感動して喜び、みんなも意外に元気そうでホッと。


 
nice!(2)  コメント(0)