So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

 こおりごおりな人    2018年9月22日(土) [がんと闘いたくない癌闘病記]

 明日は彼岸の中日。お墓参りですが、明日・明後日は通常通りの営業です。
 日・祝日は10時~17時半。

 コージさんが残した片付けもハンパでないのだが、もう見ただけで気が遠くなる。こんな風に、自分も子どもに大変な片づけを残したくないと、自分のも毎日モノを減らすことに。お店は資料と紙ごみの山、フー(>_<)!

 そしたら10数年前に、ネパリ・バザーロにfaxを送った紙が出てきて、大体送ったら捨てるのも多いんだけど、読んだら、クク、なるほどこれはとっておいたのね。

 ファクス.jpg

 注釈:「タイトル決めて」は、たぶんネパリに講演に招かれた、そのタイトルのこと。
地方で長年頑張っているフェアトレードショップおいものせなかに小売りの奮闘記をと。

 定休日かな、午前中からキノコ採りに行ってきて、午後3時から飲んでいたのか!?
 ひとり遊びなんて、私が夜遊びに行くとこなんてない町だから、本屋だろう。
 
 前の晩にケンカしたら、翌日も口をきかないが、きっと渋々「ねぇ講演のタイトル考えてよ」と言ったら、「ふむ、紙とペン貸して」とさらさらと書いたのを見て笑っちゃったんだ。

   あったかい こうり

   いっぱい売っても 小売り

   もう こうりごおり


 ダジャレや冗談をよく言う人だった。私はしらーとしたが、初めての人は爆笑してた。
 タイトルやキャッチコピーも実に上手かったから、私が詰まるとよく助け舟を出してもらった。それらが聞けなくなったのが、残念だ。



 それが、きのう会えた。彼は死んでから、夢に出て来てほしいのに、出て来なかった。 

 どこか広いところを二人で歩いていて、私が嬉々として話しかける。
 「帰ってきたのね。みんなにお知らせしなくちゃね~。また闘病中です!いや、生き返りました!て言う方がいいかな(笑)」

 彼は何も言わない。そして、海のそばの広い駐車場でとまっていた、運転席と後ろの席に見知らぬ黒っぽい男が乗っている乗用車に1人で乗り込んだ。「え?」

 「ねえ、どこに行くのー?」と何度声をかけても、窓も開けず、返事もしない。
 置いてかれた。そこで、目が覚めた。あ、夢だったんだ…。

 会えたかと思ったら、また行っちゃった。
 やっと出てきたと思ったら、寂しい夢だった。

   もう こおりごおり だわ



nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。