So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

 お客さまとの会話      2018年6月29日(金) [お店のこと]

 きのう、今日と、6月の岩手には珍しい真夏日。蒸し暑いのは、イヤだ。もう少し、梅雨は雨が降って、田畑を潤してもいいのだが。

 今日はカフェに2組の男性だけで埋まり、女性やカップルが多い当店では初めての現象でした。スーツ姿の若い男性は、昔中学生の頃、ここのリサイクルショップに週1回は来ていたと。

 「同じオーナーさんですか?」「はい、そうですよ。私ですよ」「あれ、髪が黒かった」「え、今は?」「前髪が茶色」「あはは、白髪染めしてるからかな」
 なんていう会話がおかしかった。また、来てくれるかな。

 
       IMG_2458[1].jpg 

 アジサイが咲いて、レジ前に飾った庭の切り花を見て、「このアジサイ、今は手に入らないんですよ。昔は色が紫から青と変わっていくのが当たり前だったのに、今のアジサイは色が変わらないんです。うわー、うれしい!」とえらく感動しているお客さまに、感動してしまいました。
 
 「お花で、日常のささやかなことにこんなに感動できるなんてすごいですね!今の子どもは何でも恵まれすぎて、逆に可哀そうだと誰だか本で書いていました」そんなことから、不登校や社会に適応できない子どもたちの話に発展しました。


 お客さまの看護師さんとは在宅医療と看取りの話をしたり、学校の先生と、考える力を養えない、右にならえの今の教育の在り方を話したり。

 結局、「医療、教育、福祉」という、人やいのちを大事にする分野にお金をかけない政治はおかしいよねという結論に。もう長年思ってることですが。


 私が出産や不登校など、少しでも身近な経験を通して、その分野の深い話ができていましたが、そこに介護や在宅医療などの経験が加わりました。少しですが。

 だから、経験するってすごいなと。つらく苦しいことでも経験してはじめてわかり、痛みがわかります。その専門のお客さまと話せて有難いなとしみじみ思いました。


 「介護保険のこと、大変でしたね」と言われて、「え、大変だったのかなあ?」
 自分が鈍いのか?ずっと働きづめで来たので、それくらい大したことないと思うのか?
 以前も講演で廃品回収のことを話したら、皆さんよくそんな仕事をという反応にあ然。だって、食べていくのにその時の仕事をやったわけで。私は大変だと思わなかったけど。


 「ちゃんと寝てる?食べてる?」と聞かれます。心配してくれて、うれしい( ;∀;)。寝れてますが、食事は、、夜はお酒とつまみが主で、困ったねー。気をつけなきゃ。

 
 今は「お産サポートJAPAN」もですが、地元の「お産と地域医療を考える会」の総会と会報の編集をやらねばならないのですが‥、相方の小野寺さんの協力で少しずつです。

 7月7日(土)は、10時~16時半で小野寺さんがお店番です。16時半に閉店します。  

 最近、笑えるハナシがないなぁ・・・。つまらんな。


nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。