So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

 北上の諄子美術館    2018年5月31日(木) [がんと闘いたくない癌闘病記]

 先日、北上市の諄子美術館に行きました。北上駅前のビルの5階です。

 館長の及川諄子さんは、コージさんが最初に作品を発表した、東和町の土澤アートフェスタで廃屋の食堂の壁に飾られていた作品に感動されて、初めて購入して下さった方です。

 コージさんの初期の貴重な作品がここにあります。粗削りな初期の作品が私は好きです。

     絵.jpg

 お世話になった諄子さんへのご挨拶と、ちょうどコージさんの友人の田村晴樹さんの個展を開催していたこともあり、早く行かなくてはと思っていました。

 田村さんは、コージさんの県内の個展の時はいつもDМハガキの制作をお願いしていた方で、お互い画家として尊重し、信頼し合う間柄でした。田村晴樹さんの個展は6月中旬まで開催しています。田村晴樹さん http://www.geocities.jp/harumakit/

 諄子美術館には、企画展展示室のほかに、館長所蔵作品の常設展示室もありますが、コージさんの作品を奥から特別に出して頂き、見せてもらいました。

     IMG_2268[1].jpg

 2005年の一番最初の作品00、01、02…。うう、1点くらい手元に残しておきたかった。

 でも、コージさんはいつも、作品はほしい人の手に渡った方がいいんだと言っていた。
 諄子さんも、作品は手放して見てもらわないと、大成しないとも言うのよと。そうか…。

         好きな絵.jpg

 50歳で画家を目指してから、亡くなるまでの15年間で200点以上の作品を制作し(いやほんとかな?番号はそうだが)、多くがほしい人の手に渡り(だとしたら、売り上げで潤ってもいいはずだが!?)、今手元にはあまり残っていません。コージの作品を見たいなー。

 いつか、回顧展のようなものをできたらいいなと願っています。
 
     IMG_2283[1].jpg

 
 余談ですが、3月の銀座の個展で作品を購入された方のブログを知りました。ステンドグラスを教えたり制作されている方で、5月9日のブログでコージさんの絵のことを書いて下さっています。有難うございます。「ステンドグラス悪童日記」http://e-ribo.com/blog/


nice!(1)  コメント(1) 

nice! 1

コメント 1

ちはりん

ブンちゃん、おいしいものをたくさんありがとうございました。藍染めのニット帽のサイズもバッチリで、しっかり噛みしめるパンも甘夏の甘さと苦味が利いててよかったです。菊池牧場通信は仕事の厳しさや、やるせなさなども感じて、しみじみ読んでしまった。お礼のハガキを出そうと思いながら、なかなか書けなくて。ごめんなさい。お客さんに支えられてうれしいですね。さらにお店を盛り立てていってくださいね。
by ちはりん (2018-06-01 01:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。