So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

 はちすずめ菓子店の本    2018年7月20日(金) [おすすめ商品]

    16日ほん.jpg

 うちのカフェで出しているヴィーガン・アップルパイのはちすずめ菓子店のレシピ本が出版されました。ヴィーガンとは、卵、バター、乳製品などの動物性食品を食べないべジタリアンのこと。

 はちすずめ菓子店は昨年5月に紫波町に店舗を持ち、当初からマスコミに多数取り上げられ、大人気のお店です。https://ja-jp.facebook.com/hachisuzumekasiten/

 パイの原料にうちの低温圧搾の国産菜種油を使ってくれているので、以前からおいもカフェで唯一のスイーツとして提供していました。低農薬りんご、パイ生地素材の甘さと風味で、さっぱりおいしいで男性にも好評です。

    ほん.jpg

 店主の阿部静さんの渾身のレシピがあますところなく、前頁つくる過程もカラー写真で載っていてわかりやすく、写真や装丁も綺麗なおしゃれな本です。

 花巻の情報誌「マチココ」編集部で、オール花巻で作りました。パチパチ。

 「おいもさんでパイを食べてお店に来る人も多いので、ぜひ置かせて」ということで、もちろんです!とレジ前に置いたら、早速「これ、本屋さんにないのよね」と売れてます。

 1700円+税。ほんとに、自分でつくりたくなる1冊です。材料はぜひおいもで(笑)!


nice!(1)  コメント(0) 

 年に一度の梅しごと     2018年7月19日(木) [がんと闘いたくない癌闘病記]

  年に一度の梅仕事。今日で漬けるところまで何とか終わりました。

 15日(日)に、江刺まで夫のワゴン車で一人ではじめての遠出で慎重に運転。その日おいも用に収穫された新鮮な完熟梅を受け取って帰ったのが夜の7時過ぎ。前日から緊張してましたが、まず無事にやれて、よかった。

    うめ.jpg

 翌日は、次々と予約の方が梅を取りに来られ、発送もあり、目が回るような忙しさ。
 うちの梅は、翌日の定休日に前年の梅干しを移してカメを空けて、今日漬けた。
 いつもコージにやってもらっていた梅のヘタ取り作業は、量が多いので適当に(笑)。

 後は、月末の赤紫蘇の収穫を待ち、その後土用干し3日で終わり。

 今日こそは更新しよう!と書き始めたら、いつのまにか寝てしまい、電気つけっぱなしで、化粧も落とさず、目が覚めたら夜中だった…(;^ω^)。

 梅を取りに行くことやヘタ取り、カメや重しの準備など、その後の赤紫蘇はまとめて来るので、予約分に計って分けたり、紫蘇の葉をもいだり、随分コージさんにやってもらうことの多い梅しごとだった。

 仕方ない、これからは一人でやっていくのに慣れなきゃ。常連の若いママさんが、紫蘇を1キロずつ分ける作業を手伝います!と言ってくれた。本当にありがたい、うれしい。


    IMG_0959[1].jpg 昨年の風景

 昨年がんが見つかる秋までに、薪をたくさん準備してくれていた。今年の分まで。
 不思議だ。カンがいい人だから、虫の知らせもあったのかなぁ。薪をありがとう。



nice!(1)  コメント(0) 

 見栄はるクルマ       2018年7月14日(土)     [暮らし]

 豪雨で大変な被害に遭われた皆さまにお見舞い申し上げます。自然災害は突然に来て、家や家族を失った人の悲しみを思うと、言葉になりません。

 7月はじめで猛暑だったり、雨で涼しくなったり、やはりおかしな天気が続き。

 連日更新しようとしているのですが、書いてはウーン…と躊躇して見直したりしているうちに日が過ぎて、今更かっこつけてももう遅い、いいか。


 では、クルマに関する話題を。

 すごく暑い日の定休日、国道を走っていたら、みんな窓を閉めている。私はいつも窓を開けている。冷房はつけない。燃費が悪くなるし、風が気持ちいい。しかし、その日はガンガンと太陽が照りつけるし、窓を開けても風が入って来ない。国道の電光掲示板は気温33度。ああ、冷房もわかるな。

 それにしても軽もトラックも、若いのも年寄りもみんな窓を閉め切ってる、えー?窓開けてるのは10台に1台か2台くらいか。

 おいおい、いつのまにそんなに弱くなってしまったのか。暑さ寒さにすぐエアコンに頼ると、体の体温調節がきかなくなるぞ、ガソリンを際限なく使えば環境にも悪いし、お金もかかるし。

 今更ゲンダイの様相にびっくり。単にケチな、負け犬の遠吠えのようにも聞こえるか。


 ふーん…。目的地まであと5分。よし、私も見栄はって窓を閉めてみた。外から見たら、いかにも冷房つけてます、ふふ。しかし冷房はつけず、そのまま走ってみた。暑い、汗がじとーとにじみ出る。も、もうすぐ冷房のある所に着くから、しばしの我慢。(何やってんだろ)

 着いたー。車を止めてドアを開けると、さーと風が入ってきて、気持ちいい!なんと、サウナから露天風呂に移動したような爽快感。新発見!汗かきたい時はいいんじゃない。

 陣痛の苦しみから赤ちゃんが出た、地獄から天国のような爽快感を久々に思い出した。

 まあほとんど見栄はらない私が、たまにはってみるのも、おもしろいな。

 
 そして、お知らせ。私の愛車(笑)の赤いステップワゴンを今月で手放します。来年の5月まで車検があるのですが、今後は夫の車を使うことに。

 中古で17年使用で走行距離20万キロ。8人乗りで座席を倒せば荷物が沢山積めます。後輪タイヤの回りが錆びて、少しぼろく見えます。タイヤも減っていず、十分乗れます。タダではなく、格安で要相談。早めにご連絡下さ~い。あ、エアコンもCDも聞けますよ。

本日14日(土)は夕方5時半閉店です。映画の前売りあります。

 明日はいよいよ梅の日!いわえんさんがおいも用の新鮮な完熟梅を収穫してくれます。
 毎年コージさんが取りに行っていたのをを私が行くので、明日午後2時~4時半はカフェはお休みですが、店は営業。日・祝日は午後5時半まで(過ぎる時はお電話を)、16日(月)営業します。

nice!(0)  コメント(0) 

 観たい沖縄の映画      2018年7月9日(月) [政治・経済・社会]

 またブログを空けてしまい、すみません。年なのかな、疲れやすくなり、ムリしないことに。

 お知らせが遅れましたが、今週末、観ていただきたい映画が東和町で行われます。

 豪雪地帯の沢内村(現・西和賀町)で、「人間の尊厳」 を町是の第一義に掲げた医療行政を描く映画「さわうち・いのちの作法」を、10年前に企画・プロデュースした都鳥伸也・拓也兄弟の作品です。http://www.cinemanest.com/inochi-film/index.html
 
 沖縄の問題を知って、初めて35歳の若者が独自の切り口で描くドキュメンタリー映画です。アメリカに占領され、ようやく日本に復帰したけれど…その歴史もわかりやすく伝えます。


   沖縄映画表.jpg

  おいものせなかで、前売り券扱っています。
   映画ウラ.jpg

 映画を90分にまとめるために泣く泣くカットした内容は、この本に書かれています。先月の勉強会で、「本もすごくいい!」と読んだ方のおすすめでした。

       沖縄本.jpg

 14日(土)は、私も参加する予定で、夕方は30分早い5時、半閉店です。

nice!(0)  コメント(0) 

 がんと玉川温泉       2018年7月1日(日) [がんと闘いたくない癌闘病記]

 今日から7月。もう今年も半分終わり、暑くてマイッタ。病気の方は尚更大変ですね。

 先日見た、NHKの「ドキュメント72時間」という番組は、秋田の玉川温泉でした。
 天然のラジウムで病気を治そうと、全国から末期癌などの方が岩盤浴の湯治に来ます。
 http://www4.nhk.or.jp/72hours/x/2018-06-22/21/1454/1199221/ 

 「生きるために生きる」と言う、がん患者たち。

 その中で印象に残った、一人の女性がいました。

 「こんな山歩きでないふつうの格好で恥ずかしいんですが…。病気でない私がいてすみません」と、周りの病気を治したいという方たちに申し訳なさそうにして、神奈川からはじめて玉川温泉に来たという55歳の女性。

 「5年前に夫を癌で亡くしました。生きている間にここへ連れてきたかった。喉頭がんで見つかった時は余命1ヶ月と言われ、あっという間でした。思い出をつくる時間もなかった。いる時はあたりまえのように思っていたのに、いなくなってから気づくことが多くて」と、静かにインタビューに答えていました。


 5年たって、一人で、どんなことろか確かめたくて…玉川温泉に。
 喉頭がんで余命1ヶ月とは。なんだか、切ないくらいに、気持ちがわかる。

 治療のしようがない、医者に見放されたがん患者が来るというラジウム温泉。もしかして、無理やりにでも連れてきたら、余命は延びたのではないかという想いが、この方にはずっとあったのだと思う。

 ああすればよかったとか、私の力が足りなかったとか、その時は精一杯やってても、どれだけ自分を責めて、悲しみとさびしい日々を過ごしてきたのか。。。涙が出てしまった。


 私はきっと1、2年もたてば、サバサバとして一人の人生を歩いていくと思うけれど。
 まあ、夫が残した品物の山は、1、2年では片付かないかも、はあ~"(-""-)"。
 

 「ま、オレを思い出しながら、ゆっくり片づければー」

 死んでからもなお、妻に苦労をかけ続ける夫。

  あの世で会いたくないわ。
 

nice!(0)  コメント(0) 

 お客さまとの会話      2018年6月29日(金) [お店のこと]

 きのう、今日と、6月の岩手には珍しい真夏日。蒸し暑いのは、イヤだ。もう少し、梅雨は雨が降って、田畑を潤してもいいのだが。

 今日はカフェに2組の男性だけで埋まり、女性やカップルが多い当店では初めての現象でした。スーツ姿の若い男性は、昔中学生の頃、ここのリサイクルショップに週1回は来ていたと。

 「同じオーナーさんですか?」「はい、そうですよ。私ですよ」「あれ、髪が黒かった」「え、今は?」「前髪が茶色」「あはは、白髪染めしてるからかな」
 なんていう会話がおかしかった。また、来てくれるかな。

 
       IMG_2458[1].jpg 

 アジサイが咲いて、レジ前に飾った庭の切り花を見て、「このアジサイ、今は手に入らないんですよ。昔は色が紫から青と変わっていくのが当たり前だったのに、今のアジサイは色が変わらないんです。うわー、うれしい!」とえらく感動しているお客さまに、感動してしまいました。
 
 「お花で、日常のささやかなことにこんなに感動できるなんてすごいですね!今の子どもは何でも恵まれすぎて、逆に可哀そうだと誰だか本で書いていました」そんなことから、不登校や社会に適応できない子どもたちの話に発展しました。


 お客さまの看護師さんとは在宅医療と看取りの話をしたり、学校の先生と、考える力を養えない、右にならえの今の教育の在り方を話したり。

 結局、「医療、教育、福祉」という、人やいのちを大事にする分野にお金をかけない政治はおかしいよねという結論に。もう長年思ってることですが。


 私が出産や不登校など、少しでも身近な経験を通して、その分野の深い話ができていましたが、そこに介護や在宅医療などの経験が加わりました。少しですが。

 だから、経験するってすごいなと。つらく苦しいことでも経験してはじめてわかり、痛みがわかります。その専門のお客さまと話せて有難いなとしみじみ思いました。


 「介護保険のこと、大変でしたね」と言われて、「え、大変だったのかなあ?」
 自分が鈍いのか?ずっと働きづめで来たので、それくらい大したことないと思うのか?
 以前も講演で廃品回収のことを話したら、皆さんよくそんな仕事をという反応にあ然。だって、食べていくのにその時の仕事をやったわけで。私は大変だと思わなかったけど。


 「ちゃんと寝てる?食べてる?」と聞かれます。心配してくれて、うれしい( ;∀;)。寝れてますが、食事は、、夜はお酒とつまみが主で、困ったねー。気をつけなきゃ。

 
 今は「お産サポートJAPAN」もですが、地元の「お産と地域医療を考える会」の総会と会報の編集をやらねばならないのですが‥、相方の小野寺さんの協力で少しずつです。

 7月7日(土)は、10時~16時半で小野寺さんがお店番です。16時半に閉店します。  

 最近、笑えるハナシがないなぁ・・・。つまらんな。


nice!(2)  コメント(0) 

 HPVワクチン被害の講演会      2018年6月28日(木) [お産・医療]

 東京のイベントですが、7月7日お産サポートJAPANの総会&講演会があります。
 https://www.osan-support-japan.com/

 子宮頸がんワクチンによる被害と血液製剤によるC型肝炎の問題についてです。

 ワクチン.jpg

 子宮頸がんワクチンが出始めた時、高校生の娘がやらなきゃダメと言ってきました。うちは、いっさい予防接種を受けさせずにきたので、その反動でしょう、自分からやりたいと。

 はじめてのワクチンで、その副作用や被害も確認できずに押し切られる形で受けさせましたが、今思えば、当時被害に会わなかったのはラッキーとしか言いようがありません。

 被害に遭い、裁判を行っている最年少原告の方がお話に来てくれます。
 https://www.hpv-yakugai.net/2018/02/14/tokyo/

 私はこのNPОの役員で参加します。
 お店はお産の活動を一緒にやっている小野寺さんが店番をやってくれ、早めの閉店です。カフェは休業です。営業時間は後日お知らせします。

 
nice!(0)  コメント(0) 

 明日は早めの閉店です     2018年6月23日(土) [お店のこと]

 明日は都合により、午後4時半に閉店します。  
 翌月曜日・火曜日は定休日です。よろしくお願いします。

 夜のブログ更新は、酒と夜ふかしで、お肌も荒れて。朝の化粧で化けるのどんどん上手くなる。夫は文章少しで写真1枚でもいいから、毎日更新しろと言ってたが。簡単に言うなよ~。

       IMG_2411[1].jpg

 今朝見つけた、これから葉が開く若い芽というか。生春巻きみたいだな。

 この子の全景。床に置くと這いつくばるように手を広げる。これが私の陣地だよと。大きくなってしまい、もらって下さいとお客さまから頂いた。端っこに置いて元気なヤツ(笑)。

      IMG_2425[1].jpg

 ゴムの木も次々、新しい葉っぱが。薄皮の姫タケノコみたいなつぼみ。

       IMG_2422[1]to.jpg

 このつぼみが開くと、こんな。赤ちゃん葉は、ピカピカ、ツルツルやわらかい。

       IMG_2424[1].jpg

 
  さて、外ではアジサイが咲き始めた。

     IMG_2428[1].jpgアメリカアジサイ

     IMG_2430[1].jpg西洋アジサイ

     IMG_2427[1].jpg和アジサイ


 写真だけ見ると、なんて素敵なお庭でしょうなんて。写真はキレイに写ルンです。
「入口の前の植物が自然体で素敵ね」と言われますが、草とツタと格闘してます。

     IMG_2431[1].jpg クレマチス


 

nice!(1)  コメント(0) 

 介護サービス      2018年6月22日(金) [がんと闘いたくない癌闘病記]

 6月の市の広報に、介護保険のことが大きく載っていた。「みんなで支える介護保険」。そこには、保険料を納めましょうというだけで、利用の仕方や案内はどこにも書いてない。

     IMG_2409[1].jpg

 「まだ、知らないで布団で寝ている人は多いんですよ。ほんと、もったいないですね」と言うのは、介護ベッドをレンタルしてくれた福祉用具の会社のAさん。40歳から国民が国保の中で介護保険料を払っているということもはじめて知った。

 行政は、年金もだが、保険料を払えと積極的に言うが、いざ受給する年齢になっても、また介護サービスに関しても、向こうから支払う時はこちらから聞きにいかない限り、わざわざ教えてくれない。それがおかしい、腹が立つ。

 
 コージさんが65歳になった昨年の秋から、介護保険料の納付書が届くようになり、介護なんてまだまだと思っていたから、その金額にびっくりした。
 
 コージさんが1月に腫瘍の痛みと食べれなくなった時点で、在宅でのレンタルベッドや入浴介助などの介護サービスを、行政のケアマネージャーがいるから聞いておいた方がいいよと友人からアドバイスを受けていた。

 
 だが、1月末からさわうち病院に4週間入院し、3月は在宅で花巻病院の訪問看護を受け始めたが、まだ歩けたので、特にベッドの必要も感じず、看護師さんも「介護でなく看護です」と。何事もははじめてでよくわからなかった。

 コタツに座って「骨が当たって、お尻が痛い」と言いはじめて、床ずれになる寸前で、看護師さんとケアマネさんから、床ずれ防止のマットレスやクッションのレンタルを提案された。介護保険の申請をしていなかったので、認定までの1か月は自費になるかもと。


 3月10日過ぎ、銀座の個展のDМハガキを1枚1枚自分で宛名を書き、同時に「オレじゃないとわからないから」と確定申告を2日間夜なべ作業でやった後、自分の仕事をやりきったかのように、布団から起きれなくなった。

 水もジュースも少ししか飲めなくなり、何とか少しでも口からものを食べさせたい、布団に寝たきりでは喉を通りにくいから、起き上がって食べれるようにと、やっと電動の介護ベッドを入れたのは3月20日。その直後に、行政の介護審査委員が入り、要介護5と認定された。(1と5でどっちが重いのかもわからなかったが、たぶん5が一番重い)


 最新式の電動ベッドは背もたれの角度も床からの高さもリモコンで操作でき、私も世話をするのに予想以上に快適であった。もっと早く利用すればよかったなぁ。結局もう食べられず、4日間使っただけで残念だった。

 コージさんが亡くなった日に、またいつもの布団に寝かせたいという希望に、Aさんは休日にもかかわらず、盛岡からベッドの解体に来てくれた。

 そして、1か月後の支払いの時、介護保険で1割負担なので、ベッドは月額9000円が900円、マットレスが400円、サイドテーブルは200円という安さにびっくり、有難い。

 「せっかく保険料を払っているのだから、皆さん利用した方がいいですよね」と、Aさんの対応に感謝すると、冒頭の「そうなんです。まだ知らないで布団で…」という言葉になった。介護保険料の使いみちで介護サービスはほんの一部で、あと何だっけ、教えてもらったけど忘れた。

 いずれ、みんな払っているんだから、必要になったら利用した方がいいです。いや、介護をする側、される側にならないのが一番、ですが。
 
 
      IMG_9269[1].jpg

 


nice!(0)  コメント(0) 

 ワロタ寿司店    2018年6月20日(水) [暮らし]

 先週、娘は誰かのライブを観て、夜行バスで帰省する前に食事の写真をラインで送ってきた。

 ウニ、トロ、イクラ…うわ、メチャクチャ美味しそうな握り寿司。回転寿司でない!?
 まったく、子どもは親よりもいいもの食ってるな。親はいつも自分のことは後回しだもんね。

 私「いいなあ!あちきも連れてって」(…どこの寿司屋かなあ?)

誰も反応なし。。。


 私も、その日お客さんが買ってきてくれたカフネのお弁当とプリプリのホヤを撮って送る。フフン、こっちも美味いぞ!肉食系若者は反応薄し。
 カフネhttp://cafune-morioka.tumblr.com/ 


 息子「ワロタ。何店だ?」

 娘 「有楽町新館」


 ふーん、ワロタ?寿司屋らしくない、うまそうじゃない、変わった名前だな。
 ワロタ寿司店。有楽町店。カシャカシャ。パソコンで検索しても出て来ない??

 もう夜遅かったので、ラインで「ないよー」と送っても、誰も反応しないだろう。

 翌朝夜行バスで着いた娘に、寝起きの顔でいの一番に、「さっぱり出て来ないのよ、寿司屋のワロタ」と言ったら、「はぁ?ヒッ、ヒッ~!」と、腹をよじって笑い転げた。

 こっちは、さっぱりわけがわからない。ワロタってなんだ?名前じゃないのか?

 笑いながら娘がワロタの説明をしてくれたけど、何回聞いてもわからん。

 ま、いいや。ハハのおバカでワハハと笑えたんだから。いつかワロタ寿司店に行こうっと。


    あー、わろた、わろた



明日㈭はわらしべ農園の野菜が午後2時頃入荷します。
明日13時過ぎから16時前まで酒販研修で店主不在です。  
 
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -