So-net無料ブログ作成

 マクロビオティック料理教室   2017年9月7日(木) [+ Cafe]

 9月24日(日)に、マクロビオティック料理教室を行います。オーサワジャパン
 協賛で、4年ぶりの開催です。前回も来られたリマ・クッキングスクールの先生、
 熱田千恵花さんが、東京から駆けつけてくれます(*^^*)。お早めにご予約下さい。
      
     マクロビ.jpg

 今回は初心者にも作りやすくて、おいしい植物たんぱくの盛り合わせです。

nice!(0)  コメント(0) 

 どんなお産がしたい?    2017年9月7日(木) [お産関係]

  お産と地域医療を考える会主催のおしゃべりサロンをお知らせします。
      お産9月.jpg 
  私(おいも店主)は、20代でまだ結婚相手もいない時に、たまたま誘われて
  参加したマタニティ講座?(;^ω^)で、助産所のことを知り、自分が産む時は、
  助産婦さんがいいなと思っていました。

  岩手で助産婦さんを探すのは大変でしたが、みんな自然出産できました。
  そんな経験をたまたまお店で話した時に、多くの人が出産の時に実はつらい
  想いをしていたと聞いてびっくり。そこから、お産の活動をはじめました。

  女性の命をかけた出産という場で、優しく大切にされて、大きな喜びと共に
  赤ちゃんの誕生を迎えたいのに、30年以上も前の出産のつらい記憶がトラウマ
  になっている女性もいます。出産後のうつや子育てにつまづく人もいます。

  自分の出産の経験、いいことも悪いことも話し、これからの人は色々な疑問や
  不安を聞いてみましょう。妊活中の人には、いい刺激になるかも…?
  ゲストスピーカーに、北上の千田優子さんは6人の子どものお母さんで、総合
  病院、個人病院、自宅と色々な出産施設で産み、助産師でもあります。

  少人数の集まりですので、お早めに参加お申し込みください。

  
nice!(0)  コメント(0) 

 おいものせなかだより9月   2017年9月1日(金) [おいものせなか通信]

9通信.jpg

おいもだより裏面エッセイ

      オキナワって、どんなトコ?
                            2017.9.1

  きれいな海、のんびり南国というイメージの沖縄が、数年前に観た映画
 「標的の村」(2013)で、目からウロコだった。米軍基地の問題は何となく
 感じていたが、沖縄の住民の生活を脅かす新基地建設に反対する住民をま
 るで障害物のように強制排除する国と警察。ショックだった。

  ここまで沖縄の人たちが苦しんでいることを知らなかった。本当は、自分
 たちの問題なのに…。映画監督の三上智恵さんは、その後も沖縄の問題を
 ドキュメンタリー映画で製作して、映像で訴えている。今年多くの反対の声
 を無視して強行採決された共謀罪は、一番先に沖縄の住民の反対運動を封じ
 込めるために使われるだろうと聞いた。

  今年の報道の自由度が、日本は年々順位を下げて世界で72位。今は、国が
 戦争に向かって暴走しても反対の声を言えない、言わせない戦前のようだとも。
 私たちは沖縄の基地の問題に無関心すぎると感じた。やっと念願の沖縄の勉強
 会を企画した。でも、予想以上の反応の鈍さに、心が折れそうになった。それ
 でも絶対いいお話だからと、あきらめずに声をかけて、なんと15名の方が。感謝(涙)。

  講師の中原眞澄さんは、盛岡内丸教会の牧師さん。講演資料も素晴らしく、
 かつて琉球国といわれた沖縄の成り立ちから、沖縄の米軍基地の問題について
 反対を声高に訴えるのでなく、歴史的事実を淡々と話されて圧倒された。参加
 者からは意見や質問が飛びかい、「結局、私たちができる一番の方法は、選挙
 の投票です」と、何度も強調された方が印象的だった。

 〈講演の概要〉
  日本の国土面積の0.6%、人口が約1%しかない沖縄県に、在日米軍基地(軍用
 施設)の約70%がある。1945年の沖縄戦では、本土を守る捨石作戦として沖縄で
 徹底的持久戦に持ち込み、住民9万4千人を含む約20万人が犠牲になった。(住民
 の4人に1人が犠牲)

  敗戦後の占領期に、本土は日本政府を介した間接統治、沖縄は米国の直接統治
 で米軍軍政期(1945~72)に、平坦で適した土地を強制的に接収(「銃剣とブルドー
 ザー」=軍事国際法違反)したもので、全住民を収容所にほぼ1年間収容し、その
 間に土地を取り上げ、基地を建設した。1952年に日本が米国から独立した後も、
 沖縄を含む南西諸島は米国統治下で、住民は無国籍。日本はすすんで沖縄を差し
 出して、基地面積は返還までにほぼ倍増。
  
  1972年、「基地抜き」「本土並み」で「平和憲法」下の日本への復帰を願った
 沖縄の願いは完全に無視された。「核抜き・本土並み」と政府は言ったが、米軍
 基地とその自由使用権は温存。有事の際の核兵器再持込み、現状回復費約12億円
 も日本が肩代わりの密約を交わしての返還だった。

  沖縄に対する構造的差別は明治維新の頃から。明治維新時に琉球国を併合した
 「琉球処分」に始まり,本土防衛の捨て石とした沖縄戦から本土復帰に至る数次
 の「琉球処分」が繰りかえされた。

  また、沖縄と他県との二重基準も。普天間飛行場(沖縄戦最中に米陸軍が村の中
 心地に建設)は周囲に民家が密集していて、「世界一危険な基地」と言われている。
 今、辺野古に新基地建設の問題は、「普天間の危険除去」目的というが、普天間
 から直線距離で36㎞しかなく、軍艦の接岸も可能になり、基地機能は一層強化され、
 将来へ長期にわたる米軍基地の固定化だ。沖縄県民の80%以上が反対しているのに、
 政府は聞き入れない。辺野古移設まで、佐賀空港をオスプレイ(事故の多い欠陥機)
 が暫定使用の案を政府が提案したが、地元の支持を得られないと撤回。えー、沖縄
 の声を無視して、他県の反対は聞く?そして、諸外国と比較しても、突出した日本
 の米軍基地負担。韓国、ドイツ、イタリアは30~40%なのに、日本は約74.5%も! 
                         
                               (以上、概要)

  「ザ・思いやり」という映画がある。1978年から始まった、当時の防衛長官
 ・金丸信が、在日米軍基地の負担を軽くするために日本が経費を負担する「思い
 やり予算」。米国との条約には一切義務付けられていない「思いやり予算」は、
 日本人が働いて支払っている税金から、これまで6兆円以上が投入されてきた。
 (2015年の米軍駐留経費に8911億円) 米軍一人当たり年間1500万円という額。

  在日米軍家族のための住宅、学校、教会、銀行、ゴルフ場、マクドナルドなど
 の施設に。電気、水道、ガス料金は使い放題、遊びでも有料道路料金がすべてタダ。
 米兵による凶悪・暴行事件の賠償金にも使われている。なぜ日本人がここまで米軍
 を思いやらなければならないのか?米兵が思いやり予算によって建てられた160
 平米の住宅に暮らす中、東日本大震災の被災者は未だに30平米の仮設住宅での
 生活を強いられているというのに。

  先日は北朝鮮のミサイル発射騒動で、朝から警報やTV全局で報道は異常だった。
 韓国でも米国でもほとんどニュースになっていないとか。不安を煽って、だから
 米軍基地が必要だ、軍備増強だ、イージス・アショアという1基800億円もする
 ミサイル迎撃システムを複数基、米国から購入決定を正当化するためなのかと思っ
 てしまう。防衛費は年々うなぎ上りに増え、今年も5兆円を超すらしい。

  米国の戦争に加担するために使う膨大なお金を、まず震災や台風の被災者の復興
 に、若者や高齢者の貧困など、本当に必要なところに税金を使ってほしいのだ。

  中原さんは、3・11の震災の時に、東北が差別されていることを感じた。
 そして何度も通ってきた沖縄が、いかに差別されてきたかに初めて気づいたという。
 大事なことは、沖縄の問題をよそ事と思わず、自分の問題として受け止める想像力、
 そして人間としての共感力を持つこと。また、政治的なことに関して、何が問題な
 のか、どう考えるのかを問い、話すことが、市民としての義務であり責任であると
 いう言葉に、頷いた。
                              
                                  新田ぶん

nice!(1)  コメント(0) 

  1デイ・ヨガ・ワークショップ  8月30日(水)2017年 [イベント]

  今年も10月に、おいもで「太陽と月のyoga」田村佳世さんのヨガ・ワーク
  ショップを行います!毎回好評で、もう7回目になりました。午前は体験、
  ランチをはさんで、午後はヨガの座学です。お菓子・ドリンク付きです。

  体験は例年、早めに満席になります。午後のテーマも、今回は悩み・苦しみ
  から解放されるには?、ヨガの哲学を学びます。毎回、座学がまた良くて、
  とても楽しみです(^。^)。午前・午後のお申し込みは、直接「太陽と月のyoga」
  田村さんまで、お願いします。詳しくは→太陽と月のyoga   
ヨガ.jpg


  店主、9月2日(土)から4日(月)まで、法事のため不在にします。
  9月6日(水)も、友人が新潟からお店を訪ねてくるため、店主は不在。
  お店は通常通り夫が店番です。よろしくお願いします。

nice!(0)  コメント(0) 

  梅干しの土用?干し   8月27日(日)2017年     [お店のこと]

  今日、やっと梅干しを干すことができました。8月になって、ずっとお天気
  悪くて、こんな年はじめてで、干せなかったらどうしようと焦ってました(^_^;)。

       IMG_0959[1].jpg


  今日、お客様から、ブログの文章がずれていて読みにくいとの声で、びっくり!
  聞いたら、ウインドウズ7とのことで、そういえば前のヴィスタの時のが、今の
  ウインドウズ10になってずれていたことに気づきました。何とか改善してみます。
  
  こっちも気づかなかったりで、ここヘンだなというのは遠慮なく言って下さいね。
  


nice!(0)  コメント(0) 

 DAYS JAPAN 9月号  8月24日(木)2017年 [政治・経済・社会]

  DAYS JAPAN 9月号が発行されました。特集は「イラクで生まれる新たな戦争」。
  イラク軍のISへの報復、掃討作戦を取材したもの。こんな現実を、命をかけて前線に
  入って取材するジャーナリストたち。そんな命がけの写真やレポートを、私たちは
  安全なところで、ちゃんと見なければといつもドキドキしながら、頁をめくります。 

       DAYS9月号.jpg

  編集長の編集後記を少し紹介します。沖縄に関することですが、いい文章です。
  
  7月、6月に亡くなった大田昌秀・元沖縄県知事の県民葬に少しだけですが行って
 きました。参列した安倍首相が、祭壇の前でこう話しました。「沖縄の平和追求へ
 生涯を捧げられた大田元知事の姿や信念は、人々の胸に永遠に生き続けると信じます。
 (後略)」式には約2000人の県民らも出席。「安倍首相!」。首相の挨拶後、壇上を
 去る彼に向かって会場から女性の声があがりました。「大田先生は石垣にも宮古島に
 も辺野古にも基地を造らせてはいけない、造ったら再び戦争になると強く危惧して
 いました。大田先生のご遺言をぜひかなえてください!」表情を変えなかった首相。
 県民の声が、彼の耳にはまるで入らないのでしょうか。(後略)

  来月号は、沖縄の人々の平和への闘い方、平和の唄、辺野古の海の自然についての
  特集だそうです。9月20日発売。

  DAYS JAPANは、1枚の報道写真から世界中の戦争や差別、貧困をなくしたいと、
  広告もほとんどとらないで頑張っているフォトジャーナリズム月刊誌です。
  おいもで、1冊から販売しています。税込み843円。年間購読がおすすめで、支援に
  なります。年間で2416円もお得で、送料込み7700円です。ぜひ、ご購読を!


  この夏のNHKスペシャルは、すごく貴重な、戦争の特集でした。
  「戦慄の記録・インパール」再放送は、26日0時50分~2時03分(25日深夜)
  戦争がいかに悲惨で非情なものか。二度と繰り返さないためにも、知ることを。

nice!(0)  コメント(0) 

 イーハトーブ通信の沖縄報告   8月22日(火) [おいものエコ・ブランチ]

  連日、沖縄勉強会についての話題で恐縮です。(^_^;)

  参加された増子義久さんのブログ「イーハトーブ通信」で、当日の様子やおいも
  のせなかのことを書いてくれました。私の直前の慌てぶりも書かれちゃいました。
  最初、ごていねいに年齢まで入れてたので、年は余計なので削除して下さい!と(笑)。

  11月24日、25日に、沖縄とつながる岩手のつどいが、北上と盛岡であります。
  以前、DAYS JAPANの沖縄特集や講演会を紹介した、沖縄平和運動センター議長の
  山城博治さんが講演に来られます。すごい方です。必聴です。
  おいものブログのカテゴリーの「政治・経済・社会」で以前の紹介が出てきます。
  講演会は、「沖縄とつながる岩手の会」主催ですが、私も広報協力する予定です。

  DAYS JAPAN9月号が届きました。明日、紹介できたらと思いますが、編集後記が
  今回も紹介したい内容で、DAYSに確認をとってからにします、沖縄のことです。

  
  ブログのデザイン、少し変えました。これからも少しずつ、改良できるところは。
  リンクをはれる?というのかな、飛びたいサイトをピカピカできるようになった。

  月別表示がプルボタン?プルタブ?あれプルトップ?方式になり、表は隠れましたが、
  100件まで表示され、2009年までさかのぼって見れます。スタートは2008年でした。
  それ以前のは、旧ホームページのdiaryになります。あ、別に見たくないか(*´з`) 
 
  

nice!(1)  コメント(0) 

 沖縄勉強会の取材記者  2017年8月21日(月) [おいものエコ・ブランチ]

  今日、早速岩手日日新聞に先日の沖縄勉強会の記事が掲載されました。 
  とてもいい記事です。限られた文章の中で、講演の流れを伝えつつ、中原さんの
  メッセージを的確に伝えていると思います。
            記事オキナワ.jpg

  取材に来てくれたYさんは、おいものせなかとは長いおつきあいの新聞記者です。
  いつもうちのイベントの事前告知や当日の取材も来てくれて、どこが一番良く写る
  かとか、何を一番こちらが伝えたいかとかを考えて、ていねいに書いてくれる方です。

  そのYさんが、姿が見えないなあと思っていたら、実は悪性リンパ腫(血液の癌)
  になり、とても難しい病気で、闘病中と知ってショックでした。約4年前のこと。

  それまで元気に働いていたYさん。なぜ自分が?と、ご自分の病気のことをすごく
  調べて勉強して、医師と相談して、いろいろと抗がん剤や全身の血液を入れ替える
  (間違ってたら、ごめんなさい)という厳しい治療も行ってきました。
  
  そして、この1年半ほど、どうしているのかなあと、ずっと気になっていましたが、
  連絡できませんでした。それが、今月初めにスーパーで買い物中に偶然出会って、
  びっくり!なんと7月末から職場復帰できたと聞いて、本当にうれしくて、飛び上が
  って喜びました。
  
  「どれも効かなくて、去年の暮は遺書を書くくらいの状態でした」とYさん。
  「それが、新薬が出て、これが効かなかったらダメだね」と医者に言われたけど、
  その新薬が効いたのか、がんが消えたんです!医者もびっくりして、学会に発表
  するって言ってましたよ。でも、まだまだ、油断はできませんけどね。
  …今の目標は、東京オリンピックまで生きられたらいいな」

  「ええ……!でも、これって、奇跡!?と言っていいのかなあ」と私。
  「うーん。いやいや、みんなが生きてること自体が、奇跡ですよ」
  こんな言葉も、彼が言うとどこか説得力があって、安っぽく感じられない。
  
  そして、やっと、再び、念願のYさんの取材と記事掲載。この日を待っていたよ。
  ブランクがあっても、筆力は衰えていない。上手いし、心がある。やはりいい記者。

  「やっぱり、取材現場はいいですね」と言っていたYさん。まだ45歳。これから
  まだまだいい仕事ができるように、気持ちを前向きに、病気が退散していくように!
  
  Yさんご本人の許可を得て、病気のことを書かせていただきました。

  
  そして、一方で、昨日悲しいことがありました。

  いつもおいもでお買物をしてくれて、イベントも面白そうとよく参加してくれて、
  毎日ブログを楽しみにのぞいてるよ、読んでると元気が出るのよと言ってくれた
  大切なお客様が亡くなられました。直腸がんで、病気が分かってから半年でした。

  私と年が近くて、4人の子どもを育て、色々と苦労もあったと思いますが、ニコニコ
  と明るくて、フェアトレードの服を気に入り、お見舞いのお返しにオーガニックコ
  ットンのタオルを注文してくれたりと、いつもおいもを応援してくれた人です。
  ついこの間まで元気な姿で現れていたのにと思うと、とても悔しくて、残念です!

  彼女に、このYさんの生還のブログを読んでもらって、元気が出たよ、私も頑張るね
 (もう十分頑張ってると思うが)と言ってほしかった。ちょっと遅かったね。ごめんね。
  今まで本当にありがとう。今度は天国から、おいものブログを見ててね( ;∀;)。合掌。 
  

  
nice!(0)  コメント(0) 

 オキナワの勉強会     2017年8月20日(日) [おいものエコ・ブランチ]

  昨日は、沖縄についてのイベントでした。その時間がカフェは貸し切りだった
  ため、知らずにカフェに来られたお客さま、申し訳ありませんでした。

  直前まで参加人数に不安があったのですが、結局高校生も含めて16名の参加者で
  盛況でした。広報にご協力やご参加頂いた皆様、本当にありがとうございました。

  講師の中原眞澄さんは、沖縄のかりゆしウェア(沖縄のアロハシャツ)を着こなされた
  ダンディーで素敵な牧師さんでした。お話の内容をまとめた資料を作成して下さり、
  はじめて参加者にも理解しやすく助かりました。

           IMG_0946[1].jpg

  かつて琉球国だった沖縄の成り立ちから、現在沖縄にある米軍基地の問題について、
  過去の歴史から遡って、ていねいにお話して頂きました。

  
 「日本の国土面積の0.6%しかない沖縄県に、在日米軍基地(軍用施設)の約70%がある」
  という事実からはじまり、沖縄が受けてきた過去の歴史や基地の現状に、疑問や怒り
  などがわき、いかに自分が知らなかったことか。少々、混乱しています。
 
  早くブログで報告しなくてはと、昨日からまとめるのに苦戦していましたが、結局
  ブログの報告は簡単にして、おいもだよりで詳しく報告することにしました(^_^;)。
  
  先月、沖縄の勉強会のチラシの掲示をお願いしたいとある所に言ったら、それは難し
  いと断られました。反体制的思想、政治的に偏っているというイメージだったのかな。
  私としては、沖縄のことを知らないから知りたいというだけなのに、びっくりでした。
  
  中原さんのお話は、私の予想を多少くつがえしました?私の頭では、歴史を理解して
  ついていくのが必死でしたが、「反対」を声高に叫ぶのでなく、事実をきちんと伝え、
  その上で私たちに考えさせるような、穏やかで冷静、素晴らしい内容だと思いました。

  参加者の方たちも、色々な質問や意見を交わし、それもまた、勉強になりました。

           IMG_0944[1].jpg

  また、通信で書くと思いますが、とても印象に残った、中原さんの言葉があります。
  質疑応答の中で引き出された言葉が、「共感力」。沖縄の問題を自分の問題として受け
  止める共感力やイマジネーションが大事だと言われました。私も、本当に共感します。

  中原さんは、ぜひ皆さんでお金を出し合って、沖縄の新聞を購読して、沖縄の問題に
  共感してくださいと、言われていました。送料込みで月額4500~5000円だそうです。
  岩手日日新聞のY記者が取材にいらしたので、その記事も楽しみです(^。^)。

nice!(0)  コメント(0) 

 あさってはオキナワ!   2017年8月17日(木) [おいものエコ・ブランチ]

  こんにちは。4日間のお盆休みをいただき、今日から営業です。

  今日は、わらしべ農園の無農薬野菜が入りました。イキイキ、おいしそう!(^^)!
  トマト、きゅうり、ズッキーニ、オクラ、セロリ、ゴーヤ、いんげん、パプリカ、
  ピーマン、玉ねぎ、じゃがいも、かぼちゃ、にんにく、細長ネギ、などなど。
   
  あさっての沖縄の勉強会に興味があるという、花巻市議会議員の増子義久さんが、
  映画「ニッポンの嘘」を観て、報告をブログに書いたよ、と言ってくれました。
  え、うれしい! → イーハトーブ通信7月29日のブログ
  増子さんは、元、型破りな(笑)新聞記者で、退職後に40年ぶりくらいに故郷に戻られ、
  「花巻はクサッている!」(笑)「花巻を魅力ある町に変えたい!」と、悠々自適の
  隠居生活はどこへやら?70歳近くで市議になり、精力的に活動しています。
  他のブログ記事も、さすが元記者、読みごたえあります。のぞいてみてください。

  あさって8月19日(土)の勉強会はまだまだお席に余裕ありますよー(^o^)/
  沖縄の問題は、私たちの問題でもあります。が、私もその辺のところを実はよく
  わかっていないので、はじめての方にもわかる、歴史から現状までのお話です。
  なかなかこういう機会はないです。講師の中原牧師さんのお話、とても楽しみです。
  若い方たちにもぜひ、聞いてほしい。お茶とお菓子つき(*^^*)お気軽にご参加を!  
      IMG_0005.jpg       
  
nice!(1)  コメント(0) 
メッセージを送る