So-net無料ブログ作成

  最後の4日間    2018年3月31日(土) [がんと闘いたくない癌闘病記]

  コージさんは家族葬でいいと言ってたものの、一体家族葬ってどういうもの?

  家族葬という言葉をよく知っていたなあ。要するに、自分の葬式は簡単でいい
  お金をかけなくていいということか。以前、友人が自宅で10人くらいの出席で
  アイヌ民族のお祈りで、本当にアットホームな葬儀で、いい感じだったが。

  「え?新潟の父が葬式に来る?高齢なのに、遠いところ、わ、悪いね・・・」

  やばっ。私の親はどちらかというと立派なのが好みで貧相なのがキライなのだ。
  私の初産も自宅出産の予定でいたら、「山でサルの子を産むんじゃないから!」
  と母に反対されて、やむなく里帰りに。やはり、ここは葬儀屋を通してやるか。


  でも、シンプルに家族葬でという希望に応じる葬儀屋さんはあるのかな?

  花巻市内にいくつか葬儀屋さんはあるが、さっぱりわからない。前もって
  調べておくなんてできなかったし、第一、回復すると希望を持っていたから。

  きれいに着替えて安らかに寝ているコージさんを、「このままずっとここで
  寝ていたらいいのにね」と子どもたちと横目で見ながら、次の動きが鈍い。
  葬儀屋さんを早く決めないと。お父さんに一番合うやり方で送り出したいと
  コージさんのそばをつかず離れず、のんびりと静かな時間が流れていく。


  ようやく受けてくれる葬儀屋さんが来てくれたのが午後5時頃。2階の自宅で
  と言ったら、ヘアピンカーブの階段を棺桶が通れないと言われ、1階のカフェが
  広さも十分あるので、そこでの葬儀を提案された。

  「おかんはカフェで葬儀をやるのに抵抗はないの?」と、心配する息子。

  「いいよ。お父さんが壁やテーブルを作ってくれたし、喜ぶんじゃない」


  そして、コージさんをできるだけ長く家に置いときたいと、5日目に葬儀を。
  それまでの4日間は、お別れをする心の準備ができるありがたい時間だった。
  毎晩、家族で思い出話をしては、「おとう、おやすみ~」とそばで寝た。


  翌日から、コージさんの最後の顔が見たいという友人、知人たちが次々と訪れ、
  お花もたくさん頂いて、白雪姫状態でびっくり。ほとんど来ないと思ってたから。
  若い頃の友人がわざわざ群馬から6時間かけて来てくれ、知らなかった頃の話も。


  納棺で白装束を着せる時に、右手の方が左手より硬くなく、曲がりやすかった。
  「おかんが(うっかりと)よく踏んでたから、やわらかくなったんじゃない(笑)」
  

  納棺で、遺体を布の担架で数人がかりで急な階段をそろりそろりと下ろすのだが、
  重いのとずり落ちないように慎重にやっている最中、また息子が言った。

  「ドンドンドンと階段をすべり下ろしたら、ショックで起きないかなあ(笑)」

  「ほんとだよねー。イテー!何やってんだー(怒)!!ってね」

  そして、無事に階下で準備できている祭壇の前で納棺して、その晩は身内で
  お酒とお寿司でお通夜を行った。いよいよ、明日は葬儀の日だ。つづく…。

     IMG_2050[1].jpg

nice!(1)  コメント(0) 

  ひげの白雪王子…   2018年3月31日(土) [がんと闘いたくない癌闘病記]

  今日で、亡くなってから1週間。昨夜、1週間前の夜はまだ生きていたんだ…と。

  少しずつ落ち着いてきて、心配して残ってくれている2人の息子が、お悔やみに
  頂いたビールをここぞとばかりに毎晩バンバン飲むので、ああ~と怒ってました。

  「お父さんはね、ビール飲みたいなぁと言いながら、毎晩発泡酒で我慢してたん
  だよ。何か特別なことがあった時、嬉しそうに飲んでたの。大事に飲みなさい!」

  「なに言ってんだよ。ビールは早く飲まないと、味が落ちるんだよー」と、息子。
 
  そだね~、ま、これからは、私一人だと1年くらい持ちそうだから、いいか・・・。


  先日のブログの続きを夕べも書いていたのですが、でりけーろな、あ、デリ
  ケートな内容なので、また見直して、今晩にはアップします。
  
  葬儀屋さんのご厚意で、明日くらいまでコージさんの祭壇はカフェにあります。
  その後も、四十九日の納骨までは、小さな祭壇をカフェに飾っておきますので、
  どなたでも、本当にお気軽にお線香をあげにいらしてください。髭の写真とお骨
  が、今はたくさんのお花に囲まれて、白雪姫ならぬ白雪王子?になっています。

  なので、4月中はカフェは営業をお休みします。よろしくお願いします。
  お店の営業は、来週からできると思います。が、お買物したい方は臨機応変に
  対応しますので、予めご連絡か呼鈴を押してください。



  そういえば、ブログのコメントがよくわからず、送りましたという声で調べて
  みたら、非表示で気づきませんでした。なんと、随分前から頂いたコメントも
  見方もわからず、返信もせず、本当に失礼致しました。   まだよくわかってないのですが、一応設定を見れるようにしました。ただ、   私は返信に時間がかかる人なので、コメントへの返信は申し訳ないのですが、   読むだけにさせて頂きます。ブログも実に偏った内容になっているので、いい   かなと内心ハラハラしつつ、ポジティブな反応に励まされている次第です。   今日もとてもいいお天気で、あたたかい。やっと、春に。もう少しだったね。   
nice!(0)  コメント(0) 

  家族葬を自宅で   2018年3月29日(木) [がんと闘いたくない癌闘病記]

  昨日コージさんの葬儀・火葬を終えました。悲しいのと忙しいの5日間でした。

  24日に自宅で息をひきとり、まず訪問看護師さんに連絡して、花巻病院の澤田先生
  駆けつけてくれ、私が寝ているうちにと悔やんでいると、こう言われました。

  「年間100人くらい、看取りをしていますが、最後の瞬間に立ち会えるご家族は、 
  1割くらいです。ずっとそばについていても、ちょっとトイレにとか、食事にとかで
  離れたときに亡くなるケースも多いのです。だから、全く悔やむことはありません」

  そして、土日に帰るから待っててねとコージさんに言っていたのに間に合わなかった
  二人の子どもが揃った午前11時すぎに澤田先生が再度来られて、家族が揃った時刻が
  死亡時刻になりました。死亡診断書ができて、葬儀などもろもろができるらしいです。
  そして、田中先生が土曜日の診療を早めに終えて、駆けつけてくれました。

  コージさんは、前夜「田中先生の顔が見たい」と苦しむ中で言っていたのですが、
  「明日診療に来てくれるし、点滴もしてくれるから待っててね」と言ったら、ウン。


  すべてが初めてのことで、次に何をするのかわからず、遺体を前に呆然とする家族。
  訪問看護師さんが、遺体のからだを拭いてあげるのは家族でもできますし、有料です
  が承りますよと言われ、家族でもできるかなと思ったけれど、不安もあり頼みました。

  体はもちろん、手際よくベッドの上でシャンプーをして、コンディショナーまで。
  大好きな温泉に行けなくなって2ヶ月。頭を洗えてなかったので、本当によかった。

  
  最後の着替えも、子どもたちとタンスの中を探し、コージさんが大好きでCDを
  買った時の懸賞で当たったボブ・ディランのTシャツ(よく応募したな・笑)と、
  お気に入りのジーンズ(穴あきを直したいと縫製上手なうちのお客さんに頼んで、
  破れにおしゃれにパッチワークしてもらって喜んでいた・笑)を着せました。

  そして、快適だったけれど、たった4日間の使用だった介護ベッドを早速引き取り
  に来てもらい、いつもの布団で畳の上に寝かせて、葬儀をどうするかの相談です。


  コージさんは全然死ぬ気はなかったものの、もしもの時は家族葬でいいと言って
  ました。形式や派手なことが苦手な彼の意思を尊重して、やはり自宅で行おうと。

  でも、どうやるのか?お寺さんを呼んでお経をあげてもらうという簡素で家族的な
  のもできるが、やはり棺桶や火葬については、やはり葬儀屋さんかなということで
  葬儀屋さん探しに。とここまで書いて、眠くて疲れたので、続きはまた後で。

   IMG_2039[1].jpg
nice!(1)  コメント(0) 

  コージ展延長   2018年3月24日(土)    [がんと闘いたくない癌闘病記]

  ここ3日続けて、田中先生や訪問看護師さんに、点滴をやってもらいました。
  田中先生が点滴スタンドと痰の吸引の機械を置いていってくれて、在宅では、
  とても恵まれた環境で、ほんとうに感謝です。

           IMG_1983[1].jpg

  ここ数日、コージさんはのどや首の痛みがひどくなり、今までストローで寝ながら
  とっていた水やりんごジュースが、吸う力がなくなり、スポイトになりました。

  だんだん眠るようになり、耳も聞こえづらく、会話ができなくなりました。

  それでも、個展に来てくれた人たちが、作品を買ってくれたり、励ましメッセージ
  を寄せてくれて、皆が回復を祈っているよと、枕元できかせて励ましていました。

  ナースコール代わりのベルを何回も鳴らされると、またかー(笑)と走っていくの
  ですが、昨夜は相当もがき苦しんだ後スヤスヤと寝たので、私も安心して寝ました。

  疲れが出てきたのか、珍しく胃痛と気持ち悪さで熟睡してしまい、あれ、今日は
  夜中に起こされなかったなと、朝方コージさんを見たら、冷たくなっていました。

  あれだけ在宅で付添ってきたのに、最後の瞬間に1人で逝かせてしまいました。
  でも、自宅での療養と家での看取りという、幸せな闘病だったと思いたいです。

  
  皆さんのご心配や応援のメッセージなど、本当にありがとうございました。
  お一人お一人に小まめに返信ができなくて、おゆるし下さい。

           IMG_1989[1].jpg

  いつも私が食べてるそばで、自分もほしがったマサラティーとルーツのライ麦
  カンパーニュ。菊池牧場の生ハムのせて。ずっと食べれなくて、食べてね( ;∀;)。

  お店は、勝手ながら、明日からしばらく休業させていただきます。
  調味料や洗剤など、急いで必要な方は、お電話いただけますか。

  まだ書ききれなかった不闘病記は、これからもぼちぼち続きます。。。

        IMG_0003.jpg

  銀座の新田コージ展は、3月29日(木)まで延長になりました。日曜休廊。
  12時~17時頃です。レトロなビルのギャラリーに絵が合ってると好評です。

  彼にしかできない、あたたかくて懐かしい作品がもう見れないのが残念です。




         
  
nice!(1)  コメント(1) 

  彼岸の墓参り      2018年3月21日 [がんと闘いたくない癌闘病記]

  昨日3月20日は、コージさんの父テイジさんの命日でした。今のお店を始める前、
  数年間同居していた時、廃品回収業をやっていて、私たちは彼岸の中日には、
  子どもを連れて、大きなイベントに古着や中古品を売りに出かけました。

  お彼岸は墓参りするものだと、私たちが仕事に出るのを快く思わなかった義父の
  命日はお彼岸。自分の命日がお彼岸ならば、必ず墓参りをするだろうと義父らしい。

   東和町.jpg

  義父がなくなって20年近くになりますが、コージさんが行けないので、初めて私
  一人で、昨日は定休日でもあり、墓参りに行きました。お墓から見た春の風景。

  「来たよー。キレイなお花と好きなまがりせんべいも。あのね、お願いがあるの。
  コージさんはまだやることいっぱいあるから、お迎えに来るにはまだ早いからね。
  もう、くされジジイなんて言わないからさあ(笑)」

  義父は若い頃相撲の県のチャンピオンで体も大きく、喧嘩も強く、豪快で問題児
  で誰も意見できなかったと聞く。が、同居していてどうにも困った問題を、私が
  義父にお話がありますと意見を言ったら、「この、くされよめが!」と怒鳴られた。

  はああー?とびっくりして、その時私はピューと家の端まで走って逃げて、聞こ
  えるか聞こえないかの小さな声で、「こ、この、くされジジイー」と言ってやった。
  あー、こわかった。晩年は、人のために労をいとわず動く、優しい義父でした。


  コージさんは、がんは進行していないはずなのに、、自力で動くのが困難になり、
  昨日はついに介護用レンタルベッドを注文して、最新式電動起き上がりベッドに。
  狭くなるし、仰々しいと避けてきたものの、意外に使い勝手が良く、快適です。
  
  なのに、夕べも夜中3時半に息苦しさと喉の痛みに苦しみ、意識が怪しげな中でも、
  「条件が良くなると、気をつけなければいけない」と、格言のようなひと言も。
 
  3時半から付添ってて寝不足なので、今夜もうとうとしながらも、心配してくれる
  人たちが見てくれてると思うと、ブログもわけわかんなくなりながら、頑張ってる。

  まあ、はじめての介護?を、よくやってると思うよ、「腐れよめ」にしてはね(笑)。

  
  

nice!(0)  コメント(0) 

  心を鬼にして食養生   2018年3月19日(月) [がんと闘いたくない癌闘病記]

  今日、採りたてのふきのとうをお客さまから、たくさんいただきました。

          IMG_1965[1].jpg

  早春を告げる山菜のふきのとう、岩手では「ばっけ」と言いますが、天ぷらも
  おひたしもおいしく、ばっけみそも保存食でつくっておくと重宝します。
  今年は採りに行けないなぁ、食べたいなぁと思っていたら、「さっき、自然農家
  さんのところへ行って、ばっけが出てるよと言われ、採ってきたの食べますか?」

  え、いるいる(笑)と、今年は採りに行けないことを伝え、もう大喜びです。
  しかも、つぼみのとてもいい状態のところで、空気も土もきれいなところのです。
  夫も大好きなので、ばっけみそを作っておいて、そのうちお粥に添えてあげます。

  
  コージさんが緊急入院した花巻病院を退院して、今日で2週間が過ぎました。
  帰ってきてから、喉の痛みが出てきて、全く食べられなくなり、点滴も時々して
  もらいましたが、申告作業の後の先週から急に衰えてしまいました。

  田中先生が毎週往診に来て下さり、血液検査や腫瘍マーカーの数値は良くなって
  いますという言葉に励まされつつも、目の前の病人はどう見ても、瀕死の状態!?

  今まで玄米クリームや野菜スープなどを食べさせようとしても、「喉が痛いから
  ダメ。うう、苦しい~。水くれ、りんごジュース、純粋なのを」と死にそうな声
  で言われると、かわいそうにと、飲めるものばかり与えてしまいます。

  「がんは進行せず、良くなっているはずなのに、この弱り方はおかしい。栄養
  不足が問題です。今がヤマ場と思ってください。心を鬼にして、口から栄養の
  あるものを食べさせなさいとダメですよ!」と、週末に心配で帰ってきた子ども
  たちと私を前に、田中先生はしっかり言われました。

  「個展に来てくれた人たちが、また新作を見たいって、みんな言ってるのよ。
  待っている人たちがたくさんいるよ。だから、無理してでも頑張って食べて!」

  りんごジュースに人参と小松菜を入れて。発芽玄米クリームと豆乳を少しずつ
  昨日から飲み込めたのでよかった、えらいね~と。心を鬼にしてやってますわ。
  
  
nice!(1)  コメント(0) 

  新田コージ展     2018年3月16日(金) [がんと闘いたくない癌闘病記]

  今日3月16日から、銀座の江原ギャラリーで新田コージ展がはじまりました。

       IMG_0003.jpg

  二人とも、初日に行くのをとても楽しみにしていたのですが、コージさんの
  体調が悪く、せめて私だけでもと思いましたが、行けなくなりました。

  今日、個展に来て下さった皆さま、本当にありがとうございました。
  私かコージさんに会えると楽しみに来て下さった友人たち、申し訳ありません。

  お花やメッセージもいただき、本当にうれしいです。

  コージさんは少し病状が厳しくなってきましたが、頑張って闘病しています。

  日曜休廊をはさみ、来週の土曜日まで個展は行われています。

  どうぞ、いらしてください。

        IMG_0004.jpg



  
  
nice!(2)  コメント(0) 

  はじめてのスマホ   2018年3月14日(水) [がんと闘いたくない癌闘病記]

  西和賀さわうち病院でのエピソードを、ついでに書いてしまおう(*^^*)。

            IMG_1769[1].jpg 

  花巻から遠いので、毎日来れるかもわからない。よし、この機会に携帯を買おう!
  とやっと決心した私。うちは親(私たち)が二人共携帯は持たなくて、やってきた。
  ほとんどお店にいるので、固定電話だけで問題ないし、出がけに追っかけられるの
  いやだ!と積極的に持ちたいと思わなかったが、本当のところは、お金の問題かなあ。

  かつて、子どもたちの携帯代が多いときは3~4万円もかかり、本当に大変だった。
  今はほぼ子どもも独立し、連絡とれないのは不便だから、お母さんも携帯持ってよ
  と言われるが、なくても不便を感じないので、踏み切れず。でも、格安スマホなる
  ものを調べていて、いつか持つとしたら一番安いので十分と目星をつけていた。

  よし、1台をコージさんと共有で、ラインと通話とネットができればいいやと、早速
  子どもたちと買いに行って、病室のコージに、「ジャーン、お父さんのスマホだよ!」

  「オレ、使いこなせないよ」と言いつつ、すごく嬉しそう。操作の仕方を教えて、
  「使うのは、家族間のラインと通話のみだよ。人に電話したら、ダメだよ」と。
  
  ちょうど、その日から口から食べれるというので、病院から帰って、みんなで夕食中
  に次男がコージさんにラインを送ってみた。ブハーと、みんな爆笑の初ラインである。

  次男「夜ご飯は食べれた?」

  コージ「まだ食べたたちた」

  次男 「どっち?笑」

  コージ「まだ食べたたたなたなたたな」

  次男 「どうやら文字の消し方教わってないようだね。笑。みんな笑ってます」

  コージ「まだ食べたなああえあ」

  次男 「元気そうでよかった」

  コージ「まだ食べささすてなないもじ」

  ここで文字の消し方を教えてたら、ふつうの会話になった。教えなきゃよかった(笑)。


  翌日、院長先生が、「お、携帯ですか。電話番号教えてください」と言われても、
  「あ、すみません。家族専用で教えないようにと言われているので」とコージ。

  毎朝、「おはようございます。こちらは吹雪です。今日の体調は…」と、1日の挨拶を  
  送ってきてくれて、病室での様子がわかるし、文字も年配用デカ文字にしてもらい、
  スタンプや絵文字もけっこう使いこなせるようになった。

  「おお、スタンプ使いこなしてるじゃん」と送ったら、即「絵ヘン」と、得意の
  ダジャレ?で返信してくる。楽しんでいる。離れた家族との通信手段として最高。
  あらためてこんなに便利なのかと、あれだけ拒否してきたのに、ようやくスマホを
  持ってよかったなと思えたのだった。ただ、月1300円の低速なので、動画は(>_<)



nice!(0)  コメント(0) 

  入院した日      2018年3月13日(火) [がんと闘いたくない癌闘病記]

  今日定休日に申告に行ってきました。毎年コージさんがやっていたので、自分が
  やると言って、先週娘に手伝ってもらい作成したのを緊張しながら出し、無事終了。
  
  「行ってきたよ!来年は私がやるのかなあ…」と呟くと、寝ていた眼を開けて、
  「オレを殺すなよ」。あ、そうだった、ハハハ(^_^;)。頭はハッキリしてるわ。


  去る1月30日に、西和賀さわうち病院に入院した日。院長先生の説明で、咽頭と胃
  (胃と肺にも小さな癌がある)に出血の危険性があり、また出血したら命が危ない、
  それは今夜かもしれないと言われて青くなり、県外の子どもやコージさんの兄弟に
  状況を連絡。そしたら、みんな翌日急きょの休みをとって来るというのです。

  「え!?ちょ、ちょっと、危篤でもないのに、そんなみんなが一斉に来たら、お父
  さんはそんなに悪いのかと気持ちが落ち込むかもしれない。でも、来るなとも言え
  ないし、どうしよう」と戸惑って、その旨伝えたが、それでもみんな来たいからと。

  4人を新花巻駅で迎えて、一路豪雪地帯の西和賀へ。息子の嫁は、初めて見る屋根の
  すごい雪やつららに歓声(笑)。この明るさがいいなあ。病院へ行く前に、地元名物
  舞茸そばを食べながら、最近の体調の説明とどんな様子で会いに行くかの家族会議。


  西和賀さわうち病院は、当時町内でインフルエンザ蔓延のため、

  「同居の家族以外面会禁止。同居の家族も10分に制限

  と畳一枚位の立て看板がデーンと、エレベーターが開くと病棟の入口にあり。

  明らかに同居らしくない面々がぞろぞろと行ったら、ナースステーションで止められ
  たけれど、そこは「お父さんが厳しい状況なので、子どもたちが新幹線で駆けつけて
  くるんです。そこは、なんとか会わせて下さい、うう(涙)」と前日病院を出る時に
  ナースに訴えたのが効いたのか、以後顔パスでぞろぞろと入れました。
  そして10分どころか、何時間もいたし、そんな大らかな病院の対応に感謝です。

  ちなみに、入院時最悪で、点滴して暖かい病室で翌日少し回復したコージさんは、
  みんなが来てくれたことを素直に感動して喜び、みんなも意外に元気そうでホッと。


 
nice!(2)  コメント(0) 

  西和賀さわうち病院    2018年3月10日 [がんと闘いたくない癌闘病記]

  今日ブログを見たお客さまから、「沢内の診療所は入院できるのですか?」
  と聞かれて、あ~、そうだった!ちゃんと書いてなかったからだ(^_^;)。

  さわうち協立診療所は、入院施設はないのですが、コージさんが弱って通院
  できなくなった1月末、連日自宅に来て下さった田中先生の勧めで、西和賀
  さわうち病院に入院治療することになりました。

  町立西和賀さわうち病院の院長は、花巻・北上地区の県立中部病院の院長を
  されていた北村先生です。いつもニコニコ、病状の説明の時はわかりやすく、
  きちんと説明してくれる、いい先生です。

       IMG_1899[1].jpg

  窓から見えるのは、除雪の雪の壁。これは、朝日に病院の窓が写ってます。
  院内の中を撮って来るのを忘れてた(*´ω`)。

  沢内村まで行くのは、片側ダム湖の峠の山道を行くのが大変でした。

        IMG_1851[1].jpg吹雪で見えない

        IMG_1884[1].jpgダム湖の風景

        IMG_1883[1].jpg

          IMG_1856[1].jpg
         町内に入ると、ボブスレーの中みたい!?

  前にも書きましたが、長年雪道を運転してこなかった私は大変でしが、
  着いてしまえば、静かできれいでアットホームな院内の雰囲気に癒されました。

  コージさんも、病院はきれいだし(新築3年)、看護師さんもみんな優しいし、
  4週間の入院生活は快適だったようで、なかなか退院したがらなかった(笑)。

  あ、誤解しないように、さわうち病院はふつうに西洋医学の病院です(笑)。
  西和賀町は豪雪地帯のせいか除雪がすごい!見事にきれいに、走りやすい。
  春になり、体調が回復したら、緑のドライブがてら、また診療所に通院します。
  
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  きのう今日と、コージさんはあまり調子よくなく、のどが痛くて、気持ち悪く
  常に吐き気があり、食べられず、何とか水分だけでもとっている状態です。

  今日また、お忙しいなか、田中先生が来て下さり、点滴してくれました。
  今晩吐血して心配ですが、無理してでも、個展の葉書の案内を書いています。
  明日はまた今日よりも、よくなりますように。
  
  


nice!(0)  コメント(0) 
メッセージを送る