So-net無料ブログ作成

  プラスチックごみ問題    2017年10月26日(木) [政治・経済・社会]

  DAYS JAPAN 11月号を販売しています。843円。
  特集は、「地球がプラスチックに支配される日」。人間が使い捨てした
  あらゆるプラスチック製品が今、世界中の生き物に重大な被害を与えている。

  さらに、数ミリ単位の微細なプラスチックゴミが、大量に海に漂っているという。
  しかもそれらは海中に眠る有害化学物質を吸着し、食物連鎖に入り込む。

  今、海洋中のプラスチックごみ問題は、地球温暖化に匹敵する大きな世界的
  課題だ。人間が今のような消費を続ければ、約30年後、海は魚よりもプラス
  チックごみの方が多くなるという。  DAYS JAPAN 11月号の特集より

     11月号.jpg
 
      イタリアのゴミ捨て場でビニールが体に巻きついたコウノトリ。
nice!(0)  コメント(0) 

  雨でも投票に行こうよ!    2017年10月22日(日) [政治・経済・社会]

  昨日、映画「標的の島 風かたか」を観てきました。
  「平和憲法・9条を守る花巻市民の会」主催で、高齢の方が多かったのです。

  沖縄の辺野古に建設される新米軍基地反対にいのちをかけて、非暴力で
  座り込みを続ける100人の住民と、強制排除する1000人の警察官、自衛隊。
  がんの治療で入院の後、病み上がりなのに、ゲート前に来た山城博治さん。
  排除に抵抗してロープが首に絡まり、呼吸困難になり救急車で運ばれる女性。

  涙が出てきました。。。周りの人たちも皆泣いていました。
  本来私たちの問題なのに、沖縄の人たちを犠牲にしているのだと。
  この国は、この政府は、なんてひどいんだろうと、あらためて思いました。

  たくさんの人に観てほしい、特に若い人たちに観てほしい映画、現実です。


  今日は選挙の日。雨で天気が悪いと、投票率が落ちます。棄権は危険です!
  「71年間日本が戦争をしないですんだのは、9条があるから」と文子おばあ。
 
  まだ間に合います。まだの方は、日本の将来を左右する選挙に行って下さいね。

nice!(0)  コメント(0) 

 病は自然からの贈り物       2017年10月21日(土) [+ Cafe]

  昨日は、アトピー勉強会「病は自然からの贈り物」をカフェで行いました。

  ゲストの冨田利華さんの体験を交えてのお話がすごくて、参加者はどんどん
  引き込まれたり、時には涙を流したりで、とても充実したお話会でした。

           IMG_1245[1].jpg

  今でこそ、利華さんはきれいなスッピンですてきな笑顔ですが、小学校の時、
  肌がボロボロというだけで川に突き落とされたり、陰湿なイジメは9年間続き、
  情緒不安定になり、いつも死にたいと思っていたとのことです。18歳までは
  生きようと決め、つらいイジメも母親が心配するので、言わずに耐えてました。

  社会人になってからもイジメはあり、ストレスで一ヶ月で仕事をやめ、過食症
  になり、ステロイドと精神薬を飲み続ける毎日が、28歳で急に肉も薬も全く
  受け付けなくなりました。
  そこで、合成添加物や砂糖、動物性食品を断つヴィーガン(菜食主義)の
  食生活を決意し、切り替えた途端に、体が変わったそうです。

  次第にアトピーも精神の病も改善し、心も体も浄化されて、今は本当に、
  生きるって素晴らしいと思えるようになったと。それほど食事は大事なんだと。

  参加者に、お気に入りのハーブティーのプレゼントを準備してきました。
  アトピーになる人は真面目で心が優しい人が多いんだよねと、参加者の一人。

  「巷には色々な情報が溢れているけれど、頭で食べるのでなく、自分のからだに
  聞いて食べて下さい。相手がいくらいいことを言っても、自分のことだから」

  「ネットでも買えるけれど、なるべくおいもさんで買いたいなと思ってます!」
  と、うれしいことを言ってくれて、帰りにたくさん食材を買っていきました。、
  利華さん、ありがとうございました。

  「You are what you eat. あなたの体は、あなたが食べたものでできている」
  
 
nice!(1)  コメント(0) 

 標的の島 風かたか      2017年10月19日(木) [政治・経済・社会]

  急なお知らせですみません。明後日花巻でお薦めの映画上映会があります。
  「標的の島 風かたか」三上智恵監督。ぜひ観て下さい!知ってください。

   10月21日(土)①10時~12時  ②14時~16時
   花巻市総合福祉センター研修室
   入場料 一般1000円(当日1200円)、大・高校生500円(当日600円)
   主催 平和憲法・9条を守る花巻市民の会

 ちらし.jpg

 tirshi.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

  1day yoga workshop     2017年10月16日(月) [+ Cafe]

  昨日はおいもで、太陽と月のyogaの1デイ・ヨガ・ワークショップでした。
  午前は体験で、皆さんヨガに慣れてる方も多くて、カッコよかったです。

        IMG_1219[1].jpg

  私はランチの準備で、一緒に体験気分どころではなく、残念(*´▽`*)。
  あっという間の1時間半で、最後はゆっくりリラッ~クス、これが一番いいな(笑)。

        IMG_1223[1].jpg

  おいもの特別ランチとチラシに書かれたせいか、いつもよりも予約が多くて、汗。
  たかきびハンバーグの山ぶどうソース、海藻サラダの豆乳マヨ和え、タブレ、
  キャベツのコールスロー、アフガニスタンの豆スープ、色色米入り五分づき米  
 「とても、おいしかったです!」昨日の皆さん静かだったので、自分で言ってる。

         IMG_1228[1].jpg

  午後は、座学。Release~執着からの解放、手放すということを学びました。
  ハニーブッシュティーとはちすずめ菓子店のアップルパイを出しました。
  相変わらず、田村さんの座学=ヨガの哲学はパワフルで参考になります。
  「来てよかった!なんだか、モヤモヤがすっきりしました」という方も。

  なぜわざわざおいもカフェで、田村佳世さんのヨガをやるのかは、ヨガは、
  もともと哲学が先にあって、ポーズは後から。何もポーズをしなくても、
  日常の中で人を幸せにする活動の中も、十分ヨガであるという座学がいい。

  さらに、佳世さんは、おいものエコロジーやフェアトレードのポリシーは、
  「ヨガで人を幸せにしたい」という自分のポリシーと一緒だと思うと言い、
  参加者の皆さんに、おいものせなかで行う意味を伝え、素敵な商品のある
  お店をぜひのぞいてみて下さいねと、何度も宣伝してくれるのです。うう。
  
  佳世さんは、今年はまた東京の先生を招くイベントや、北上のアンダーパス
  さんの新スペースで、月に一度のクラスを持つ予定です。とにかくいつも
  ヨガが好きで、ヨガでみんなを幸せにしたいと精力的に動く、パワフルな方。
  その合間をぬっての、おいもでのワークショップ。ありがとうございました!
 

nice!(1)  コメント(0) 

 おいものせなかだより10月   2017年10月15日(日) [おいものせなか通信]

通信10月.jpg

 ウラ面 

 戦争に行かないで、選挙に行こう!   
                             2017.10.14

  先月、安倍首相が突然の解散総選挙を宣言した。なぜ今なのか、わからな
 かった。選挙は莫大な費用がかかるというのに、いとも簡単に首相の考えで
 決定されるのか。そう思うと、昨年の安保法案、戦争法案と呼ばれる憲法違反
 の法を、憲法学者や国民の過半数の反対の声を無視して強行採決したように、
 戦争も首相の権限でいとも簡単に日本を(米国の)戦争に巻き込むのかもしれ
 ないと思うと、そら怖ろしくなる。

  なぜ、突然の解散か。安倍首相の森友・加計問題の不祥事を隠蔽しようと
 いう目的と、北朝鮮のミサイル発射の過剰反応で国民の不安を煽っておいて
 (これも宇宙空間ほど高度へ発射らしく、日本だけが大騒ぎとか)、だから武装が
 必要だと改憲に持ち込もうという思惑が見える。事実、自民党は今度の選挙で
 改憲を公約。首相の自信満々の解散総選挙だったが、小池百合子東京都知事の
 新党結成で暗雲が。その「希望の党」は、原発ゼロ、消費税増税は延期、待機
 児童ゼロと、一見庶民が喜びそうな公約を並べるが、しかし狙いは改憲である。

  民主党を150億円の持参金付きで取り込み、民主党の中でリベラル派(改憲
 に反対)を排除すると言い、安保法案や改憲に賛成する新党の政策協定書に署名
 せよと、どこの時代の踏み絵か。自民党と何ら変わらず、自民党の補完勢力で、
 いずれ一緒に改憲を通すのは目に見えている。(大体、そんな政治資金があった
 とは。選挙費用~衆院選1回で約650億円~も含め、その税金を被災地や福島
 などで生活に苦しんでいる人たちを助ければいいのに!)

 「小池はやばい、安倍よりも独裁者になる」という懸念の声も聞こえる。奇しくも、
 2005年に総務省が作った選挙啓発短編映画(20分)が、「希望の党が独裁政権に!
 投票に3回行かないと死刑、娘は徴兵制で戦場へ」 と、なんと同名で現代を予告
 していたかのような内容が不気味である。  

  選挙で選ばれた政治家で、国の方針が決まる。国際社会の対応や、私たちの生活
 にも大きく影響を与えるのが国政である。だからこそ、どこに投票しても変わらない
 とか、投票するところがないと棄権せずに、しっかり公約を見て、選ぶことが重要だ。
 棄権は大勢にYESである。

 「戦争と私たちの国が戦争の準備を進めることに反対します」と明言するフォト
 ジャーナリズム月刊誌DAYS JAPANの10月号は、沖縄特集。沖縄の絶滅
 危惧種262種が生きる貴重な自然豊かな海が、辺野古の新基地建設で埋め立て
 られ破壊されることを伝えている。
  「海は、生命の根源です。だから人間のおごりで自然を壊せば、いつかは自然
 にやられるんじゃないかと私は思うんです。海を破壊して基地を造ろうなんて。
 まして破壊の最たるものは戦争ですよ。それに加担するようなことをしたら、
 いつか自分たちの首を絞めることになるのではないでしょうか」と、新基地
 反対の座り込みに参加した男性。米軍基地の前で反対を訴えて毎日座り込みを
 続ける島袋文子さん(88歳)。その文子おばぁが参議院議員会館での講演
 「辺野古の“文子おばぁ”がやってくる!」の記事も必見。
 
 「70年前の戦争で、食べるものも何もない、飲む水もない、私は生きるために、
 死んだ人間の血を混じった泥水を飲んで生きてきたものです。(中略)だからね、
 私は安倍さんに、そんなにまで戦争がきる国を作るのだったら、あなたは死んだ
 人間の血が混じった泥水を飲んできてからやれと言いたいんです。それだけは
 言いたい」
 「憲法九条をなくすなんてとんでもないことです。九条があったからこそ今まで
 戦争をしなくて皆さん生きているんじゃないですか?私たちは二度と戦争はやって
 はいけないと思っているんです。ですから、命を懸けて、(米軍キャンプの)
 ゲート前に座っているんです。家庭も何もかも犠牲にして、毎日あのゲート前で
 座って、機動隊にごぼう抜きされて排除されて(略)頭を打って救急車で2回も
 運ばれて…。けれど、基地を止めない限り、私は死んではいけないと思っています」
 「自分の子どもや孫の命を守るためだったら、どこの国にも基地はおいてはいけ
 ないです。基地があるゆえに、戦争は起きるんですから」

 かつて沖縄の米軍基地から米軍機がベトナム戦争やイラク戦争などに向かった。
 海からも陸からも爆弾を自由に積めて軍事力が強化される巨大な米軍の新基地から、
 またどこかの戦場に向かうのだろうか。それも、新基地建設のための費用は日本の
 税金で賄われるのだ。私たちが納めた税金が、生命の海を壊し、どこかの国の女性
 や子どもたちをも殺しに行くために使われる。それを、黙ってみていていいのだろうか。

  安倍首相は、「北朝鮮に、対話でなく武力で抵抗する」という言葉に耳を疑った。
 武力では解決しないどころか、核戦争に発展する怖れがある。日本は原発大国で、
 原発が狙われたら広島や福島の比ではない。日本は唯一の被爆国なのに、核兵器
 禁止条約に同意しない。米国が反対しているから。米国は以前沖縄に大量の核兵器
 を配備。戦争になれば、米国は日本を守らないと専門家は言う。もう米国のポチ
 より国民を向いて。
 
  昨年おいものお話会に招いた三田照子さんは、100歳を前に春に天寿を全う
 された。人々の幸せを願い、過酷な戦争体験を語り、文章を書き続けた。
 「私共は、何があっても戦争だけはしてはならない。戦争ほど全ての人を不幸にし、
 悲しませるものはない」(花巻協会だより)と、最後の一文。

  昨年の安保法案で、南スーダンへの派遣から戻った自衛隊員が自殺した。政府は
 安全地域というが、マスコミも真実を公表しない。厳しい紛争地域だったと想像
 される。米国では、イラク戦争やアフガン戦争からの退役兵士がPTSD(心的外
 傷後ストレス障害)で戦場の記憶に苦しみ続け、年間8000人が自殺している
 (DAYS 8月号)。日本が72年間戦争をしないで来たのは、戦争放棄の憲法
 九条があったから。それで各国からの信頼もあったが、改憲し、米国の基地がある
 以上、海外でも国内でも日本人がテロの標的になりうる。NGОやジャーナリスト
 も危険にさらされる。
  
  10月22日の衆議院議員選挙で、一番の争点は改憲問題である。よく考えて、
 投票に行こう。そして、命をかけてあたりまえの暮らしを守ろうと闘っている人の
 話を聞き、国の政策の何が問題なのかを知ろう。11月24日・25日、沖縄平和
 運動センターの山城博治さんが岩手に来る。山城さんはステージ4の癌の病を抱え
 ながら、5ヶ月間不当拘留され、全国を講演に奔走する。(DAYS6月号) 沖縄
 に、日本の問題が凝縮されている。



nice!(1)  コメント(0) 

  アトピー勉強会     2117年10月13日(金) [+ Cafe]

  只今おいもだより今月号を準備しています。明日には発行できると思います。
  明後日のヨガの午後の座学も、まだお申込み間に合います。
  次のイベントのお知らせです。アトピー勉強会です。

     病は自然からの贈り物 
          ~アトピーを食で完治させた!
            
                ゲストスピーカー 冨田利華さん                   
 日時   10月20日(水)  10時~12時
 会場   おいものせなか + cafe
 定員   8名
 参加費  700円  (要予約)

 富田利華さんのこと
 
 冨田利華さんは生まれつきのアトピーで、学校でいじめられ続け、幼少期から
 情緒不安定。当時の食は肉・牛乳中心で、社会人でストレスから過食症になり、
 精神安定剤を服用する生活。2014年突然動物性食品を受けつけず、薬も一切
 効かなくなり、ヴィーガン(完全菜食)を選択。合成食品添加物入りの食品の
 摂取を一切やめ、自然食に変えた途端にアトピーも精神面も調子が良くなる。
 自傷を繰り返し、毎日を生きることが苦しく辛かった日々が、毎日穏やかに
 過ごせるようになる。アトピーから教えてもらったことがたくさんあり、
 「アトピーで良かった!生きるって楽しいんだ!生きるって幸せなんだ!」と。
 自分の体験を元にマクロビオティックセラピストの資格も取得し、アトピーを
 始め、心の病で悩む方の希望になるように、食の大切さを発信している。


 お問合せ・お申込みは、おいものせなか  0198(22)7291  

nice!(0)  コメント(0) 

  臨時休業のお知らせ    2017年10月10日(火) [お店のこと]

  こんにちは。
  
  急なお知らせですみませんが、明日都合により休ませていただきます。
  午前11時頃まではお店を開けています。明日は朝9時半から11時までです。

  展示会で洋服をご注文下さった方には、水曜日以降受け渡し可能なものも
  ありましたが、明日は11時までか明後日以降にお願いします。

  ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞ、よろしくお願いいたします。
  
nice!(0)  コメント(0) 

  いよいよヨガは今週末です     2017年10月9日(月) [+ Cafe]

  今日で秋冬展示会を終えました。ご来場下さった皆さま、本当に有難う
  ございました。FAX送信の不具合もあって、広報不足の面もあったのか、
  いつもよりも静かでしたが、いい時もあれば悪い時もで、また頑張ります。

  明日は久々の休みです(^o^)。週末に迫ったヨガ・ワークショップのランチの
  メニューを考えたり、片づけをしたり、次のイベントに向けてリフレッシュ。

  再度のお知らせになりますが、ヨガの午前の体験は満席ですが、午後の座学は
  まだ若干の残席あります。今回のテーマは執着を手放すというもので、個々の
  悩みや苦しみをヨガの哲学に、照らし合わせて解放へと導きます。たぶん(笑)。

  田村佳世さんの座学は、いつもパワフルで、元気やヒントが色々ともらえて、
  私は座学がとても楽しみです。はちすずめ菓子店のヴィーガン・アップル
  パイとハーブティーで。ぜいたく~。座学へ、ぜひご参加ください!(*^-^*)!
  ヨガ.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

  展示会は、あと2日間        2017年10月7日(土) [フェアトレード]

  フェアトレードの秋冬展示会は、明日、あさっての2日間で終わりです。
  やはりもう一度見てみたいと、何とか時間をつくって、再度来られる方も。
  明日は、ほづみさんが来てくれます。今日、ちょっとのぞいてくれました。

  自分が買うとしたら、今回はこれかなと思って決めていた服、でも年の割には
  若いかなとほづみさんに相談したら、即座にブ~(^_^;)。「そういうのは、
  卒業しなさい。コレ着てみて」と、自分では絶対選ばないような服を渡されて、
  えーマジか(笑)と試着したら、おおー意外と似合い、びっくりしました(;^ω^)。

  さすが適確!とあらためてそのセンスに感心。あ、でも決して無理に勧めたり、
  押しつけがましい人ではなく、静かに見ていて、聞けばに答えてくれる方です。
  明日は、3時前までいるかな。お仕事等の都合で、数時間しかいれませんが。

  お店・カフェは日・月は休日なので、閉店は夕方5時半です。
  もし、時間が過ぎそうなときは、遠慮なく、お電話ください。
  

nice!(0)  コメント(0) 
メッセージを送る