So-net無料ブログ作成
検索選択

  おいものせなかだより4月   2017年4月5日(水) [おいものせなか通信]

通信.jpg

 おいものせなかだより4月 ウラ

 
         ずっと一緒に笑顔でいよう
                            2017年4月5日(水)


 「ずっと一緒に笑顔でいよう」息子が結婚式の二次会に流す、友だちや家族から
 内緒で集めたお嫁さんへのサプライズ動画の中で、息子が書いていたメッセージの
 中の文字をつなげたら、最後に現れたのが、この言葉。
 「そういえば、あの子は生まれた時から笑っていたな」

  「おいものせなかはどういう意味ですか?」よく、聞かれる。当時2歳のこの子
 がつけた。意味不明。東和町の山あいの自宅で生まれた子は、助産婦さんが、
 「赤ちゃんは胎脂があるから大丈夫」と、私の後産(あとざん)が済むまで新聞紙に
 包まれてガサゴソ動いてた。 ※後産は母体から胎盤を出すこと。30分位。

  いつも裸んぼ。食卓の脇で「うんち」と言って、エーと言ってる間に、5秒で
 床にボトッ。外で全力で走っていて止まれず、停車中の車に激突して、エヘヘ。
 店の奥からキャベツを頭に乗せて現れて、お客もびっくり。熱はキャベツか豆腐を
 乗せとけという母の仕業。氷点下の朝、半袖Tシャツ1枚にランドセルで登校する
 姿に通りすがる人がギョッ。古雑誌の投げっこでよろけて鉄柱にぶつかって頭を
 切ってハゲを作ったが、中学でまた頭から血を流して帰ってきた。チャリでフェンス
 の穴を通り抜けられると思った、エヘヘ。

  小学3年から始めたサッカーでプロになる夢を抱き、大学もサッカーの名門を
 目指して落ちて、過酷な「新聞配達少年で浪人」の手続きをしていたが、幸運にも
 別の国立後期で受かった。大学でサッカーの練習の後に、夜10時から深夜2時まで
 バイト。審判の資格もとり、海外の大会で審判も経験、就職して社会人チームに。
 日夜仕事全力、週末サッカー。旅行好きで盆暮れも帰省しない子が、珍しく正月に
 帰ってきた。雪の中に真っ裸でダイブする写真を友だちと約束したから撮ってと。
 それが目的で帰ったか(笑)。

  昨年11月、かわいい彼女を連れて帰り、結婚の報告。式は3月、引き出物を
 探しているようで、つい、「フェアトレードのギフトはどう?」という母の提案に、
 即「いいですね!」と、お嫁さん。す、素直だ。お見送りのお菓子もフェアトレード
 のチョコにしてくれた。テーブルのカード立てに、インドのパレワストーン。ギフト
 の中身は、ネパールの紅茶、クッキー、スプーン、パレスチナのオリーブ・オイルや
 石鹸にオーガニックコットンタオルなど。初めてのフェアトレードの引き出物の注文!

 「生産者の説明パンフもどんどん入れていいですよ。この機会に、お母さんの仕事
 フェアトレードをみんなに知ってもらいたいです!」
  うぅ、二人の気持ちに泣けるー(*_*;。

  張り切ってオリジナルの手書きの説明を作り、色鉛筆やハンコで一枚一枚色塗り。
 ラッピングは手漉き紙にフェアトレードの麻ひも。式の3日前に引き出物を90個
 無事に送って一段落の後は、作ってほしいと頼まれていたウェルカムボード。夫が、
 ある材料でここまでだ!と放った土台に、後は私が引き受けて、文字を描く。前日、
 うちのアイビーを持って行ってからませた。これは好評だった。
 「親父の絵も、この機会にみんなに見てほしい。せっかくのチャンスだから!」と
 10点ほど、頑固親父も内心うれしげに飾っていた。
 
  式場は、六本木の一軒家貸し切りの結婚式場。二人が旅した国の写真やグッズを
 あちこちに。席次表は、旅のガイドブック「地球の歩き方」の表紙からしてそっくり!
 各テーブルに行った国の国旗とお土産グッズ、チャペルから披露宴会場までの階段に
 写真をズラーと飾り、各席の世界地図の断片に皆で寄せ書き。至るところ「旅」が
 テーマ。そういえば招待状からして、パスポートだった。皆に楽しんでもらおうと、
 二人で一生懸命準備してきた。披露宴の間も、ずっと皆が笑顔。また泣く人もいて、
 とてもいい結婚式だ。

  最後の親への言葉。緊張する。二人とも親だけでなく、兄弟姉妹への言葉を書いて
 いた。息子は5人分を、便箋4枚にぎっしり、全部読む。こんなのアリ?(笑)この子は
 15歳から家を出たので、久々に6人揃ったこの時だから伝えられる想いを書いたのだ。
 

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  親父から学んだことは、人生という大きなくくりにおいて、「やりたいことをやる」
 「なんとかなる」ということ。(略)親父は、普通の人は「お金になるからやる」と
 判断するところでも、自分の考えがぶれないのがすごい。俺が、「人生お金じゃない」
 と思って生きているのは、損得勘定で物事を判断しない親父がいたから。「お金を稼
 ごうとしない」親父って、本当に稀有で貴重だよ。その分何をやっているかといったら、
 家の壁に板を打ったり、壁に穴をあけて煙突を通したり、他の人ができないことをやっ
 ている。(略)おかんが苦労していることも多いから、ちゃんと手伝ってあげてね。

  お母さん。苦労の多い子育てだったと思うが、みんなここまで育ちました。自分の
 ことはさておき、家族のこと、他人のこと、そして発展途上国の貧しい人たちの為に
 誇りを持って仕事をする姿勢、昔からずっと尊敬しています。小さい頃、貧困の国々の
 人達を助ける前に、目の前にいる貧困な俺らを助けてよと、何度も思いました。でも、
 オカンは、自分達は十分幸せなんだと。寝るところがあって、着る服があって、食べる
 物がある、それだけで幸せなんだから、ぜいたくはしないで周りの人を助けなさいと。
 そんなオカンだったからこそ、ご飯つぶは残さないとか、モノは大切にするとか、余っ
 たからと言って食べ物を捨てないとか、常に貧しい国の人達のことを考えた判断をする
 ようになりました。小さなことのようで、とても大切なことを学びました。(略)

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


  「どういう家庭にしたい?」に、息子が「笑顔が絶えないふざけた家庭」うんうん。
  お嫁さんは、「世界一クレージーな家庭」・・・彼女の方が、一枚上手だわ(笑)。
  二人の、何度も出てくる「笑顔」に感心した。簡単そうでいて、簡単じゃない。
  えらいな、がんばれ!

                                   (ぶん)

  野菜の入荷は急きょ明日に      2017年4月4日(火) [おすすめ商品]

  今日はとても暖かくて、気持ちのいい陽気でした。急なお知らせです。

  いつも木曜日に入るわらしべ農園の野菜が都合により、明日の水曜日に入ります。
  4月は端境期で、だんだんに野菜がなくなっていきますが、人参、小松菜、菜花
  などが先週届いたので、明日もいくらかの野菜は届くと思います。

  おいものせなかだよりも、明日にはできる予定です。
 
  祝島のひじきが今週中かな、そろそろ入荷します。半年ぶり。お楽しみに。
  逆に、大間産のひじきが只今欠品中です。入荷まで、しばらくお待ち下さい。
  伊勢産の長ひじきが超太くて長くて、他の野菜煮るととてもうまいんです。
  食べてびっくり。食べごたえのある一品になるので、ぜひお試しください。

 

  フェアトレードのセール品     2017年4月2日(日) [おすすめ商品]

  今日は静かな日曜日で、カフェのお客さんはゼロでした(´・ω・`)。大丈夫かいな。
 
  さて、セール品のお知らせです。
  フェアトレードの商品は、毎年途上国の生産者に注文をして、新しい製品を
  作ってもらい、それがコンスタントな収入につながり、生活を支えます。

  うちのお店でも、毎年生産者の新しい商品を注文を注文し、仕入れていますが、
  すべて順調にお客さまの手に渡るわけでなく、お店の在庫になるものも多いです。

  そこで、次の注文をするためにも、一部商品を思い切って?(笑)セールします。

           アクセ.jpg
  インドのタラ・プロジェクトのネックレスやケニアのボンボルル・ワークショップの
  アクセサリーです。タラは、児童労働反対キャンペーンを行い、子供たちの学校も
  フェアトレードの収益で運営しています。ボンボルルは、障害を持つ人たちが働いて
  います。アクセサリーの収益で、車椅子を贈ったりしています。
  このコーナーのネックレスとピアスは、4月末まで定価の20%引きです。


         トップ.jpg

  オーガニック・コットンのスクープネック・トップ。定番商品のセールは珍しい。
  丸首のシンプルな長袖で、1枚でも、重ね着の下に、使い回しできて、重宝します。
  サイズはМとLで、在庫限りのセール。なお、今年の新作はセール対象外です。
  こちらは、4月21日(金)までのセールで、定価から10%引きです。定価4212円。

  ほかに、手織りのトップスやワンピースなどのセール品もいくつかあります。
  すべて、1点限りです。どうぞ、よろしくお願いします。

  フェアトレードの展示会    2017年4月2日(日) [フェアトレード]

  ようやく春の気配ですが、最近天気が悪いような。今日は陽射しが暖かいですが。
  やっと、冬物を片づけて、そろそろ春の服を引っ張り出しています。

  今月、恒例の春夏の服の展示会を行います。火曜日の定休日は雫石で展示会です。
      
 展示会.jpg

  そして、展示会までに、一部在庫のセール品もあります。後で、紹介しますね。

  

  3月31日20回目の更新(^O^)/     2017年3月31日(金) [お店のこと]

  今日は3月31日。明日からもう4月です。いわゆる新年度。あー早いですね。

  今日で「暮らす」を楽しむ布とかご、のミニ展示会を終えました。今回は、急きょ
  メインの布とかご展示が延期となり残念でしたが、次回まで楽しみに待っていてね。
  おそらく、すぐは無理で、秋・・・9月以降になりそうです。
  今日葛巻から3人の子どもを連れて撤収に来てくれたちほちゃん、ご苦労様でした!

  4月は、毎年恒例のフェアトレードの春夏展示会があります。
  先日、チラシもつくりました。明日、ブログでUPします。

  16日の伊藤清彦さんの講演会も、順調に予約が入っています。お聞き逃しなく!


  今月はブログの更新を、これまでで一番多くやれて、ホントにびっくり。20回!
  おおーがんばった。やればできる(笑)。3日に1回を思ってましたが、この調子で。
  あれもこれも紹介しなきゃという話題の多い月でしたが、しかし一番の励ましは、
  ブログ毎日のぞいてますという声を何人かからもらい、元気が出るとも言ってくれて。

  お店のブログなのに、商品の宣伝は少なく、公私混同か?ちと変わってますが(^_^;)。
  以前は、誰が見ているかわからないからと書く内容を気にして書けなくなったり、
  でも自分が気にするほど、他人は気にしてないと思い、気楽に書くようにしました。
  

  おいもだより、今度こそ1日に出すぞーと毎晩奮闘していますが、明日できません。
  待っててね。やはり、裏のエッセイがねえ、少しは笑いがないと(^^ゞ、難しいネ。

  

  上野さんの色色米       2017年3月30日(木) [おすすめ商品]

  「暮らす」の企画展のミニ展示は、明日4時までです。ほうきは売れました。
  
  欠品していた、上野長一さんの色色米(いろいろまい)が、入荷しました。
  50品種の古代米と在来種のお米が入っていて、おいしいと人気のお米です。
  玄米と五分づきがあり、白米に2割ほど5分づきを混ぜて炊く人が多いです。

           色色米.jpg

  いつも、月々の手書きの通信が同封されていて、上野さんのお人柄が伝わります。
  今月、3月の通信から、農家の現状をかいま見る内容の一部を紹介します。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  いよいよ稲作りのはじまりです。さて、どう企てようか、考えながらの野良仕事、
  今は稲作りで生計をたてることは、簡単なことではなくなりました。米価がひと頃
  の半値以下となりました。価格面、お金の尺度では魅力がなくなりましたので、今
  大規模農家は2重・3重の補助金で、税金が使われておるようです。税金で稲作を
  守るか、米価を高くして稲作を守るかと言ったところでしょうか。

  稲作を守るということは、大きな意味で環境もリンクしてくるのかなと、そんな気が
  します。が、稲作の方法にもよりますが。そんな事で、農地の集約化とか集団化とか、
  大きな機械をもとに稲作りを進めようという政策です。

  今の稲作り、耕すことも、床かき、畦つくり、田植えのような作業は機械を操作して
  の仕事が続けられます。田植えは田植え専用機械、草刈りも田の中の除草も、そして
  収穫作業機、その後、稲がお米に、食べるまで何種類もの機械を使い分けての作業が
  続けられます。

  そんなことで稲作りを止める農家も年々増えて来てますので、農業公社等が農地の
  流動をになうようになってきました。もう稲作りも個々での農家では、この世の中で
  生活が出来なくなるのかな。日本の農業の行く末は、と思うばかりです。

  そして、昔は、農業として生産することをしっかりすれば良かったものが、今は
  生産したものを売ることにどう向き合うかと、百姓の商人としての気質が問われて
  おります。加工をしたり、直売所だったり、様々な売り方が、六次な農業とかやらで、
  元気な農業して見出されております。が、さてさてどうあるべきなのか、農業は。
  常に考えさせられるのです。
                          (上野さんの3月通信より抜粋)

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  消費者は、いつ、どこで、何を買って食べるのも自由です。選べます。
  が、つくる人は本当に大変だなと思います。特に農産物は、天候にも左右され。
  だからこそ、消費する側は、いいものを正直に作っている生産者を買い支える
  こと、これからの農業を一緒に考えていくことも大事なことだと思います。(新田)
  

 クロネコの訴え~菊池牧場     2017年3月28日(火) [政治・経済・社会]

  うちで長年販売している無添加ソーセージの菊池牧場の3月の通信です。
 菊牧0001.jpg
  菊池牧場の菊池暢子さんが書いている内容は、これまでも時々おいも通信に、私が
  書いてきたことと同様のことを、上手くまとめてくれました。

  昔に比べてグンと宅急便の数が増えたのは、アマゾンなどのインターネット通販
  が増えたからだそうです。今やどこもかしこもネット通販で、送料も○○円以上で
  すぐ無料とか、うちも送料がネックなので、一体どうしてそうできるのか不思議。

  わざわざ買い物に行かなくても、ボタンひとつで、ほしいものが届けてもらえる。
  これでは、いくら地域を活性化したいと思っても、地域のお店が消えていきます。
  クロネコの問題はクロネコだけの問題ではなく、私たち消費者も関わっている問題。

  私たちは、もう大量消費、大量廃棄の時代は終わりにして、ちゃんと作られたもの、
  長く使えるいいものを少しくらい高くても、地元のお店のプロの店員さんと相談
  しながら買うというライフスタイル、消費のあり方に変えていきたいと思います。

  それが、おいものキャッチフレーズ?でもある、つくる人も、売る人も、使う人も、
  みんなが幸せになるお買物(三方よし)なんですよ。(*^。^*)

  あ、菊池牧場のソーセージ、いつもあります!冷凍なので、奥に隠してますが(笑)。
  菊池牧場ブログ http://blog.kikuboku.com/ 更新が待ち遠しい・・・ 

   

  伊藤清彦さん講演会    2017年3月27日(月) [おいものエコ・ブランチ]

  今年はじめての「おいものエコ・ブランチ!2017」を行います。
  最近は、ブランチなし(笑)、ハーブティー付きです。食事よりも、お話優先。
      伊藤.jpg

  昨年3月に好評だった、伊藤清彦さん。この方、ホントすごい方です。
  本を読んでいる量、購入している量がハンパでない、ゆえにいろいろなことを
  よく知ってらっしゃる。なのに、全然えらそうにしてなくて、謙虚な方です。

  広報が遅れてしまい、やっと3日前にチラシができて、レジ前に置いたら、
  それを見たお客さまがすぐに予約してくれ、順調に参加予約が入っています。

  私自身がとても楽しみにしている、伊藤さんのお話です。ぜひ、ご参加を(*^^*)。

  

  DAYS JAPAN 4月号    2017年3月26日(日) [政治・経済・社会]

  DAYS JAPANの最新号、4月号を販売しています。

   DAYS.jpg

  創刊13周年記念特集で「激動の聖地、エルサレムの50年」写真・文、広河隆一氏。
  南スーダンの難民の子どもたち、アレッポの石鹸の記事など、読みごたえ満載です。
  DAYS JAPAN https://www.daysjapan.net/

  「世界を視るフォトジャーナリズム月刊誌」DAYS JAPANを購読で応援して下さい!
  毎度言ってますが、定期購読が存続を支えますが、1冊からの購入も応援になります。
  最近のバックナンバーも、おいものせなかに置いてあります。

  

  企画展始まりました      2017年3月25日(土) [+ Cafe]

  先日お知らせした、かごと布の作品展ですが、縮小版で行っています。

  やはり、かごと布を目当ての方が多かったようで、お客さまは少なめです。
  でも、師匠のほうきが5本のうち、3本もすでに売れました。人気です。
 
      企画展.jpg

  これは、夕方写したので暗めですが、実際はもっと明るくてきれい。
  なんか、これは哀愁がただ酔ってますね、あれ?
  いつもと違うカフェのディスプレイ、いいですねー。上手いなあ。

  31日(金)16時までです。28日(火)は定休日です。

  コーヒーなどとアップルパイのセットもどうぞ。
  もちろん、のぞいて見るだけでもOKですよ!


メッセージを送る