So-net無料ブログ作成
検索選択

  「お産のワークショップ」報告    2017年7月11日(火) [お産関係]

  7月9日(日)は東京で、NPО法人「お産サポートJAPAN」の総会と、「お産の未来を
  考えるワークショップ」に参加しました。

  会場は、湯島のマッシュアップ・スタジオをというとてもおしゃれな雰囲気の会場で、
  いつもの会議室の様子と違って、びっくり。そこは、全国の病院関係の内装設備を
  手がける会社で、壁一面にITを駆使した最新の映像設備に私はへ~、ほ~(゜.゜)。
  3Dというの?立体空間に手術室の壁の色などを変えてみせるんですよー。

          お産.jpg

  肝心のワークショップは、約20名の参加で、「対話」を重視した内容で、一対一や
  グループ別に、お産の未来をテーマに、話し合い、書き出していく中で、新しい
  ヒントを引き出していくもの。講演などとちがい、参加体験から気づくことですね。

          2お産.jpg
  
  参加者の感想で、『対話』の方法を再確認し、いろんな立場からお産現場について
  考えられ、今後現実的に行動できるところまで言語化出来たことで、どこかスッキリ!

  私も、どこでも誰でもいいお産ができる環境を目指して、活動してきましたが、
  時代の流れか、妊婦さんたちが、何が自分にとっていいお産なのかがわからなく
  なってきていて、お産の素晴らしさが伝わっていないような気がしていました。

  このワークショップで、あらためて何をすべきか、気づかされたこともあり(^^ゞ。

  
  お産サポートJAPANの講演会には、助産師や医療職の方の参加がほとんどですが、
  たまに、保育に携わる方もいます。ここ数年、毎回当会の講演会に参加してくれる、
  ベビーシッターのAさんは、子どもたちやお母さんを見ていると、お産のあり方が
  深く関係していることに気づき、お産の勉強会に参加しるとのこと。興味深いなあ。

  次回、Aさんにお会いしたら、どこがどうちがうのか、聞いてみたいですね。

  「お産サポートJAPAN」は、いつでも会員募集中です。年会費3000円で、年2回の
  講演会のお知らせやニュースレターが届きます。会員は助産師が多いのですが、
  医師、ジャーナリスト、保育士など色々な方がいて、私のようにふつうの母親も。

  産む女性の心とからだに寄り添ったお産、女性が幸せになるお産環境を目指して、
  勉強会や政策提言を行っていて、地域で活動している私には、刺激になります。
  東京でのイベントが主ですが、会費で活動を支えますので、よかったらぜひ(*^^*)。
  お産サポートJAPANホームページ https://www.osan-support-japan.com/
  
 

  お産の未来を考えるワークショップ  2017年7月8日(土) [お産関係]

  明日、私が役員で関わっている「お産サポートJAPAN」の総会、講演会のため
  店主不在です。お店は夫が店番です。見るからに暑苦しいオジサン、いやオジイサン
  が大好きな薪割りで汗を流して、レジに立ちます。カフェで注文があれば、涼しい
  顔してコーヒーを入れますが、他の注文があると、内心焦ってると思います(笑)。
  でも、大丈夫!バナナジュースもマサラティーもちゃんとできますので(*^。^*)。

  すみませんが、月曜日も、私不在で夫店番。どうぞ、よろしくお願いします(^_^;)。

  東京の用事はこれ↓。当日の参加も大丈夫です。東京近郊の方、ぜひ、どうぞ!

        IMG_0003.jpg

  
  7月17日の映画は午前の回が定員マジかになっています。
  夜の回はまだ余裕があります。夜は雰囲気が暗幕なので、集中できます。。え?

  野田村の山ぶどうワイナリー     2017年7月7日(金)  

  せっかく久慈まで来たので、野田村はすぐと聞いたので、では行きたい所がある!
  と訪れたのが、「涼海(すずみ)の丘ワイナリー」です。ネパリ・バザーロが野田
  村の復興支援活動のサポーター募集に私も会員になったことをブログにも書きました。

  来週、この山ぶどうワインのイベントを行うので、その前にグッドタイミングです!
  久慈からわずか20~30分で、行く途中に野田村「観光物産館ぱあぷる」です。

         のだ2.jpg

  おっ、野田村初のワイナリーということで、村をあげて盛り上げる様子に私も
  何だかうれしくなります。でも、4月の発売以来好評で、もう売り切れ寸前らしく、
  販売は、おひとり様各(ロゼ・赤)1本だけとあって、早くも幻のワインか!?。

  涼海の丘ワイナリーはスタッフ3名でやっています。シニアソムリエの坂下所長さんは
  この日出張で、菊池さんと佐藤さんが対応してくれました。

         のだ3.jpg

  ワインの製造工程の説明もていねいにしてくれて、今回初めて絞ってみて、歩留まり
  がなんと50%という低さで、目標の1万本に達しなかったとのこと。通常のぶどうに
  くらべて、実や皮が固いからでしょうか、いずれとても貴重なワインだとわかります。

  更に、タンクに入れたジュースが予想外に発酵して、フタを持ち上げ、あふれそうに
  なったとか、タンク内の掃除も大変だったり、瓶詰めやコルク栓、ラベル張りも、
  簡単な機械は使うものの、基本手作業だとか。本当に色々なご苦労が察しできます。

  すぐそばの採石場の坑道がワインの貯蔵に最適というところに案内してもらいました。

             koudou1.jpg

  薄暗い、ひんやりと寒いくらいの坑道をかなり歩いていきます。通常は、入館料を
  払って、誰でも見学できるようで、火曜日は休みだとか。

             坑道.jpg 

  400m歩いた先に、広い部屋があって、そこに樽詰めされた山ぶどうの赤ワインが
  寝かせてありました。こちらも、すごくおいしそうだなあ。
 
           たる.jpg 

  石や古墳に興味がある夫は、ワインは飲まないけど、ミステリアスな行動、いや
  坑道に喜んで、「いやあ、よかった、よかった」と。

          1のだ.jpg

  工場の隣に建てた新しいテイスティングルームで、菊池さんと佐藤さん。
  土日営業で、ワインとチーズ、ワインに合うお弁当も限定で用意しています。
  
  さあ、いよいようちの初ワイン会。まだ、定員に余裕ありますので、どうぞ。
  当日は、ネパリ・バザーロ代表の土屋春代さんをゲストに、野田村のワイナリー
  のドラマを色々と語って頂きます。といっても30分ほどで、後は楽しく歓談!
  
            IMG_0001.jpg

   IMG_0002.jpg

  久慈のあ~とびる麦生とクマさん     2017年7月5日(水) [Art]

  昨日の定休日は久慈に行きました。隣の北上でさえ、休みは出かけないのに、
  久々の遠出、実は20数年ぶりの久慈行きです。朝6時過ぎに花巻を出て、途中休憩
  しながら、着いたのが10時頃。約4時間かかった。岩手は、広いなあ。はあ遠い~。

  目的は、久慈での新田コージ作品展を、私も見たいから、エイヤッと行ったよー。
  
           久慈ko-ji.jpg 
     
  会場のあ~とびる麦生(むぎょう)は、通常は土・日のみ開館ですが、行けないので、
コージが若い頃さんざんお世話になったという理事長の熊谷行子さんに特別に(^_^;)。

            IMG_0688[1].jpg

  熊谷さん(クマ)は県内でも知られている美術家で、入口の大作はクマさんの作品。
  麻・紐・縄・萱の自然素材を自由な発想で大胆に表現します。長年久慈市内で、
  絵画教室をやっていましたが、昨年の水害で浸水し、画材が全部流されたそうです。
  
           IMG_0703[1].jpg

  元小学校で、新しい校舎を建てて間もなく合併廃校になり、きれいな木造校舎です。
  ボランティアスタッフとクマさんでお掃除?広いのに、廊下もピカピカですごいね。

          IMG_0690[1].jpg
 
  教室と廊下、体育館など、絵画、版画、写真、彫刻など県内外の作家の作品が300点!
  コンクリートでない、木の校舎がとても気持ちよく、校舎丸ごとギャラリーがすごい。

            IMG_0697[1].jpg

  クマさん、以前フランスに行った時に、天井から絵が下がっているのを見て、いつか
  こんな美術館かギャラリーができたらと思っていたそうです。夢を実現したんだー。

          IMG_0695[1].jpg

  土・日はお絵かき教室や布ぞうり、陶芸、七宝焼きなどのワークショップも。入館料
  無料。1泊2500円のゲストハウスもあります。こちらは、ワークショップの教室。

          IMG_0698[1].jpg

  作品は豪快で大胆。太くハスキーな声で、はっきりと物言いするけど、実はとても
  繊細で、あたたかいクマさん。アートで子どもたちの健全な育成を考えています。
  毎朝4時に起きて、制作活動をするとのこと!現在75歳で、元気に現役の美術家。
  ガチャピンのTシャツも、子どもたちが喜ぶからと頂いたのを喜んで着ています 。
  
          IMG_0707[1].jpg

  4月から11月まで土・日、午前10時~午後4時まで。
  新田コージ作品展は7月30日まで。ぜひ、行ってみてください(*^^*)。
  さて、この後は野田村へ。つづきは、またあした?

  

  麹の注文受け付けます!    2017年7月3日(月) [おすすめ商品]

  昨日青梅が入荷して、梅酒や梅シロップを作るお客さまが次々に取りに来ました。
  今年は不作と聞いてましたが、サイズはとても大きく、立派な梅です。
  
  お知らせです。風土農園の生麹の注文を受け付けます。 
  風土農園で今月麹屋さんにササシグレを持参して、麴を作ってもらう予定で、
  もし、ほしい方は、お電話でご連絡ください(*^^*)。火曜日定休。

  風土農園のササシグレで作った生麹 500g入り 840円

  締め切りは、7月8日(土)17時です。締め切り厳守でお願いします。
  出来上がりは、おそらく1週間~10日後になるでしょう。

  ササシグレは麹向きのお米で、無農薬、無化学肥料の自然栽培で育った ササニシキの
  親にあたる「ササシグレ」。このお米を、遠野で150年続くお味噌.麹屋の大徳屋
  さんに作ってもらいます。甘酒にすると甘くおいしい!塩麹や醬油麹もつくってみて。
 
 

  アシタノトビラ     2017年7月2日(日) [イベント]

  昨日は、「アシタノトビラ vol.5」の出店が無事に終わりました。
  久々のランチ出店で戦々恐々として、あれこれメニューも考えていましたが、
  結局、連日暑いので、作り慣れたネパールカレーも出すことにしました。あは。

  無難なカレーだけでなく、やっぱり何か新鮮なものをとチャレンジしたのが、
  サラダメニューで、これも「おいしい」と皆さんに好評で、よかったー(^_^;)。

           IMG_0681[1].jpg

  急いで書いたこの地味な看板。一番上のところが「出店者最高齢の、アシタも
  元気にいこ~のランチメニュー!(^^)!]なのに、反応がない?ので、一息ついたと
  ころで皆に、「ねえ、ほら、ここ見て。なんで突っ込まないのかなあ」と言って、
  はじめて気づいたと爆笑、いや苦笑していた(笑)。メニューに気を取られてたと。

  「いやいや、新田サンが一番動いてました」とくに子さんがフォローする。いや、
 もしかして気づいてても、同感してはいけないという、気づかいか。優しいなあ。

  前日の夜、「アシタ、アタシが最高齢なんだよねー」と仕込みしながらつぶやいた。
  夫「それじゃあ、オンブしていったら。キューピーがあるよ」私「あ、そうか!
  それもいいねー。私も昔はオンブして頑張ってたもんね」でも、暑いからやめた。

  ランチやるのに、絶対一人では無理。でもおいもだよりでお手伝い募集しても、 
  誰もいないしと困ってたら、みやちゃんがお店に買い物に来て、「私も出店する  
  ので、友だちをお手伝いに頼みました。隣りにしてもらって一緒にやりましょう」
  と有難いことを言ってくれて、それから安心してメニューに専念できたのでした。

         IMG_0673[1].jpg

  みやちゃんはクッキーを一人ですごい種類作ってきて、一緒に相棒のくに子さんと
  おいもの商品も並べて販売してくれて、くに子さんは最初からランチのオーダーを
  取り、食器を洗い、とにかくよく働いてくれて、どれだけ助かったことか(;^ω^)。

  一段落ついて、照れるみやちゃんとハピスコーヒーのアフォガードを食べるくに子。
  たまたま、二人ともカレーのターメリック色の服で、風水で客を呼んだのか(笑)。

  ハピスコーヒーは釜石を拠点に、盛岡のグルージャ戦にも出店しているキッチンカー。
  代表の岩鼻さんは、3.11の震災を機に故郷に戻り、フェアトレードのコーヒーを何種
  も焙煎して、ハンドドリップの技術も全国4位という腕で、おいしいコーヒーを提供。

         IMG_0676[1].jpg

  その腕前やプロ意識はとても高い上に、人間性がとてもフレンドリーでいい人。
  昨日2年ぶりに会って、アフォガードという、コーヒーゼリーとジェラートの上に
  濃いデミタスコーヒーをかけたのを注文。かぶりつきで作るのを見ていて、わーい
  初めてだ~とルンルンと手渡されて、すぐにカプッと口にしたら、う?出て来ない?

  目の前で、くに子さんが、ブッと笑ってる。よく見たら、ストローじゃなくて、
  プラスチックのスプーンの柄をパクッとくわえてすすろうとしてたの図。自分でも
  おバカかとそのままキッチンカーに振り向くと、岩鼻さんの引きつった笑いが。

  コーヒーとアイスは、コーヒーフロートのイメージだった。年齢か。あはは(^^ゞ。

         IMG_0680[1].jpg

  気持ちのいいモデルハウスと庭で、仙台のゆんた美樹子さんのシュタイナーの講座
  とママたちの出店やライブ。美樹子さんが、震災後に発行した素敵な「ゆんた暮らし」
  (600円)もあずかって、おいもで販売します。よかったら、手にとって見てください。
  
  参加者はそう多くはないけれど、子どもたちがめちゃくちゃ元気に動き回って(笑)、
  親も日常の忙しさを振り返るきっかけや、優しい気持ちになれる1日だから、また
  来年もぜひ!という素敵な仲間たちが集う「アシタノトビラ」でした。ありがとう。

  
  20歳くらい若返った日。朝は寝不足の顔で化粧で年が隠せず(>_<)だったのに、
  アホカ~!ドなドジぶりで、笑ってたら、トシはどうでもよくなったわい(笑)。



  山ぶどうワインの夕べ        2017年6月29日(木) [+ Cafe]

  7月14日(金)夜7時から9時まで、おいも初のワイン会を行います。

  題して、「山ぶどうワインの夕べ」。以前、ブログでもお知らせしましたが、
  岩手県野田村が東日本大震災で大半の家屋が被災した後に、フェアトレード
  団体のネパリ・バザーロの土屋さんが、地元の特産物の山ぶどうでワインをと
  復興支援に奔走されて、おいももサポート会員として応援しています。

  ネパリが全国からサポート会員を募集して、昨年秋に野田村初のワイナリーが
  完成し、今年4月に初出荷された山ぶどうワインがおいもにも届きました。
  野田村の山ぶどうは通常よりも糖度が高く、甘い、とてもいい品質で、それを
  シニアソムリエ(ソムリエよりもまた高いレベル)の工場長の坂下さんが、全力
  で手がけた逸品です。赤とロゼの2種を今回、試飲していただきます。

  ワインに合う料理も用意して、最初の30分を土屋春代さんをゲストに迎えて、その
  ストーリーを映像を見ながらお話してもらいます。後は、楽しくフリータイムで。

  参加費は3000円。定員12名ですが、まだお席に余裕あります。
  お酒なので、帰りの運転とか考えると難しいですよね。
  ホテルを予約して申し込みされた方もいらして、本当に頭が下がります(*´Д`)。

        ぶどうワイナリー.jpg

  アシタノトビラ          2017年6月27日(火) [イベント]

  今週の土曜日、7月1日は、奥州市のイベントに出店します。
  
  「アシタノトビラ」という、シュタイナー講座とショップ、ワークショップ、
  ライブなどを、すてきなおうちを会場に楽しく学び、出会うイベントです。

  おいものせなかは、オーガニックコットンなどの商品の販売のほか、なんと
  ランチもやります。カレー?いや、スープ?色々とメニュー考えてますよー。
  久々なので、ちょっとドキドキですが(笑)。まずは、来てみてね(^o^)/。
  ashita.jpg

  主宰のたねさんが、フェイスブックで出展者の紹介をしています。読みごたえあり!
  たね https://www.facebook.com/たね-166335123770898/

  花巻のお店は、この日夫が店番で通常営業です。よろしくお願いします。

  さて、店主は28日(水)1日不在ですが、店はやってます。
  あ、なぜか今日は画面が戻ったね、よかったあああ。

  

  なんか、ヘンな店だ?(*^^*)     2017年6月25日(日) [お店のこと]

  今日で「アジアの布と女性の手仕事展」が終わりました。うちの企画展にしては、
  来場者が少なかった方ですが、わざわざ来て下さった方は熱心に見て説明を聞いて、
  何かしら手仕事の製品を買って下さったり、本当に有難うございました。

   20年前に、「アジアの少数民族展」を行った時は、マスコミに取り上げられた
  こともあって来場者も多く、関心がとても高かったのですが、人々の関心が
  変わってきたのでしょうか。早くて効率的が当たり前になっているのか、手間の
  かかる手織り等の手仕事への関心や価値が評価されにくくなっているようです。

  神戸のAWEPはボランティアで20年以上続けてきて、できるところで応援した
  かったので、少しでも展示販売でサポートできたのではないかと、よしよし(*^^*)。


  夜ブログを更新し始めると、朝が起きれないので避けたいけれど、今日の話題を。

  常連のお客様Bさん、久々の来店。「あらー、ドライライチ?おいしいの?」
  私「実はわたし食べてないから、わからない。でも一番人気で、もう完売だよ」
  B「あ、そう」と、最後の1個を購入してから、目の前で封を切って「試食する?」
  私「え!いや、いいよ。そんなあ、お客様が買ったものを試食するなんて(笑)」
  B「ま、いいから。最後の1個だし。お、しっかりライチ」ホント、ライチだわ。

  私「クッ、クッ(笑)。この間もね、お客さんがうちで本を買って、私が会計中に、
    ふ~んとペラペラめくって見てたら、笑って『貸そうか?』って言うの。エッ?
   『1週間くらい貸してもいいよ』と言うから、ホント、いいの?ありがとうーって」

  あっははは。なんかヘンだよね。うちのお客さん優しいのに、便乗してる店主(笑)。
  Bさん「いいんだよ。こんな店で」二人で大笑いした後に、ふと手を胸元にやった。
  ガサ、ん?と胸元を開けて見たら、タグが目の前にあった。あれー、反対じゃん!

  Bさんに、ホラ!と胸元のタグを見せたら、また笑って「わかんない、大丈夫だよ」
  朝から気づかなかったけど、この服そういえば、胸元が柔らかいドレープなのに、
  今日はボートネックになってたわ。ま、いいか。またドジしたと、夫にタグ見せたら、
  「ブンちゃんは、前も後ろも平らだから、逆に着てもわかんないよなあ、ヒッヒッ」
  
  最近鏡を見ては、口角が下がって笑顔がないなと。思いきり笑えた今日はよかった。

  アジアの布展は明日まで!    2017年6月24日(土) [フェアトレード]

  先週末からの「アジアの布と女性の手仕事展」は、明日までです。
  フィリピンの手織り布や、パイナップルの葉脈の繊維を手紡ぎして手織りした、
  とても手間のかかる布地やバッグが、この値段でいいの?というお手頃価格です。

    tennji.jpg

  とりあえず、使い道はなくても、日本では手紡ぎ、手織りの布は珍しく、貴重な
  ので、3ヤード(270cm)の半分から切り売り可能ですので、ぜひどうぞ。

  屋外では、ミニガレージセール。私の昔のフェアトレードの古着なども出して
  いて、購入して下さった方が早速着て来店。よく似合ってて、うれしい(^^)。
  手づくりのバッグを買った方が、今日もまたサイズ違いを買ってくれました。

  その手づくりの布バッグを作ってくれた山形のまほちゃんは、パッチワークや裁縫が
  ものすごく上手くて、でも残念なことに昨年なくなられて、お母様が遺品の布地を
  たくさん送ってくれました。優しかった彼女らしい花柄などの素敵な布たちです。

        IMG_0637[1].jpg

  この宝の山の布地を販売して、「おいものせなか基金」(ちと仰々しいですが)の
  エコとフェアトレードの活動に寄付することに入れたいなと思っていました。でも、
  ふだん布を扱っていない私は、いくらで売っていいのか、少し戸惑っていました。

  先週一番乗りで来店したAさん、「リバティのブランドもあって、いい布ですね!」。
  詳しいので、逆にAさんがお得だなと思う言い値で買ってもらいましたが、私思わず
  「値段つけてほしいくらい(^^ゞ」。

  あれから1週間後の今日、Aさんが「布の値段つけに来ました!」とカゴに七つ道具。
  「ええー、ホント!?」「え?冗談だったんですか?ずっと、気になっていたんです」

  Aさん、早速手慣れた手つきで、一つ一つ布を測って、きれいにまとめて値段つけ。
  「あらあ、やっぱりリバティはなくなっている。いい柄からなくなってますね」

        IMG_0638[1].jpg

  おおー、無造作に山になっていた布ハギレがきれいに袋詰めされて、イキイキの
  様子が、ひとつ上の写真です。パッチワークだけでなく、子どもの服も作れます。 

  Aさん、楽しんでやってくれたようですが、本当に手伝って頂き、感謝です。

  もうすぐ1周忌‥。まほちゃんが作ったバッグと布が、皆さんのお役に立ちますように。
   

メッセージを送る