So-net無料ブログ作成
検索選択
+ Cafe ブログトップ
前の10件 | -

  「ニッポンの嘘」映画上映会報告     2017年7月20日(木) [+ Cafe]

  先日、「ニッポンの嘘~福島菊次郎90歳」の映画上映会が無事に終了しました。
  1日3回の上映で70名の入場者があり、満席にできて、心からホッとしました。
  遠くは岩泉町や奥中山から2~3時間かけて来てくれた方もいらっしゃいました。

            1映画.jpg

  実は、前日の準備で、昨年と違う新しいパソコンと映写機材の設定に四苦八苦(*_*;。
  何とかできて安心してたら、当日の朝、またすんなりいかずで、これで白髪がドッ
  と増えるんじゃないかと、ずっとハラハラドキドキのスリリングな上映会でした。

 (後で、監督さんに劇場でも映写が止まることはよくあることですと聞いて、ホ~)

  エアコンがないので、思いきって、ふだん使わない扇風機を買い、冷水サービスを
  を準備して、うちわはいかが~(笑)。公共施設を借りれば楽なのに、人手もないので
  自前でやるということはこういうこと。昨年の古布の手づくり暗幕も復活。不便で
  大変でも、楽しむようにして「隣にお店があるのがいいと思うよ」とうれしい声も。
  
  どうか神様、最後までどうかトラブルなくと、10回くらいパソコンを深々と拝んで、
  毎回上映を見守っていたので、3回も。いやあ何度観ても、素晴らしい映画でした。

           IMG_0815[1].jpg

  上映後の長谷川監督のお話も、本当によかった。もっと聞きたいと思うくらい、
  あっという間の楽しい時間でした。監督が菊次郎さんに最初にお会いした時から、
  そのチャーミングな人柄に惚れてしまったと。だから、菊次郎さんの写真は鋭く
  重いのに、映画自体はとてもあたたかい人間味にあふれていて、どこか心地よい。

           監督.jpg

  これまで12冊の写真集を出している福島菊次郎さんに、毎回1冊の頁をめくっては、
  3日くらいかけて話を聞いていく取材。菊次郎さんは鮮明に覚えていて、よく話す。
  90歳ですよ。当時(7~8年前)まだ現役で仕事をしていたから、すごい人です。

  「ペットボトルのお茶とか弁当を買っていくと怒られました(笑)」と監督。食生活を
  きちんとしないダメだ、自立しない、と菊次郎さんは生活を大事にしていました。
  一時期、無人島で自給自足の暮らしを3年間していて、楽しかったと話していたと。
  
         IMG_0830[1].jpg

  当日販売した出版物も有難いことに、ほぼ完売しました。とにかく、覚悟していた
  赤字をまぬがれて、上映も無事に3回でき、監督のトークもありで、皆さんにきっと
  喜んでもらえたことが、本当にうれしくて、最後は、涙が出そうになりました。

  小さなお店の自主上映会に、応援して下さった皆さまに感謝します。

  長谷川監督、3回もふつうではありえない、こき使ってしまい、すみません(;^ω^)。
  「いまは戦前のようだ」と、菊次郎さんがとても危惧していた、危ない時代にいて、
  菊次郎さんがいのちをかけて闘ってきたメッセージは、今後益々貴重でしょう。

  また、いつか上映会をしたい時、おいもはこき使うからイヤだ~なんて言わずに、
  今回は超多忙な中の来訪で、今度は温泉に連れていくから(笑)また来てね(*^。^*)。

          菊次郎小.jpg

  明日は、いよいよ菊次郎です    2017年7月16日(日) [+ Cafe]

  明日は、いよいよ「ニッポンの嘘~福島菊次郎90歳」の映画上映会です。

          菊次郎小.jpg
  ワイン会、梅入荷と一大イベントが続いての、魔の(^_^;)、いや激動の週末です。
  こんなの初めて。30~40代ならまだしも、倒れるよ。年を考えなさい。はい。

  数日前まで、実は申し込みがまだ定員に達しなくて、ハラハラしていました。
  が、何とか、席が埋まりそうですが、午後2時と夜の回が若干名お席あります。
  どうぞ、当日でもお越し下さい。午前の回は満席なので、ダメです。

  もう明日というのに、ぎりぎりまでしつこく言っているのは、監督さんが来て
  くれるから。こんな機会ホントないです、岩手で。菊次郎さん、すごい人です。

  昨年の「人間の戦場」を撮った同じ監督さんです。視る目が暖かいのです。
  ドキュメンタリーの制作で超多忙な中を、花巻に。映画の後のお話も楽しみに。

  今日は1日、映像の確認もしましたが、トラブルもあり、もうドキドキハラハラ
  ですが、明日は無事に上映できるように、お祈りするばかり。きっと、神様が
  守ってくれるかなんて。では、まだ準備…、目にクマ作らないようにね(*_*;。

  そうだ、先日、DAYS JAPANでも購読者の方に広報してくれました。感謝!
  その案内文が、ワタシよりもずっと素敵なので、転載します。

   福島菊次郎さんは、敗戦後、広島に入り、国家から見捨てられたひとりの
   原爆被爆中村さんとその家族を10年にわたり撮影しました。
   それ以降、被曝者を中心にABCC、兵器産業、自衛隊など日本の暗部を暴き
   国家の嘘や権力の暴走に、果敢に立ち向う姿から反骨の報道写真家ともいわれ
   ています。
   この映画は福島さんの半生とともに、写真家として見せる厳しい姿勢だけでなく
   福島さんのチャーミングな姿や愛犬ロクとの生活を垣間見ることができます。
   大変素晴らしい映画です。
   また、今回DAYS JAPANや福島さんの写真集「証言と遺言」の販売もあります。
   ぜひ機会がございましたらご参加ください。


  

  山ぶどうワイン会報告      2017年7月15日(土) [+ Cafe]

  昨夜のおいも初のワイン会、無事に、盛況にて終了し、心からホッとしました。
  
  参加者は7名で、ゲストの土屋さん、私を入れて9名のこじんまりした会ですが、
  逆に土屋さんを囲み、いろいろなお話ができて、とてもよかったと参加者の感想。
  集客に苦戦して、うちは人気ないなあと嘆いてたけど、参加の皆さん濃くて優しい!

           wainnkai 2.jpg 照明も少し暗くして

  この日は、年に一度の完熟梅の収穫・入荷が急きょ翌日になり、そのお知らせを
  ご注文のお客様に電話しまくり、合間に夜の料理の準備で、もうバタバタの1日。

  それでも、涼しい顔で(笑)、おいものワイン会に勇気ある?お客様を迎えて、
  「私はシェフでなく、シュフでーす」と笑わせて?一応次々に料理とワインと。

  あ、ワイングラスもなくて、困っていたら、お店の常連のTさんが察して「うちで
  使わないから、使って」と、素敵なグラスを提供してくれました。助かりました!
  料理出すのに慌ててて、写真を撮るの忘れてた(;^ω^)。これだけ。。。
  
           IMG_0788[1].jpg

  菊池牧場のハム、ひよこ豆のはハモス、キャベツのコールスロー、ミックスピクルス、
  トマトとバジルの冷静パスタ、山ぶどうソースのなすのマリネ、薩摩ムーチョトマト
  のカプレーゼ、カマンベールの山ぶどうソース、野田村わかめ山ぶどうドレッシング、
  パンやルーツのカンパーニュと甘夏小丸など。次々と、皆さん、びっくりしてた(笑)。

  実は、私は料理人のプロではないからと、イタリアンなどの本を何冊もめくっては、
  どうしたら皆さんが満足できるかを、ずっと考え、奮闘してました、ハハハ。結果、
  いい加減シュフの料理が予想外に(笑)好評で、「おいしい!」「これで、3000円は
  安い」と、とても喜んでもらえて、よかった。ホントにうれしいです。

  野田村初の山ぶどうワインを火付け役の土屋さんのお話と共に頂くのも贅沢ですが、
  参加者のМさんが、母の日にもらったという重厚なイタリア?ワインを皆で飲むのが
  おいしいから!と差し入れしてくれました。皆さん、本当にありがとうございます。

           ワイン会.jpg うたげの後

  グラスも揃ったことだし、年に一度ではもったいない、またやってーという声もあり、
  土屋さんが来られるついでがある時にまた秋にでも?あ、ワインがあればですが・・。
  そして、ワイングラス、集まりでなくて困ってる人いたら、お貸しできます(*^。^*)。

            ですワイン.jpg

  今日から、野田村の山ぶどうワイン「紫雫(しずく)」ロゼと赤、販売します!
  すでに、品薄で貴重で、少しだけですが、初のワイナリーの逸品を味わって下さい。
  上品ななラベルに、高級感ある黒のクッション材、ギフトバッグ付きです。
  ロゼが税込みで2500円くらいで、赤が2900円だったかな。山ぶどうはとても貴重な
  ので、この品質で決して高くないということです。生産逸話はまたいつかね(^_^;)。

  とにかくドキドキ、ハラハラの一大イベントのワイン会が無事に終わって、ひと安心。
  あー今日はのんびりする間もなく、梅の入荷で超忙しだけど、次は映画!がんばれ~。
  

  明日はワイン会       2017年7月13日(木)  [+ Cafe]

  明日はいよいよ「山ぶどうワインの夕べ」という、夜のイベントです。
  野田村初のワイナリーを支援する山ぶどうワインを試飲してもらいます。

            ワイン.jpg 

  正直、初のワインイベントに、ドキドキ。うまくできるかなあと緊張しています。
  私はワインに詳しくもないし、料理もプロではありませんが、企画しました!
  今回のねらいは、野田村の復興をかけたワイナリーの挑戦に関心をもって、味わって
  お話を聞いて、少しでも共感、応援してもらえたらということ。

  だから、ネパリ・バザーロの土屋春代さんをゲストに迎え、いろいろな背景やストー
  リーをお聞きしながら、ワインと食事もより一層おいしく感じてほしいなあと。

  ワインに合う料理ということで、メニューをあれこれ考えてきましたが、結局
  菊池牧場のソーセージやルーツのパンに、サラダやマリネ、ピクルスなど。
  お車の負担もあり、参加をされる、勇気ある皆さまには、心から感謝です。   今週は、豆腐、バナナも入荷しました!おいしいですよ。どうぞ、お早めに。     7月17日(月・祝)「ニッポンの嘘」の映画上映会、まだチケットあります!      特に、午後と夜の部はまだ余裕あり。長谷川監督がお忙しい中、駆けつけてくれます。   こんな贅沢な上映会は、めったにありませんよ。お見逃しなく!           菊次郎小.jpg            

  山ぶどうワインの夕べ        2017年6月29日(木) [+ Cafe]

  7月14日(金)夜7時から9時まで、おいも初のワイン会を行います。

  題して、「山ぶどうワインの夕べ」。以前、ブログでもお知らせしましたが、
  岩手県野田村が東日本大震災で大半の家屋が被災した後に、フェアトレード
  団体のネパリ・バザーロの土屋さんが、地元の特産物の山ぶどうでワインをと
  復興支援に奔走されて、おいももサポート会員として応援しています。

  ネパリが全国からサポート会員を募集して、昨年秋に野田村初のワイナリーが
  完成し、今年4月に初出荷された山ぶどうワインがおいもにも届きました。
  野田村の山ぶどうは通常よりも糖度が高く、甘い、とてもいい品質で、それを
  シニアソムリエ(ソムリエよりもまた高いレベル)の工場長の坂下さんが、全力
  で手がけた逸品です。赤とロゼの2種を今回、試飲していただきます。

  ワインに合う料理も用意して、最初の30分を土屋春代さんをゲストに迎えて、その
  ストーリーを映像を見ながらお話してもらいます。後は、楽しくフリータイムで。

  参加費は3000円。定員12名ですが、まだお席に余裕あります。
  お酒なので、帰りの運転とか考えると難しいですよね。
  ホテルを予約して申し込みされた方もいらして、本当に頭が下がります(*´Д`)。

        ぶどうワイナリー.jpg

  映画「ニッポンの嘘」     2017年06月22日(木) [+ Cafe]

  お知らせです。随分前から準備していた企画をやっとブログで紹介します!(^^)/

  7月17日(祝)に福島菊次郎の映画の自主上映会をやります!

  福島菊次郎を知っていますか?戦後のヒロシマでの撮影から66年間(映画撮影時)。
  報道カメラマン、ジャーナリストとして、業界で「伝説」といわれるすごい方です。
  でも、映画を観るとチャーミングな可愛いお爺ちゃん(失礼)で、いやー素敵です。

    菊次郎.jpg

  実は、私もこの映画を観るまでは、菊次郎さんの名前もあまり知りませんでした。
  一昨年、福島菊次郎さんは93歳で亡くなられ、たまたま、東京に仕事で行った時に、
  追悼上映があって、いい映画だなあと感動して、たまたまその日の上映後に監督さん
  のトークがあり、ロビーにいた監督さんに、モジモジしながらも勇気を出して声をかけ
  て、花巻でも上映したいです!と口走ってしまい、監督さん喜んで「行きますよ!」
  と言って下さったので、何としてでも実現しなくては、およびしたいなと(*^_^*)。

  昨年行う予定が、同じ監督さんの新しい作品「人間の戦場」を先に上映することに
  なり、それもとてもいい映画で好評でホッとしました。で、次はついに菊次郎です!

    菊次郎2.jpg

  今回、念願の長谷川監督をお招きして、上映後に30分ほど、お話をして頂きます。
  それも、3回上映後のすべてで、「2回じゃダメですか?同じことを話しますよ」と
  ひるむ監督に、「いえ、観客は皆さん変わります。せっかくなので皆さんに監督の
  お話を聞いてほしいので、3回お願いします!すみません、フルで働いてください!」
  と、ずうずうしくお願いしてしまいました。

  ちらしを見た方が、「え、3回も話すんですか?よくどこかの1回だけというのは
  あるけど、すごいですねー」というのを聞いて、あーそうなのか、無謀だった?
  やはり私って常識がなかったのかな、ごめんカントク!聞いた皆さんが喜ぶから。

  
  昨年の「人間の戦場」は予想外の黒字で、主役の広河隆一さんのDAYS JAPANに
  寄付できました。今回ももし黒字になったら、DAYSに寄付したいのですが、経費
  がかかるので、厳しいかなと。まずは、満席にしないと話になりません!
  広報に動いていますが、図書館とか公共の施設はチラシ設置がを難しかったり。

  DAYSファンのお客様が、友人にチラシとおいもだよりを送って宣伝してくれてます。
  皆さまの方でも、友人知人への広報・宣伝にご協力頂けたら助かるし、うれしいです。
  

  この映画は、福島菊次郎さんの撮った素晴らしい写真と彼の飄々とした、凛とした
  生き方に焦点をあてて構成されていますが、2時間があっという間で、暗くない映画。
  昨年の「人間の戦場」もそうでしたが、「観てよかった」「多くの人に観てほしい」
  という、作品です。監督さんのトークで、更に深まるかと思います。

  どうぞ、よろしくお願いします。   

  ハズレをいっぱいつかむことです   2017年4月16日(日)  [+ Cafe]

  今日は、今年初のおいものエコ・ブランチ!「ほんを読もう」でした。
  ゲストの伊藤清彦さんの講演は、昨年に続き、やはり面白かった。
  直前まで参加人数に不安はあったものの、おかげさまで21名の参加でよかったー。

         2伊藤.jpg

   伊藤さんが東京の書店をやめて、盛岡のさわや書店で働き始めたとき、書店に
  1億5千万円の借金!経費節減で本の注文に電話もfaxも使えない、注文は郵便で
  というのに、それでは間に合わないと自分の電話を使ったので、すごい電話代に。
  
   そして、出版社から届く本を並べるだけの通常の書店から、独自の手法で本を
  並べ替え、売れるようにポップを書き、眠っている良書をベストセラーにして、
  東京の大手書店を抜く売り上げを上げ、3年で借金を返済したという人なのだ。

          伊藤.jpg 花粉症でマスク

   故郷の一関に戻り、本を販売する側から、貸す側の図書館業務の仕事になり、
  本の仕事でも全く内容が違うことにびっくりし、書店と図書館の話なども色々。

   アマゾンのネット通販でヤマト運輸が大変だという話にも触れ、(ちょうど
  うちの今月の通信でも書きました)伊藤さんはアマゾンを使ったことがなく、
  本の注文は地域の書店にすると言ってました。取り寄せて受け取るときにも書店
  の店員さんと、話をするのだそうだ。さすが。そうしないと、たたでさえ厳しい、
  町の小さな書店はつぶれます。(ちなみに、伊藤さんの家には2万冊の蔵書!)

  書店や出版業界の裏までよく知っている方なので、話は多少それても面白く、
  ベストセラーや、直木賞や本屋大賞などが選ばれるからくりの話も、なるほど。

  選書のコツは?ヒントになる情報を色々と話してくれたけど、やはり近道はない?
  雑誌や新聞の書評は良し悪しで、自分が好きな書評家を選ぶこともひとつだと。

  はじめからベストセラーなどを読んでもダメです。ハズレをいっぱい掴んでいって
  こそ、面白いものにぶちあたるという言葉が、人生にもつながるようで名言です。
  
  本日、伊藤さんが持参された、おすすめの本

  「さよなら福沢諭吉」学問のススメはとんでもないということを暴く本
  「ごめんなさい、もしあなたがちょっとでも行き詰まりを感じているなら、不便を
   とり入れてみてはどうですか?」不便が幸せになるという発想
  「ふじようちえんのひみつ」上記の本で知った幼稚園が、目からウロコ
  「がんばらない」眠っていた鎌田実の本を伊藤さんがベストセラーにした
  「羅針盤の針は夢に向け」モスバーガーの創始者(大船渡出身)の物語

  「ドッグファイト」は、アマゾンと運送会社(ヤマト運輸)の闘いを小説に。
  昨年も紹介された、伊藤さんが感動してやまない「リンさんの子」は絶版。
  おすすめの絵本は?という質問に、とてもいいのが1冊思い出せず、それも絶版。

   まだまだ聞き足りないところで、2時間があっという間に過ぎ、終了。チーン。
  その後、7名の参加者で伊藤さんと一緒にお昼を食べながら、話は尽きません。
   
           3伊藤.jpg
        菊池牧場のソーセージのスープにルーツのパン、おいしい!

  ここでも、話題は多岐にわたり、楽しくて、気づいたら、もう午後3時半!( ゚Д゚)。
  伊藤さん、本当に有り難うございました。早速、ぜひ次回もという声もあります。

  今日ご参加下さった皆さま、広報にご協力頂いた皆様、有難うございました!


  


  日曜日は伊藤清彦さんです     2017年4月14日(金) [+ Cafe]

  きのうはすごい強風で、隣町では雪がふぶいてきた時もあったとか。
  本当に寒くて寒くて、いいかげんにしろっていう天候ですが、今日は暖かくなった
  ので、まあ三寒四温だと思い、許します(笑)。バラの葉っぱが芽吹いてきました!

  今日初めてのルーツのパンも、順調に売れてよかったー。あと少しだけありますよ。


  日曜日の伊藤清彦さんの講演会の情報が、先日新聞やフリーペーパーに出ました。
  よーし、これで参加が殺到したらどうしよう~!とかまえていたけど、あれー、
  さっぱり電話が鳴らなくて、ホント拍子抜け。(^_^;)

  今は、あんまり本に関心がないの本当の情報を知りたいと思わないのかな?

  知る人ぞ知る、本の業界では有名な方なので、すごく楽しみにしてる方もいます。
  まだ、空席あります。なかなか聞けない伊藤さんのお話なので、ぜひご参加を。

  終了後、伊藤さんとお昼を食べながら、お喋りします。参加予約受付けます。
  
  

  企画展始まりました      2017年3月25日(土) [+ Cafe]

  先日お知らせした、かごと布の作品展ですが、縮小版で行っています。

  やはり、かごと布を目当ての方が多かったようで、お客さまは少なめです。
  でも、師匠のほうきが5本のうち、3本もすでに売れました。人気です。
 
      企画展.jpg

  これは、夕方写したので暗めですが、実際はもっと明るくてきれい。
  なんか、これは哀愁がただ酔ってますね、あれ?
  いつもと違うカフェのディスプレイ、いいですねー。上手いなあ。

  31日(金)16時までです。28日(火)は定休日です。

  コーヒーなどとアップルパイのセットもどうぞ。
  もちろん、のぞいて見るだけでもOKですよ!


  企画展延期のお知らせ      2017年3月23日(木) [+ Cafe]

  明日からの「『暮らす』を楽しむ布とかご vol.2」の、急なお知らせです。

  本日、お二人の作家さんの搬入、ディスプレイの予定でしたが、布作家の
  中村さんのお義父さまが危篤になられて、急きょ病院に駆けつけました。

  かご作家の下天まさんと中村さんの二人の作品展のため、
  メインとなるかごと布の展示販売は延期にさせていただきます。

  ただ、この急な延期を知らずに来場して下さった方に申し訳なく思い、
  下天まさんが準備してきました小物類を会期中、展示販売します。
     
      風蔵.jpg

  クルミの皮のブローチ、イヤリング、ペンダント、髪飾り、キャンドルシェード、
  天然木のピザカッターやスプーン、師匠のほうきなどです。数量限定です。
風蔵のブログ http://stm19.blog79.fc2.com/

  規模は縮小になりましたが、カフェの一角が素敵なディスプレイされました。
  ぜひ、ご来場ください。作家さんお二人の土・日の在店は中止になります。

  チキンカレーのランチも中止です。玄米蒸しパン、アップルパイセットはOK。

  まだ未定ですが、延期の企画展の日程が決まり次第、お知らせいたします。
  どうぞ、よろしくお願いいたします。


  
前の10件 | - + Cafe ブログトップ
メッセージを送る