So-net無料ブログ作成
+ Cafe ブログトップ
前の10件 | -

  森こそ命 緑のサヘル講演会   2017年11月13日(月) [+ Cafe]

  昨日は、無事「緑のサヘル」の菅川さんの講演会を終えました。
  参加者は少なかったのですが、皆さんランチまで残り、熱心に菅川さんの
  お話や質問など、とても有意義なあたたかいイベントでした。

           IMG_1285[1].jpg

  菅川さんのお話は、私たちがアフリカへのイメージをくつがえすような、
  思い込みを崩すような刺激があります。約2時間のお話は深くて、わかりやすく、
  その中で、私が印象に残った内容を少し紹介します。

  西アフリカの子どもたちは、小さい頃から20~30キロの薪運びや水汲みなど
  家の仕事を手伝います。びっくりするのは、菅川さんは20年以上西アフリカ
  に行ってきて、一度も子どもたちがキレたり、ふてくされたりするのを見た
  ことがないと言います。自分がふてくされて仕事がいやだと言えば、家庭の中
  で自分の仕事がどれだけ重要かわかっているからだと。

  なので、地域でも目上の人やお年寄りは大事にされ、尊敬されています。
  若者が夕食後に村の長老の家に行き、話を聞かせてほしいと頼み込んで、
  真剣に経験やアドバイスを聞くというのです。すごいなあ。

  水がないから、2時間かけて女性たちが手作業で土を深く掘ったところまで
  少しずつ汲んで、泥水が洗面器一杯。菅川さんは、その貴重な水をもてなし
  で出された時に断れず、飲むけれど1週間は下痢をしたとか。

  開発支援という活動は、こちらから何ができるかではなく、現地の人たちが
  何をしてほしいかを聞いて、現地の人たちと時間をかけて一緒にやるという
  をやってきた「緑のサヘル」。本当にすごい、地道な活動です。
  
  最後に、ケニアの最大のスラム地域で孤児や虐待、ストリートチルドレンの
  子どもたちの学校マゴソ・スクールの子どもたちが、2011年の東日本大震災
  の3日後に日本へ悲しみと祈りの歌を涙しながら歌っている姿は感動的でした。
  Uチューブで見れます。ぜひ、みて下さい。「日本への祈り」
  https://www.youtube.com/watch?v=0L5W5CYkbR4

  私たちがもし逆の立場だったら、泣けるだろうか?菅川さんは言います。
  子どもたちは、つらくて悲惨な経験をしてきただけに、震災で被害を受けた
  人のつらい、悲しい気持ちが自分のことのようにわかるのだと。

     IMG_1289[1].jpg

  この歌もマゴソスクールですが、詩が深くて、考えさせられます。
  こちらもぜひ、見て下さい。
  アフリカ https://www.youtube.com/watch?v=Li-3eeJUDOc
  
     IMG_1290[1].jpg

  
  
  
nice!(0)  コメント(0) 

  森こそ命          2017年11月4日(土) [+ Cafe]

  明日の映画&講演会には、何と、青森や山形からわざわざ来られる方も!
  本当に有難い(涙)。きっと、いいイベントになります。また、小学生の
  娘さんと一緒の予約も多いのです。映画とお話もすごくいい性教育です。
  高校生以下は無料。当日券もまだお席ありますので、よかったらどうぞ。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  さて、来週の日曜日は、今度はアフリカの講演会です。
  昨年うちで行った菅川拓也さんの講演がとてもよかったので、今年もやります!
  毎年11月に、菅川さんは盛岡の小学校で講演を行っていて、お話がとても上手い。
  ぜひ、お一人でもお子さまと一緒でも、アフリカのことを学びましょう!( ^ω^ )!  

  サヘル.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

 病は自然からの贈り物       2017年10月21日(土) [+ Cafe]

  昨日は、アトピー勉強会「病は自然からの贈り物」をカフェで行いました。

  ゲストの冨田利華さんの体験を交えてのお話がすごくて、参加者はどんどん
  引き込まれたり、時には涙を流したりで、とても充実したお話会でした。

           IMG_1245[1].jpg

  今でこそ、利華さんはきれいなスッピンですてきな笑顔ですが、小学校の時、
  肌がボロボロというだけで川に突き落とされたり、陰湿なイジメは9年間続き、
  情緒不安定になり、いつも死にたいと思っていたとのことです。18歳までは
  生きようと決め、つらいイジメも母親が心配するので、言わずに耐えてました。

  社会人になってからもイジメはあり、ストレスで一ヶ月で仕事をやめ、過食症
  になり、ステロイドと精神薬を飲み続ける毎日が、28歳で急に肉も薬も全く
  受け付けなくなりました。
  そこで、合成添加物や砂糖、動物性食品を断つヴィーガン(菜食主義)の
  食生活を決意し、切り替えた途端に、体が変わったそうです。

  次第にアトピーも精神の病も改善し、心も体も浄化されて、今は本当に、
  生きるって素晴らしいと思えるようになったと。それほど食事は大事なんだと。

  参加者に、お気に入りのハーブティーのプレゼントを準備してきました。
  アトピーになる人は真面目で心が優しい人が多いんだよねと、参加者の一人。

  「巷には色々な情報が溢れているけれど、頭で食べるのでなく、自分のからだに
  聞いて食べて下さい。相手がいくらいいことを言っても、自分のことだから」

  「ネットでも買えるけれど、なるべくおいもさんで買いたいなと思ってます!」
  と、うれしいことを言ってくれて、帰りにたくさん食材を買っていきました。、
  利華さん、ありがとうございました。

  「You are what you eat. あなたの体は、あなたが食べたものでできている」
  
 
nice!(1)  コメント(0) 

  1day yoga workshop     2017年10月16日(月) [+ Cafe]

  昨日はおいもで、太陽と月のyogaの1デイ・ヨガ・ワークショップでした。
  午前は体験で、皆さんヨガに慣れてる方も多くて、カッコよかったです。

        IMG_1219[1].jpg

  私はランチの準備で、一緒に体験気分どころではなく、残念(*´▽`*)。
  あっという間の1時間半で、最後はゆっくりリラッ~クス、これが一番いいな(笑)。

        IMG_1223[1].jpg

  おいもの特別ランチとチラシに書かれたせいか、いつもよりも予約が多くて、汗。
  たかきびハンバーグの山ぶどうソース、海藻サラダの豆乳マヨ和え、タブレ、
  キャベツのコールスロー、アフガニスタンの豆スープ、色色米入り五分づき米  
 「とても、おいしかったです!」昨日の皆さん静かだったので、自分で言ってる。

         IMG_1228[1].jpg

  午後は、座学。Release~執着からの解放、手放すということを学びました。
  ハニーブッシュティーとはちすずめ菓子店のアップルパイを出しました。
  相変わらず、田村さんの座学=ヨガの哲学はパワフルで参考になります。
  「来てよかった!なんだか、モヤモヤがすっきりしました」という方も。

  なぜわざわざおいもカフェで、田村佳世さんのヨガをやるのかは、ヨガは、
  もともと哲学が先にあって、ポーズは後から。何もポーズをしなくても、
  日常の中で人を幸せにする活動の中も、十分ヨガであるという座学がいい。

  さらに、佳世さんは、おいものエコロジーやフェアトレードのポリシーは、
  「ヨガで人を幸せにしたい」という自分のポリシーと一緒だと思うと言い、
  参加者の皆さんに、おいものせなかで行う意味を伝え、素敵な商品のある
  お店をぜひのぞいてみて下さいねと、何度も宣伝してくれるのです。うう。
  
  佳世さんは、今年はまた東京の先生を招くイベントや、北上のアンダーパス
  さんの新スペースで、月に一度のクラスを持つ予定です。とにかくいつも
  ヨガが好きで、ヨガでみんなを幸せにしたいと精力的に動く、パワフルな方。
  その合間をぬっての、おいもでのワークショップ。ありがとうございました!
 

nice!(1)  コメント(0) 

  アトピー勉強会     2117年10月13日(金) [+ Cafe]

  只今おいもだより今月号を準備しています。明日には発行できると思います。
  明後日のヨガの午後の座学も、まだお申込み間に合います。
  次のイベントのお知らせです。アトピー勉強会です。

     病は自然からの贈り物 
          ~アトピーを食で完治させた!
            
                ゲストスピーカー 冨田利華さん                   
 日時   10月20日(水)  10時~12時
 会場   おいものせなか + cafe
 定員   8名
 参加費  700円  (要予約)

 富田利華さんのこと
 
 冨田利華さんは生まれつきのアトピーで、学校でいじめられ続け、幼少期から
 情緒不安定。当時の食は肉・牛乳中心で、社会人でストレスから過食症になり、
 精神安定剤を服用する生活。2014年突然動物性食品を受けつけず、薬も一切
 効かなくなり、ヴィーガン(完全菜食)を選択。合成食品添加物入りの食品の
 摂取を一切やめ、自然食に変えた途端にアトピーも精神面も調子が良くなる。
 自傷を繰り返し、毎日を生きることが苦しく辛かった日々が、毎日穏やかに
 過ごせるようになる。アトピーから教えてもらったことがたくさんあり、
 「アトピーで良かった!生きるって楽しいんだ!生きるって幸せなんだ!」と。
 自分の体験を元にマクロビオティックセラピストの資格も取得し、アトピーを
 始め、心の病で悩む方の希望になるように、食の大切さを発信している。


 お問合せ・お申込みは、おいものせなか  0198(22)7291  

nice!(0)  コメント(0) 

  いよいよヨガは今週末です     2017年10月9日(月) [+ Cafe]

  今日で秋冬展示会を終えました。ご来場下さった皆さま、本当に有難う
  ございました。FAX送信の不具合もあって、広報不足の面もあったのか、
  いつもよりも静かでしたが、いい時もあれば悪い時もで、また頑張ります。

  明日は久々の休みです(^o^)。週末に迫ったヨガ・ワークショップのランチの
  メニューを考えたり、片づけをしたり、次のイベントに向けてリフレッシュ。

  再度のお知らせになりますが、ヨガの午前の体験は満席ですが、午後の座学は
  まだ若干の残席あります。今回のテーマは執着を手放すというもので、個々の
  悩みや苦しみをヨガの哲学に、照らし合わせて解放へと導きます。たぶん(笑)。

  田村佳世さんの座学は、いつもパワフルで、元気やヒントが色々ともらえて、
  私は座学がとても楽しみです。はちすずめ菓子店のヴィーガン・アップル
  パイとハーブティーで。ぜいたく~。座学へ、ぜひご参加ください!(*^-^*)!
  ヨガ.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

 薪ストーブの火入れ       2017年10月4日(水) [+ Cafe]

  今日は、今シーズン初めて、薪ストーブを試しにつけてみました。

  この薪ストーブが昨年から煙が出たり、いやに薪を食うなあと思ってましたが、
  フロントのガラスが割れていた?か隙間ができていて、暖が逃げていたようで、
  薪を浪費したと知り、うわーそうだったのかー(*´ω`)。

  まだまだ使いたいので、ここしばらく修理していて、フロントは耐熱ガラスが
  見つかるまで、窓を鉄でふさぎました。火が正面から見えないのが残念です。

          IMG_1192[1].jpg
     勢いよく燃え始めます。薪を入れるヨコの方からしか、火が見えません。

  ストーブの温度が高くなると、クルクル金の羽が回るストーブ・アクセサリー。
  ストーブ大好き男の夫が、私に黙って勝手に購入したお気に入りのものが、
  昨年はさっぱり姿が見えず、「どうしたの?出さないの?」と聞いても、
  いや、とはっきり言わないので、あー壊したに違いない!と思っていました。

  今日やっとお目見えで、元気に回る。昨年は、温度が上がらず回らなかった
  ので、出してもしょうがないと。なんだ、はっきり言えよ~。前は、私が薪を
  くべてもブハッと煙が出るのは、やり方がヘタだとさんざん言われたけどね。

  そして、外観もきれいにピカピカになり、なんだ掃除やればできるじゃん。
  今後もピカピカ維持をお願いします。そのイキオイで車もやってほしいな。
  
  10月は、その日の寒さの様子で、ストーブつけますね。

nice!(0)  コメント(0) 

 マクロビオティック料理教室   2017年9月7日(木) [+ Cafe]

 9月24日(日)に、マクロビオティック料理教室を行います。オーサワジャパン
 協賛で、4年ぶりの開催です。前回も来られたリマ・クッキングスクールの先生、
 熱田千恵花さんが、東京から駆けつけてくれます(*^^*)。お早めにご予約下さい。
      
     マクロビ.jpg

 今回は初心者にも作りやすくて、おいしい植物たんぱくの盛り合わせです。

nice!(0)  コメント(0) 

  「ニッポンの嘘」映画上映会報告     2017年7月20日(木) [+ Cafe]

  先日、「ニッポンの嘘~福島菊次郎90歳」の映画上映会が無事に終了しました。
  1日3回の上映で70名の入場者があり、満席にできて、心からホッとしました。
  遠くは岩泉町や奥中山から2~3時間かけて来てくれた方もいらっしゃいました。

            1映画.jpg

  実は、前日の準備で、昨年と違う新しいパソコンと映写機材の設定に四苦八苦(*_*;。
  何とかできて安心してたら、当日の朝、またすんなりいかずで、これで白髪がドッ
  と増えるんじゃないかと、ずっとハラハラドキドキのスリリングな上映会でした。

 (後で、監督さんに劇場でも映写が止まることはよくあることですと聞いて、ホ~)

  エアコンがないので、思いきって、ふだん使わない扇風機を買い、冷水サービスを
  を準備して、うちわはいかが~(笑)。公共施設を借りれば楽なのに、人手もないので
  自前でやるということはこういうこと。昨年の古布の手づくり暗幕も復活。不便で
  大変でも、楽しむようにして「隣にお店があるのがいいと思うよ」とうれしい声も。
  
  どうか神様、最後までどうかトラブルなくと、10回くらいパソコンを深々と拝んで、
  毎回上映を見守っていたので、3回も。いやあ何度観ても、素晴らしい映画でした。

           IMG_0815[1].jpg

  上映後の長谷川監督のお話も、本当によかった。もっと聞きたいと思うくらい、
  あっという間の楽しい時間でした。監督が菊次郎さんに最初にお会いした時から、
  そのチャーミングな人柄に惚れてしまったと。だから、菊次郎さんの写真は鋭く
  重いのに、映画自体はとてもあたたかい人間味にあふれていて、どこか心地よい。

           監督.jpg

  これまで12冊の写真集を出している福島菊次郎さんに、毎回1冊の頁をめくっては、
  3日くらいかけて話を聞いていく取材。菊次郎さんは鮮明に覚えていて、よく話す。
  90歳ですよ。当時(7~8年前)まだ現役で仕事をしていたから、すごい人です。

  「ペットボトルのお茶とか弁当を買っていくと怒られました(笑)」と監督。食生活を
  きちんとしないダメだ、自立しない、と菊次郎さんは生活を大事にしていました。
  一時期、無人島で自給自足の暮らしを3年間していて、楽しかったと話していたと。
  
         IMG_0830[1].jpg

  当日販売した出版物も有難いことに、ほぼ完売しました。とにかく、覚悟していた
  赤字をまぬがれて、上映も無事に3回でき、監督のトークもありで、皆さんにきっと
  喜んでもらえたことが、本当にうれしくて、最後は、涙が出そうになりました。

  小さなお店の自主上映会に、応援して下さった皆さまに感謝します。

  長谷川監督、3回もふつうではありえない、こき使ってしまい、すみません(;^ω^)。
  「いまは戦前のようだ」と、菊次郎さんがとても危惧していた、危ない時代にいて、
  菊次郎さんがいのちをかけて闘ってきたメッセージは、今後益々貴重でしょう。

  また、いつか上映会をしたい時、おいもはこき使うからイヤだ~なんて言わずに、
  今回は超多忙な中の来訪で、今度は温泉に連れていくから(笑)また来てね(*^。^*)。

          菊次郎小.jpg

  明日は、いよいよ菊次郎です    2017年7月16日(日) [+ Cafe]

  明日は、いよいよ「ニッポンの嘘~福島菊次郎90歳」の映画上映会です。

          菊次郎小.jpg
  ワイン会、梅入荷と一大イベントが続いての、魔の(^_^;)、いや激動の週末です。
  こんなの初めて。30~40代ならまだしも、倒れるよ。年を考えなさい。はい。

  数日前まで、実は申し込みがまだ定員に達しなくて、ハラハラしていました。
  が、何とか、席が埋まりそうですが、午後2時と夜の回が若干名お席あります。
  どうぞ、当日でもお越し下さい。午前の回は満席なので、ダメです。

  もう明日というのに、ぎりぎりまでしつこく言っているのは、監督さんが来て
  くれるから。こんな機会ホントないです、岩手で。菊次郎さん、すごい人です。

  昨年の「人間の戦場」を撮った同じ監督さんです。視る目が暖かいのです。
  ドキュメンタリーの制作で超多忙な中を、花巻に。映画の後のお話も楽しみに。

  今日は1日、映像の確認もしましたが、トラブルもあり、もうドキドキハラハラ
  ですが、明日は無事に上映できるように、お祈りするばかり。きっと、神様が
  守ってくれるかなんて。では、まだ準備…、目にクマ作らないようにね(*_*;。

  そうだ、先日、DAYS JAPANでも購読者の方に広報してくれました。感謝!
  その案内文が、ワタシよりもずっと素敵なので、転載します。

   福島菊次郎さんは、敗戦後、広島に入り、国家から見捨てられたひとりの
   原爆被爆中村さんとその家族を10年にわたり撮影しました。
   それ以降、被曝者を中心にABCC、兵器産業、自衛隊など日本の暗部を暴き
   国家の嘘や権力の暴走に、果敢に立ち向う姿から反骨の報道写真家ともいわれ
   ています。
   この映画は福島さんの半生とともに、写真家として見せる厳しい姿勢だけでなく
   福島さんのチャーミングな姿や愛犬ロクとの生活を垣間見ることができます。
   大変素晴らしい映画です。
   また、今回DAYS JAPANや福島さんの写真集「証言と遺言」の販売もあります。
   ぜひ機会がございましたらご参加ください。


  
前の10件 | - + Cafe ブログトップ
メッセージを送る