So-net無料ブログ作成
検索選択
気になるお店 ブログトップ

  釜石のハピスコーヒー          2014年3月25日(火)  [気になるお店]

  今日は定休日でしたが、IBC岩手放送のラジオカー684が取材に来ました!

                 684.jpg

  今回は特にマスコミに広報していなかったのですが、リポーターさんがブログで見てくれて、
  わざわざ5分間の生放送のために、花巻のおいもカフェに来てくれて、布とかご展の紹介を。
  でも、風蔵の作品は手づくり限定のため、かなり少なくなってきてます。ごめんなさい。

  684は昨年末のカオリキャンドルの展示会につづいての取材です。本当に有難うございます。

  
  そして、昨日は釜石からはじめてのお客さまが見えました。

  「もっと早くに来てごあいさつしたかったのですが、ようやく来れました!」と感じの良い青年は、
  釜石で震災後にキッチンカ-でフェアトレードコーヒーを販売している岩鼻伸介さんです。

               ハピスコーヒー.jpg

  岩鼻さんの実家は、釜石の鵜住居(うのすまい)で、津波で大きな被害を受けた地区。
  実家は全壊し、東京で仕事をしていて、NGOでボランティアをしていた岩鼻さんは震災後に
  仮設住宅をまわり、おいしいコーヒーを提供してきました。

  東京ではIT関係や経営コンサルタントの安定した仕事をやめて、釜石にUターンしたのです。

  「今日はこれから東京へ行って、フェアトレードの国際シンポジウムに参加します。
   もっとフェアトレードを勉強したいので」と、誠実で一生懸命な好青年です。

  しかし、釜石で、フェアトレードのキッチンカ-で食べていくなんて、どれほど大変か・・・。
  おいもカフェに入って、「いいですねー、いつか自分もこんなカフェを」とつぶやいていました。
  
  ハピスとは、ハッピーとピースの造語で、「幸せのひとかけら」を提供したいとの想いから。
  いろんなフェアトレード団体やNGOに関わり、10種のフェアトレードコーヒーを扱います。

  がんばれ、がんばれー。いつか釜石に行って、ハピスコーヒーでコーヒー飲むからね!
  皆さんもぜひ釜石に行った時は、ハピスさんをはじめとするキッチンカ-をよろしくー。

  釜石キッチンカ- ハピスコーヒー http://k2cp.jp/happiece/

  

 ジェラ-トとフェアトレード・コーヒー         2014年1月15日(水) [気になるお店]

 今日、葛巻町のクローバー畑から、フェアトレード・コーヒーのご注文がありました。
 酪農家の女性たちが昨年夏に開店させたジェラ-トやさんです。http://clover-batake.com/

 クローバー畑は、酪農で有名な葛巻の酪農家の女性たちが1976年というと、40年近く前!
 に立ち上げたグループで、自分たちで搾乳した牛乳や地元の材料を使って、起業したのです!

 
 代表の中村さんは、以前から新聞でおいものせなかとフェアトレードのことを目にされていて、
 今回、冬期営業のコーヒーにフェアトレードのコーヒー豆を使いたいと、10月頃からご連絡を
 いただき、皆さんで試飲されて、12月からメニューに出してくれています。うれしい(#^.^#)。

 酪農を営みながら、週末はみんなで協力して、ジェラ-トのお店を運営するという、そのパワーと
 明るさに、こっちもがんばらなくてと元気をもらいます。ジェラ-トは10種類ほどあって、どれも
 おいしそうで、実際おいしい!と大好評のようで、私もいつか行って、いろいろと食べてみたい!


 葛巻町には、あの有名な水車でそば粉を挽く、森のそばやさんもあります。
 自然エネルギーに町ぐるみで取り組んでいる、先進的な自然豊かな町です。
 うちのお客さまも、冬は寒さが厳しいけれど、自然に沿った暮らしを楽しんでいます。

 葛巻町の女性たちがはじめたジェラ-ト「クローバー畑」。ぜひ行ってみてくださいね(^o^)。

 喫茶クランボン                   2013年6月21日(金) [気になるお店]

  今は、おいものせなかまつりも近くなり、工事も進行中で、なんだかせわしない毎日ですが、
  6月中旬までの3週間、定休日の火曜日に盛岡の喫茶クランボンに研修?に行ってました。

               無題1.jpg

  オーナーの高橋マサアキさんがとってもいい人で、優しいのです。焙煎コーヒー豆のおいしい
  クランボンをいつか紹介したいと思っていました。なので、忘れないうちに紹介しますね。

                無題2.jpg

  前にも紹介したように、盛岡でもう30数年やっているコーヒー豆自家焙煎の喫茶店です。
  ここのブレンドは深煎りタイプで、でも、鮮烈な主張のある味がしみ込むようで、好きです。

                無題3.jpg

  豆をひとつひとつ見て、悪い豆をピッキングする、ていねいな作業からおいしい豆が生まれます。

              無題4.jpg

  ここは、壁がギャラリーにもなって、2週間おきに作品の展示が変わります。
  アートや手づくり、エコロジーなどのイベントのチラシが、いつもいっぱい。充実してます。

                 くらんぼん.jpg

  もっと修行を積まないとダメなので、おいもまつりが終わったら、また火曜日に行きたいです。
  3回続けて、研修させていただいて、記念にマサアキさんと一緒に撮らせていただきました。
  ここの玄米カレーは絶品です。プリンやケーキもあり、セットでもとても良心的なお値段です。

  大人のカフェという感じです。皆さん、ぜひ行ってみてね。

 ルーツのパン、売り切れました         2013年3月31日(日) [気になるお店]

 今日はまた寒かったですね。雪が溶けて、車で動きやすくなったのがうれしいです。

 月に2回入荷する大迫町のドン・ボスコさんのパンが最近残ることなく売れてしまうので、ああ
 おいしいパンが食べたい!と、今朝はエイやっと石鳥谷のルーツさんまで買いに行きました。
 ルーツさんは、国産の無添加菜種油にこだわって、うちにお買物に来てくれるお客さまです。

 パンや「√s (ルーツ)」 http://www.roots88.com/

 ルーツさんは週4日の営業日なので、なかなか行けないのですが、ついでに石鳥谷図書館もと
 (けっこう本がそろっている) 出かけて、パンやの10時開店にはちょっと早いので、先に図書館へ。
 本を借りて、10時40分頃にいそいそとルーツさんに行ったら、えっーー?目を疑いました。
 
 「売り切れました」「売り切れました」の札がほとんど全部のパンのお皿に!

 「こんなこと珍しいんですよー。残ることも多いんですよ」と、店主の竹田さんは大変申し訳ながって
 いたけれど、すごいな、いくら少ししか焼いてないとはいうけれど、30分ほどで全種完売とは!!

 さすが、おいしいから固定ファンがついているんだなあと、うれしいのと、うらやましいのと、あー
 わざわざパンめがけてきたのに、電話を入れとけばよかったー、甘かった…(>_<)、くやしい。

 どのパンもしっかりとしていておいしいのですが、旬の季節のパンがまた良くて、「伊予柑の手仕事」はもうすぐ終了らしいです。早めに、たぶん予約が確実ですね。

 また、きのう盛岡からのお客さまが手打ちそばにハマっているというので、聞くと、ルーツさんの
 お父さまが、手打ちそばの講習をいつでも少人数で行なってくださるとのこと。いいな、いいな。

 今日はデジカメ忘れて、パンも結局すっからかん(笑)だったので、写真がなくて、ごめんなさい。

 お店の前が静かな公園で、素敵なお店です。隣接のご自宅のお庭が、うちの庭もお願いした
 ガーデナ-さんなので、庭が緑でいっぱいの頃も楽しみです。ぜひ、行ってみてくださいね!

 ワンデイシェフの大食堂              2012年9月18日(火) [気になるお店]

 きのう、和み農園の千秋さんが買物に来て、「明日はお休みですか?ワンデイシェフの大食堂で、わらしべさん担当のランチに、私がデザートのプリンを作るので、よかったらどうぞ」と教えてくれた。

 ここはユニークな日替わりランチで食べに行きたいけど、あまり外食しない上に、一人食は苦手で、
でも知ってる人が火曜日に当番なら、今度こそ行かなくちゃ!と、やっと行けましたー(^_^;)。

 うちのお客さんも無農薬野菜を配達してもらっている、わらしべ農園の柳谷励子さんの自家製材料を
使った夏野菜の重ね焼きがメインのランチ。さっぱりして、おいしかったよ。
 なんと、サフォーク靴下の実樹ちゃんも一人で来ていて、目の前にはうちの常連さんもいた)^o^(。

            ランチ.jpg

 デザートはコーヒーか紅茶に山地酪農牛乳と和み農園の卵を使った濃厚でトロッとおいしい、
佐藤千秋さんの手づくりプリン。こちらも贅沢な、とろけるようなおいしさ。

              ランチデザート.jpg

 ワンデイシェフの大食堂は、シェフ日替わりランチはデザートつきで800円。約20食限定。予約可。
 http://r.goope.jp/oneday-happy/top 過去のブログにも毎日のおいしそうなメニュー満載。

        スタッフ.jpg
       左から、励子さん、鎌田千花(ちか)さん、千秋さん。

 料理担当は変わっても、千花さんは食堂のチーフでいつも明るく元気に仕切ってます。千花さんいわく、「オープンして1年たって、浸透しているようでいて、実はまだ『水は来たけどメニューが来ない』とか、『頼んでいないのに、出てきた』というお客さんがいて」(笑)。ここは、日替わりランチだけよ。

 わらしべ農園はHPやブログはないのですが、うちにリーフレット置いてます。花巻・北上に配達。
 和み農園ブログhttp://nagomi2010.exblog.jp/ 野菜の宅配もやっていて「和み農園」で検索。

 この食堂の立役者はキクヤ薬局の薬剤師、武政美紀子さん。町おこし、支援、9条とすごい人です。

 尚、明日の担当はチーズやワインの修行をしてきた、素敵な佐藤さんのランチです。おいしそう!
 今月後半の献立、当番表をもらってきたので、お店に置いときます。行ってみてください。

 盛岡のおしゃれな雑貨店 ~ Baan     2012年4月28日(土)   [気になるお店]

 今日はいちにち放射能問題の最後の紹介は、雑貨店Baanです。http://www.tipi.jp/

 OODでお昼を食べた後、すぐそばに友人のお店があって、久々に寄りました。
 まず、正面の外観がとてもおしゃれなのです。マネできないなあ。

 バーン.jpg

 店主のOさんは、夫の古い友人で、2006年まで20年間カワトクの近くの菜園で、tipiという若者に人気の雑貨店をやっていました。盛岡で若者向きセンスいい雑貨店の草分け的存在です。

 tipiを閉めた翌年、若者のお店が多い桜山神社のそばで、Baan(タイ語で家)という名前で、若者+女性たちもほしくなるような雑貨店を開店しました。昭和レトロなものや、輸入雑貨、衣類などもあります。

 ba-nn 2.jpg

 私が目を止めたのは、浴衣でつくった麻柄のブラウス。すごく可愛い。でも、サイズが入らない…。
他にメイセンの着物をリフォームしたワンピースもおしゃれで、価格もお手頃です。
 
 バーン3.jpg

 この貝ボタンのアクセサリーもおちょこの針山も、さっきの服と同じ若い子が作ったということです。
 すごくセンスがいいんですね。このお店でしか、扱っていないそうです。

 バーン4.jpg

 もちろん、お店の中は、他にも、楽しい、おしゃれな雑貨でいっぱい。お店に立つ店主夫妻は、放射能の問題についても、よく調べているし、知っています。私たちも広瀬さんの講演会などの情報も話しました。年中無休。産業会館の信号を渡ってすぐ、右の正面です。
 
 明日はいよいよ、エコ・ブランチ!さっきまで、ハモス(ひよこ豆のペースト)を作ったりの準備。
 スープは明日朝の準備で、子どもも部活で早いし、がんばらなくちゃ(^O^)。

 おいしい食事とNO NUKES!~OOD      2012年4月26日(木) [気になるお店]

 今日はいちにち放射能問題、その③は、お昼を食べたカフェの紹介です。
 広瀬隆さんの講演会の後は、私が好きなカフェに夫を案内して、センスのいい内装をうちのお店の参考にしてほしいなあと下心で。そこは、今聞いてきた原発問題の話もできるし♪

 桜山神社向いの路地を入ってすぐに、木の看板を目印に2階に上がると小さなカフェがある。

 ウード4.jpg

 OOD(ウード)という、ウッディな手づくりに、センスがいい雰囲気のカフェで、そして食事もおいしい。
 テーブルもイスも古くて味があり、それぞれに個性があって、どこに座ろうか迷うほど。

 ウード1.jpg

 そして、ここのおすすめのひとつがトイレ!洗面台も木で作って隠したりと、発見がいっぱい。
 それに、洗面所のドアを開けっ放しにしているって、ふつうでは考えられない。それだけトイレに自信があるし、匂いもなく、清潔にしているってことね。うちのトイレもウッディだが匂いがするので、とても…(>_<)。

う―ド2.jpg

 今日のランチはカレーとホットサンドがあったけど、豆腐とキムチのタイ風カレーに。
 前に来た時は、ランチメニューが4種類あって、1種類だけ残ってたタイ風おじやがおいしかった。

 ウード3.jpg

 ランチなんと600円に、コーヒーをつけて+100円、スイーツをつけると+150円!スイーツの
ブラウニーがまた人気で、濃厚な味で本当においしい。あ、写真を撮る前に食べちゃった(ーー;)。

 店内には放射能問題のチラシなども置いてあり、昨秋の映画「チェルノブイリ・ハート」の上映にも協力したOODの女性お二人。そして、広瀬さんの講演会で署名活動をしていた若い女性が入ってきて、机に資料を広げてたので、声をかけて、うちのお店でも署名活動に協力することにした。上の写真の女性。
 そのIさんは全く個人で動いているようだ。小さい子をもつお母さんらしいが、しかし、一人でよくやっているな。ハチドリかあさんの会にもいつか出てみてねと、誘った。
 
                 ウード5.jpg

 店内でさりげなく飾っていたトリの手づくりマスコット(1000円)があまりにも可愛いのと、NO NUKESのメッセージがいいので、うちでも置きたいなあと言ったら、「私が作ったんです」と、カフェの祥子さん。サンプルにどうぞと言ってくれ、色柄や向き、どれにしようか迷ってたら、夫は「やっぱり左向きじゃないの。上向きも作ったら」2人はきょとん。私は「なるほどね、さすがこういうの長けてるわ」

 カフェのオーナーのお二人は、開店前においものせなかに来てくれたことを覚えている。これから、OODというカフェをやるんですと。あれから数年たち、なかなか行けなかったが、昨年ようやく行くことができて、そのいい雰囲気に感激。どことなくおしゃれでセンスがいいお二人だ。

 下北沢のような、ちょっとレトロな感じの落ち着いた雰囲気のカフェで、若い人たちに人気だ。でも、なかなか、放射能や原発問題話せる人は少ないということでした。 ぜひ、一度ランチやブラウニーを食べに行ってね。空いていたら、お店のお二人にも声をかけてみては?http://blog.livedoor.jp/ood/

 あすは、ハチドリかあさんの会が10時からあります。連日の更新~~ひえー、早く寝なくては(>_<)。
 日曜日のエコ・ブランチ、若干数まだ大丈夫です。秋田や一関など遠方からの方も参加します!



 わいんさっぷのカレー              2012年2月22日(水) [気になるお店]

 きのうも、今朝も本当に寒かった。もう2月も終わろうというのに、まだ氷点下の朝なんて。今年の寒さはまともじゃない。「冬らしいね」「もう少しだね」と寒さに耐えて春を待ちのぞむ毎日。

 2月の「せなかだより」の寒さ奮闘記が案外好評で、「面白くて、笑っちゃった」という声が続々。
 あまり好評だと、次へのプレッシャーかかるから、もう笑えるのナイよー(^.^)/~~~。

  きのうの定休日は、めずらしくお昼を外食したので、お店を紹介します。花巻のわいんさっぷです。

 住宅街の中のりんご畑にあるお店で、メニューはカレー3種だけ。牛すじとポークとオムカレー。
 このオムカレーは、ふわっと焼いたオムレツに、スリランカの本場のスパイスで作ったカレールー。

                  カレー.jpg

 なんとルーがおかわりできて700円、おいしいコーヒーやりんごのデザート付きで1000円と良心的。

 こじんまりした、明るいお店で、小さな薪ストーブで、部屋は暖かく、カレーでからだも熱くなります。
 日曜日にお店番してくれるほづみさんのお友だちのお店です。カレーがほどよい辛さでおいしい!

 ストーブ.jpg

 金曜日が定休日。週末はいっぱいになることも。花巻市文化会館近くの住宅街ですが、迷うのでちゃんと調べてから行ってね。この日のデザートはりんごのシフォンケーキ、甘すぎず、素朴でグー♪でした。

                             わいんさっぷ.jpg
                             靴を脱いであがります。静かで、リラックスできます。
気になるお店 ブログトップ
メッセージを送る