So-net無料ブログ作成
検索選択
政治・経済・社会 ブログトップ
前の10件 | 次の10件

  映画の上映会報告           2016年7月11日(月) [政治・経済・社会]

  先日の土曜日、「広河隆一 人間の戦場」の上映会が、無事に終了しました。
  ブログの更新、報告が遅くなってしまいました。(^_^;)

  心配していた入場者数も、直前の2~3日で予約がパタパタと入り、当日券の方もいらして、
  3回上映し、のべ66名の方に観て頂きました。それも、ちょうどよく人数が分かれてよかったです。
  遠くは石巻市から、県内では岩手町、西和賀町、盛岡市、平泉町など、DAYS JAPANの
  定期購読者の方たちも情報を知って、各地から来てくれました。
 
                  看板.jpg

とてもいい映画でした。どのシーンも静かに深く重く語りかけてきて、ずっと泣いてる方も。
  私もまさかの事態に…、1回目の上映後の挨拶で長谷川三郎監督のメッセージを読むとき、
  なぜか、急に泣けてしまい、一文読むたびに鼻水をズズッー(!)、いやー、自分でもびっくり。
  しかし、それが効を奏したのか、触発されたのか?皆さんアンケートをせっせと書いてくれて(笑)、
  20名中15人の方がー(^。^)y。すごい。いくつか、アンケートの感想から、ご紹介します。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  「大変考えさせられました。素晴らしいドキュメンタリーでした。穏やかな広河さんの語り口は
  何より説得力がありました。有難うございました」

  「毎日ニュースで流れる悲しい世界の現状を見ながら、自分には何もできないと、どこかでその
  現状を実感できない自分がいました。小さな子どもを持つ親として、世界中の子どもたちの
  苦しい状況を他人事とは思えませんでした。私には大きな力はないですが、まずは世界の
  現実を知り、家族や友人に伝える事ならできるのかと思いました。
  またぜひ上映して頂きたいです。このような素敵な映画を上映して下さったこと、出会えたことに
  感謝です。有難うございました!」

  「いい映画をありがとう。ここで、こういう映画を観ることができるなんて、すごいことだよ!自分が
下した決断(たとえば選挙の投票とか)が、どう世界につながっているのかに思いをはせる
  必要性を強く感じました。世界は複雑、というけれど、実はシンプル。知ろうとするかしないか。
  知ったら、どう生きるか。何を選ぶか。人間としてどういう生活を望むか、そのための一歩は何か。
  すべて自分の決断にかかっているという、シンプルなことなのだ」

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  他にも書いて頂いた感想をすべてまとめて、長谷川監督、DAYS JAPAN に送ります。
  いやー、やはりチラシや予告編だけでは、この映画の素晴らしさはわかりませんでした。
  観られた方たちが感動と感謝の意を述べてくれて、企画して、本当によかったと思いました。

              DAYS.jpg

  DAYS JAPANのバックナンバー、また選挙前日で憲法や戦争に関する本も並べて、上映後に
  手にとって見たり、販売用DAYSを買ってくれたり、だから、小さいけど、ここでやってバッチリ。

  うれしかったのは、「広河さんという方を知った驚きと感動。そして、自分も小さな事でもできること
  から発言し、行動しようという励ましを頂きました。この機会にDAYSを購読申し込みます」と、
  東日本大震災で家も職場も流されて、花巻で第二の人生を送っている方のコメントでした。
  
  さて、おいもで初のお仕事となる、セラピー犬サリーちゃんが、お出迎えに来てくれ、人気者でした。
  映画の間98分間も、飼い主の小原さんのそばでジッと大人しくしてて、びっくりえらいなあ。

                さりー.jpg

  長谷川三郎監督の初監督作品「福島菊次郎 ニッポンの嘘」もいい映画です。
  いつかまた、企画したいなあと思っています。

  今回、ご参加の皆さま、広報にご協力頂いた皆さま、本当にありがとうございました。m(__)m

               写真集.jpg

 

  明日はいよいよ上映会です       2016年7月8日(金) [政治・経済・社会]

  明日はいよいよ映画上映の日です。ついこの間まで、予約状況が今いちでハラハラでしたが、
  この2~3日で予約が入って、なんと50名に達しました。よかった。よかった。ホッとしました。
  皆さまのご協力、本当に有難うございます。

       hiro.jpg

  午後と夜の部は、まだ残席あります。どうぞ、よかったらいらして下さい。当日券になります。
  10時 13時半 19時の3回上映。ドリンクは300円で映画の前後にご注文できます。
  映画のパンフレット(600円)やDAYS JAPANの販売コーナーも準備万端です(^O^)。

            無題.jpg

  そして、明後日の参議院選挙もドキドキ。絶対に憲法9条は改憲してほしくないから、戦争や
  テロに怯える国にしたくないから、今回は野党に投票しましょう!与党2/3議席を阻止しよう!

  過去の世論調査でも、憲法9条を改憲に反対する国民が50%を超えているのに、今回の選挙
  で改憲派が勝利するだろうなんて、マスコミは世論を誘導しているのか?開票作業は実は民間
  企業が請け負ってやっている?ようで、ごまかしや操作もできるって、なんかありそう(@_@;)?

  今日映画の前売り券を買いに来られた男性は、気仙沼で被災されて花巻に来られた方で、
  お孫さんができてから政治に関心を持ち、昨年の安保法案が通った時、葬儀屋に黒い腕章を
  買いに行って、白いマジックで「憲法9条を守れ」と書いて、スパーに買い物に行く時、腕に
  つけていて、今でもやっていると聞いて、「すごい、勇気ありますね!」と、盛り上がりました。

  明日は、きっと盛会に。岩手初の上映です。ご都合のつく方は、ぜひ、どうぞお見逃しなく!

  

  私たちの1票で、社会は変わる!       2016年7月1日(金) [政治・経済・社会]

 今日から7月、アジサイが満開です。先日不在の間にモッコウバラがパッツンと断髪され(*_*;。

           無題.jpg

  来週に迫った「広河隆一 人間の戦場」の上映会。映画の宣伝に集中しなくてはと思いつつ、
  参院選の情報がいろいろと入ってくると、ああ、こっちも心配!と、忙しい1週間になりそう。
  (7月のおいもだよりもまだなんです・・・)

  
  盛岡の若者有志の「ミナセンいわて」は、多くの人に選挙に関心を持ち、足を運んでもらおうと
  SEALDsが作成した、わかりやすい「投票ガイド HOW TO VOTE」を配布活動しています。
  おいものせなかにもあります。

  憲法改正をもくろみ、安保法案を強行採決して、日本を戦争ができる国まっしぐらの安倍政権の
  暴走を止めたいと願う私は、その辺をうまく書けないので、これは読むとなるほどと思う情報を、
  偏っていますが(^_^;)すみません、他のブログで紹介します。マスコミでは伝えないことばかり。
 
  ・「クロネコの短語」7/1   「週刊女性」は10ページに「もうダマされない参議選」の特集
      ファッション誌「LEE」特集や、漫画週刊誌は日本国憲法の別冊も。
  http://kuronekonotango.cocolog-nifty.com/blog/2016/07/post-daef.html

  ・「日本がアブナイ」 ジャニーズ事務所のアイドルがSEALDsに共感の発言や「LEE」の特集  
              http://mewrun7.exblog.jp/24496466/
  
  ・「きっこのブログ」 若者は自分のために投票に行こう
              http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2016/06/post-8e43.html

  ・「晴天とら日和」  たくさんの政治ブログを網羅しています。お気に入りをみつけてね。
              http://blog.livedoor.jp/hanatora53bann/ 

  ・「反戦な家づくり」 あちこちで三宅洋平の演説が素晴らしいと聞くので、東京選挙区ですが
              若い彼のラップ調の演説の内容が40分間濃い。全文も載ってます。
              http://sensouhantai.blog25.fc2.com/blog-entry-1478.html

  ・「No Nukes 原発ゼロ」 英国のEU離脱で 日本の国民が貯めた年金基金が無くなる 
              http://no-nukes.blog.jp/archives/8615520.html   

   「憲法改正誓いの儀式」という、戦前のような怖ろしい2分位の動画をどこかで見たのですが、
   探しても、どうも削除されてるようなんです。自民党は都合悪いのでしょうね。  

   うちの都会にいる娘に選挙に行かせたい、本人もしたいと言ってるけど、実家に住民票が
   あって、離れて住む若者には、投票の手続きが面倒でできない仕組みは、ひどいよね(怒)。
   新聞でも問題になって、北海道の高校生が総務省に要望書を出したというニュースも。

            無題..jpg


  「憲法改正」って、なに?        2016年6月23日(木) [政治・経済・社会]

  今日は「沖縄慰霊の日」だったのです。今日は何の日か、よく知らなかった私です。ごめんなさい。
  沖縄には、戦争で、今でも米軍基地で多くの犠牲や負担を負わせています。私たちの安全な暮ら
  しはどこかで誰かの負担の上に成り立っているということ。いつか、沖縄の勉強会をやりたいです。

  さて、先日の東和町の講演会の内容を、箇条書きですが、簡単にお伝えします。

         安部政権の「憲法改正」って?           布施祐仁氏
  
  ①安倍改憲の「本丸」は9条

  安倍首相は集団的自衛権を行使できるようにし、日米同盟を「対等」にすることである。
 
  「軍事同盟というのは血の同盟です。日本が攻撃をされていればアメリカの若者が血を流す、
  しかしアメリカが攻撃されているときに自衛隊は血を流さない、これでイコールパートナーと
  言えるでしょうか」(安倍晋三「この国を守る決意」2004年)
  

  9条改正はアメリカの悲願であった

  アメリカは、世界戦争に際して、日本の戦力がアメリカにとって利用できるものであるから。


  日米安保とは何だったのか?

  「『日本の防衛は日米安保により米国が担っている』と考える日本人が今なお存在するが、
  在日米軍基地は日本防衛のためにあるのではなく、米国中心の世界秩序(平和)の維持
  存続のためにあり、日本はこれを協力しつつ、その全般平和(秩序)の中で、日本の主権は
  あくまで日本自身、即ち自衛隊が獲る」(2009年 冨澤暉元陸軍幕僚長)

  ・・・これだけ日本に米軍基地があり、そこに日本の血税を投入しても、日本が攻撃されたときに
  アメリカは日本を守るためでなく、世界中に仕掛けるアメリカの戦争に日本を利用したいと。


  日本企業の海外進出と国益追求に自衛隊活用も。経済界も改憲要求してきた

  「憲法9条第2項を改憲し、国益の確保や国際平和の安定のために、集団的自衛権を行使
  できることを明らかにする」(2007年 経団連)

  ・・・自衛隊の海外拠点強化と武器輸出ビジネス!?


  ②戦争法で高まる国民のリスク

  積極的平和主義の名のもとに日米同盟を地球規模に拡大・・・自衛官が中東やアフリカで「殺し殺される」戦闘を行う危険性が増大する。

  自衛官の命が危険にさらされるだけではない。現地で活動するNGOが危険に。日本に対する
  テロの可能性も高まる。


  ③参院選の最大の争点は「改憲阻止」  

  第1次安部政権の改憲策動を打ち砕いた「9条の会」
  
  2004年に発足した「9条の会」は、全国に6000以上の会ができる。
  

  国民の平和意識を掘り起こした「15年安保」

  世論調査では、憲法を「変える必要はない」が50%以上に達し、「改正すべき」は40%以下に。

                  sri2.jpg  

  いま、学びたい学生が経済的問題で奨学金を借りて、大きな借金を背負い、就職も非正規で
  十分な給料をもらえず、返済もできず自己破産など、若者の貧困が問題になっています。

  ここ数年、就職できず自衛隊に入る若者が急増しているとのことで、以前は大卒は幹部候補生
  でしたが、いまは研修生で低賃金…。若者が軍隊に入り戦争の前線に。アメリカと同じ環境に?

  
  参議院議員選挙の候補者が告示されました。参院選242議席のうち、2/3の議席を自民・公明
などの与党がとれば、憲法9条は改憲され、この国はアメリカの戦争に巻き込まれるでしょう。

  それが将来どういうことになるか。なぜ、シールズのような若者が、必死になっているのか。
  若い人たちも棄権せずに選挙に行きましょう。国益よりも国民を第一に考えてくれる政党に投票を。


  映画の前売り券が売れた日        「2016年6月20日(月) [政治・経済・社会]

  先週の火曜日の定休日は、映画「広河隆一 人間の戦場」のチラシを図書館やさくらホール
  などの公共施設に置いてもらいに、あちこち回って、ドッと疲れた休みになってしまいました。(>_<)

  明日は休もう…。長く頑張ってくれたパソコンもいよいよかなと、買い替えをどれがいいのか、
  さっぱり決まらず、知人のすすめもあって、盛岡の中古のパソコンやさんに行ってみようかなあ。

  先週の土曜日に、初めて前売り券が売れました!ちょうど3週間前。
  大体、おいもがやるイベントは、一般受けしない内容なので、集客にいつも苦戦しますが、今回は
  前回の「ザ・トュルー・コスト」と違い、さっぱり予約が入らなくて、毎日どきどきしていました。
  
  その日盛岡からはじめて来店されたカメラを首から下げたおじさまは、おでってでチラシを見たと。

  「どんなところでやるのかと思って?へー、このカフェでねー。ほほー。
   おおお、私が見たかった写真集があるじゃないか!?」
  「広河隆一は写真家の間では、みんな知っているから、写真好きの人たちが集まるところに
  チラシを置くといいよ」
  「盛岡の行きつけの写真屋さんと、写真家が集まるカフェに、チラシ持って行ってあげる」
  「この映画を、盛岡でやるのでなく、花巻でやるということに、私は感心してるんだよ」

  お店は興味ないけれど、ただ前売りを買いに来られた、そのおじさまが救世主に見えました。
  それから、その日はなぜか予約も入って、夕方の「とうわ9条の会」主催の講演会に、話も
  聞きたいし、映画のチラシもと行ったら、すでに両面コピーして配布資料に挟んでくれてました。
  ああ、ありがたやー、ありがたやー。   この夜の講演会、ジャーナリスト布施祐仁氏の「安倍政権の憲法改正って?」もよかった。   憲法9条を改正すると、どういう国になっていくのかのお話は明快で、改めて怖くなりました。                   ユウジン.jpg     布施さんは講演に飛び回ってらして、この日8時に終えて、最終で東京に戻り、翌日は北海道の   旭川で講演だそうです。(@_@) 詳しい資料を頂いたので、後日、簡単に講演の内容を   お伝えします。(と言ってて、できるかなー(^_^;)。ブログ更新に時間がかかる私なので。。)   土曜日に前売り券が売れたといっても、まだ10名くらい、、、実は最低でも50名目標なんです。   でないと、夜の街角に立たなきゃいけなくて…いや、おばさんムリでしょーなんて声も(^_^;)。   上映日まで3週間を切りました。皆さまのご支援、ご協力をどうぞよろしくお願いします。              無題.jpg      

  DAYS国際ジャーナリズム大賞     2016年6月13日(月) [政治・経済・社会]

きのう、「人間の戦場」の映画の広報も兼ねて、盛岡へ「私の自由について」上映会に行って
  きました。大学生が安保法案強行採決に、民主主義ってなんだ?国民をなめんな!と、戦争に
  反対して行動するシールズの若者の半年間を追った映画。感動で胸がつまり、涙が出ました。
  とてもいい映画です。なのに、若者の観客が少なかったのが意外で、本当に残念でした。 


  ちょうど1週間前に東京に行ってきました。フェアトレ-ドの来年春夏の展示会の仕事ですが、
  たまたまDAYS写真展2016をやっていて、ラッキーでした。DAYS今月号と先月号で掲載
  している、DAYS国際ジャーナリズム大賞の受賞作作品展です。はじめて見ました。
  DAYSイベント紹介 http://www.daysjapan.net/event-info/event201604_2.html

  会場入ってすぐの写真、難民の靴の写真に立ち止まって固まってしまいました。会場撮影は
  禁止なので、帰ってきてバックナンバーを調べて、それがこれ。でも写真展での迫力は別格。
           kutu.jpg

  世田谷区民のための施設で、三軒茶屋からすぐのところです。すごくいい写真展です。
  今週末までです。東京近郊で、行ける方はぜひ、足を運んでみてください。

  映画「広河隆一 人間の戦場」まで、1カ月を切りました。

  少し前、タイミング良く、岩手日報でも広河隆一さんが「時の人」で紹介されました。
          広河.jpg

  ここで紹介された写真集がこちらです。「新 人間の戦場」。全部モノクロです。
             広河.2.jpg

  今年最新の写真記録が「チェルノブイリと福島」。カラー。おいもで見本あり、ご予約できます。
               広河.3.jpg

  そして、7月9日の「広河隆一 人間の戦場」にどうぞいらしてください。

  「私の自由について」明日上映      2016年6月11日(土) [政治・経済・社会]

  明日は、安保法案に反対する学生たち「シールズ」の活動を半年に渡って撮り続けたドキュ
  メンタリー映画、「私の自由について」が、盛岡で上映されます。政治に興味なかった若者が、
  現政権のやり方に、「おかしいことは、おかしい」と行動する様子、彼らの奮戦ぶりは、「今の
  世の中ヘンだけど、しかたないよね」という大人たちには、刺激的で胸を打つと思います。

  主催は、盛岡の若い方たちが中心の「ミナセン(みんな選挙に行こう)いわて」です。
  午前は、公会堂で選挙に関する講演会もあるようです。
  私は映画の会場に行って、「広河隆一 人間の戦場」のチラシを配布しにいきます。
  
  ご都合がつく方は、ぜひ、この映画を観て下さい!おでってホール 13時~15時半頃
  「私の自由について」 http://www.about-my-liberty.com/


  今日は、午前中東和町のガーデン・マーケットに行って、「人間の戦場」のチラシを置いて
  もらい、苗を買い、帰りに「にっち」に寄って、「夢の庭づくり」の写真展ものぞいてきました。

   niwa.jpg

  北海道の滝の上で、14歳から行商で花の苗を売って、荒れ地をコツコツと一人で開拓して、
  60年かけて夢のような花の庭を作られた高橋武市さんの人柄と美しい庭に魅せられて
  北海道に通い続けた鎌倉在住の関戸勇さんの写真展です。

  にっちのオ-ナ-さんが偶然見つけられた素晴らしい庭を関戸さんと本で出版されて、その後
  NHKのBSで放映されてから、有名になったようで、そんなお話も聞けると面白いです。
  なんとパンやル-ツさんのブログで紹介していました!いつもていねいで感心するブログです。
  パンやル-ツ http://blog.goo.ne.jp/panya_roots



  DAYSと伊知郎と緊急事態条項     2016年3月20日(日) [政治・経済・社会]

  先日、「DAYS JAPAN」4月号が届きました。http://www.daysjapan.net/
  なんと、うれしいことに、おいものせなかがちょこっと紹介されています!(^.^)

              無題.jpg

  「岩手のDAYS応援店」というタイトルで、1頁の1/4も使って、ていねいに紹介記事を書いて
  くれて、びっくりしました。全国のたくさんのお店の中で、とても光栄なことで、本当に有難い。
  
  おいもだよりでもしつこく、「DAYS JAPAN」1月号と2月号を皆さんに読んでほしいと、1月末
  から特別に販売を始めて、2月22日には3週間で50冊販売達成。私もびっくりですが、DAYS
  もびっくり(笑)。東京の書店よりもすごいとか!?地方の小さな町の小さなエコショップがね。

  
  話は突然変わりますが、前に書いた「緊急事態条項」のことで、先週のTV「報道ステーション」で、
  古舘伊知郎がドイツに行って、ナチスの時のワイマール憲法を取材しました。彼が辞める前の
  渾身の取材で、条項の内容を知ると、怖くなります。特集で27分位、消される前に見てみて。
  http://www.dailymotion.com/video/x3ym0kc_%E5%A0%B1%E9%81%93%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-03-18-%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%AB_news

  同様に、その条項を説明した意見広告のコピーをお客さまから沢山頂いたので、あげます。
 
           無題.jpg

  「緊急事態条項」で検索するとたくさん出てくる中で、参考になる記事(毎日新聞)  
    http://mainichi.jp/articles/20160202/dde/012/010/006000c


  さて、DAYS JAPAN元編集長の広河隆一さんの写真集も届きました。素敵な装丁です。
  おいもカフェでも閲覧できますが、よかったら、貴重な保存本として、購入もお勧めします。

            無題.2.jpg

  戦争法の廃止を求める講演会と署名     2016年2月22日(月) [政治・経済・社会]

  昨日は、盛岡の県公会堂で、「戦争法の廃止を求める県民のつどい」の学習会で、
  弁護士伊藤真さんの講演会に行ってきました。

               無題2.jpg

  始めて入った公会堂の建物は古くて渋くて、その大ホールは、老若男女でいっぱい!と、
  言いたいところですが、老男女が多く、若い人が少なかったのが残念でした。でも、440人!
  開演前の30分間で、ロビーの横の机をお借りして、DAYS JAPANを並べさせて頂きました。
  主催者の皆さん、有難うございました。
  
  開演して、最初に野党の県代表の方々からのスピーチの後、伊藤真さんの講演です。
 
                無題.jpg

  ダンディな風貌に、時々ユーモアを交えながらの弁舌さわやかな伊藤さんは、難しい憲法と
  法律の違いや戦争法の解釈をわかりやすくお話してくれました。伊藤真さんは、23歳で
  司法試験に合格。真の法律家の育成を目指し、司法試験の受験指導でカリスマ講師として
  知られています。2015年11月、弁護士有志と「安保法制違憲訴訟の会」を立ち上げました。

  限られた時間の中で、濃くて深い内容に、話すスピードも速くて、ついていくのが必死でしたが、
  講演資料のおかげで助かりました。頭が切れる方ですが、とても愛のある弁護士さんです。
  講演の内容は、次号のおいもだよりで、お伝えできればと思います。絶対、紙面足りない(^_^;)。

  主催は、「戦争法の廃止を求める全国2000万人統一署名運動を推進する岩手の会」。
  2000万人という数字は、自民党の投票獲得数が1800万人で、日本の人口の15%の声が
  状況を変えることができるということです。おいものせなかでも、署名用紙を置いています。
  賛同の方は、ぜひご署名をお願いします。皆さんの方でも、どんどんコピーして広めて下さい。

 無題.jpg

  昨日は、全国のあちこちで戦争法案反対の集会やデモがあり、高校生のデモもありました。
  今度から18歳で選挙できるので、政治のことをもっと勉強して、自分で判断して投票しようと。
  フェイスブックで情報を載せました https://www.facebook.com/oimonosenaka

  ※フェイスブックは、頻繁に見れないので、お友達はあまり増やしていません。<(_ _)> 

  小さなブックカフェ、DAYSと平和       2016年2月12日(金) [政治・経済・社会]

  今日は春のような穏やかな天気でした。でも、心は穏やかならず…というのは、
  先日、タレントの今井恵理子が参院選で自民党から立候補するというニュースに、
  びっくり。耳を疑いました。沖縄出身で、聴覚障害の子どもをもつシングルマザー。

  彼女は、障害者運動にも積極的で、昨年の安保法案のときは反対を表明していたよう
  ですが、寝返るように、なぜ自民党なのか。そこは、沖縄を苦しめ、弱者に優しくない
  政治、安倍首相はシングルマザーを否定する発言もしている(両親そろってこそ家族だ)
  党なのに。(政治的)能力よりも有名人・芸能人で票を稼ごうとするのって、あさましい。
  
  
  さて、今月号のおいもだよりに書いた、DAYS JAPANのバックナンバーをカフェに並
  べました!とりあえず、2012年からコーナーに。持っていた戦争関連の本も。いいね。
  3月末に、一関図書館の副館長伊藤清彦さんのお話会があり、一応展示は3月中まで。
    
    DAYSCafe.jpg

  カフェだと入りにくいかなあ。まずお気軽に、「本を見せてくださーい」と、どうぞ入って下さい。
  もし、腰をすえて読んでみたくなったら、何かドリンクを一杯、ご注文頂けるとうれしいです。

  お店では、売切れていたDAYS1月号も再入荷しました!実は、平和特集の2月号の方が
  売れるかなと、1月号は少なめに10冊にしたら、皆さん両方一緒に買ってくれて、なんと
  10日間でなくなり、予想外の嬉しい悲鳴。皆さん、本当に有難うございます。

             DAYS.jpg

  ブログを見て、盛岡から買いに来られたお客様は、「昨年の安保法案が通った時は、体調が
  悪くなってしまったんです。でも、この問題を周りの人たちは、なかなか理解してくれないので、
  自分を非力だと感じていました。今号のおいもだよりは、私が思っていたことをわかりやすく
  書いてくれたので、ぜひ知らせたい。DAYSも回したり、おいもだよりも何部かもらえますか」と。


  今回は新たに、素敵なカラーのチラシもたくさん届きました。DAYS元編集長のフォト・ジャーナ
  リスト広河隆一氏の集大成となる貴重な写真集の案内と、裏面が定期購読の案内です。
  前回、定期購読のチラシもぜひ!と頼んだけれどなかったので、もしや急きょ作ってくれた?

    無題..jpg

  2月19日までに、この写真集を予約すると、とてもお得な価格で買えます!定期購読すると、
  DAYSの出版物が少し割引価格に。お金はこういうところに回っていくといいなあと思います。

    むだい.jpg

  何だか、まるで、DAYSの回し者か、花巻営業本部?のようですが(^_^;)。
  いま表現の自由が危ぶまれている中で、真のジャーナリズムを追求する貴重な、希有な
  この雑誌を定期購読することで支えましょう。きっとDAYSもギリギリの、年間7700円という
  お手頃価格を値上げせずに頑張っています。どうぞ、よろしくお願いいたします。

 
前の10件 | 次の10件 政治・経済・社会 ブログトップ
メッセージを送る