So-net無料ブログ作成
検索選択
イベント ブログトップ
前の10件 | -

  アシタノトビラ     2017年7月2日(日) [イベント]

  昨日は、「アシタノトビラ vol.5」の出店が無事に終わりました。
  久々のランチ出店で戦々恐々として、あれこれメニューも考えていましたが、
  結局、連日暑いので、作り慣れたネパールカレーも出すことにしました。あは。

  無難なカレーだけでなく、やっぱり何か新鮮なものをとチャレンジしたのが、
  サラダメニューで、これも「おいしい」と皆さんに好評で、よかったー(^_^;)。

           IMG_0681[1].jpg

  急いで書いたこの地味な看板。一番上のところが「出店者最高齢の、アシタも
  元気にいこ~のランチメニュー!(^^)!]なのに、反応がない?ので、一息ついたと
  ころで皆に、「ねえ、ほら、ここ見て。なんで突っ込まないのかなあ」と言って、
  はじめて気づいたと爆笑、いや苦笑していた(笑)。メニューに気を取られてたと。

  「いやいや、新田サンが一番動いてました」とくに子さんがフォローする。いや、
 もしかして気づいてても、同感してはいけないという、気づかいか。優しいなあ。

  前日の夜、「アシタ、アタシが最高齢なんだよねー」と仕込みしながらつぶやいた。
  夫「それじゃあ、オンブしていったら。キューピーがあるよ」私「あ、そうか!
  それもいいねー。私も昔はオンブして頑張ってたもんね」でも、暑いからやめた。

  ランチやるのに、絶対一人では無理。でもおいもだよりでお手伝い募集しても、 
  誰もいないしと困ってたら、みやちゃんがお店に買い物に来て、「私も出店する  
  ので、友だちをお手伝いに頼みました。隣りにしてもらって一緒にやりましょう」
  と有難いことを言ってくれて、それから安心してメニューに専念できたのでした。

         IMG_0673[1].jpg

  みやちゃんはクッキーを一人ですごい種類作ってきて、一緒に相棒のくに子さんと
  おいもの商品も並べて販売してくれて、くに子さんは最初からランチのオーダーを
  取り、食器を洗い、とにかくよく働いてくれて、どれだけ助かったことか(;^ω^)。

  一段落ついて、照れるみやちゃんとハピスコーヒーのアフォガードを食べるくに子。
  たまたま、二人ともカレーのターメリック色の服で、風水で客を呼んだのか(笑)。

  ハピスコーヒーは釜石を拠点に、盛岡のグルージャ戦にも出店しているキッチンカー。
  代表の岩鼻さんは、3.11の震災を機に故郷に戻り、フェアトレードのコーヒーを何種
  も焙煎して、ハンドドリップの技術も全国4位という腕で、おいしいコーヒーを提供。

         IMG_0676[1].jpg

  その腕前やプロ意識はとても高い上に、人間性がとてもフレンドリーでいい人。
  昨日2年ぶりに会って、アフォガードという、コーヒーゼリーとジェラートの上に
  濃いデミタスコーヒーをかけたのを注文。かぶりつきで作るのを見ていて、わーい
  初めてだ~とルンルンと手渡されて、すぐにカプッと口にしたら、う?出て来ない?

  目の前で、くに子さんが、ブッと笑ってる。よく見たら、ストローじゃなくて、
  プラスチックのスプーンの柄をパクッとくわえてすすろうとしてたの図。自分でも
  おバカかとそのままキッチンカーに振り向くと、岩鼻さんの引きつった笑いが。

  コーヒーとアイスは、コーヒーフロートのイメージだった。年齢か。あはは(^^ゞ。

         IMG_0680[1].jpg

  気持ちのいいモデルハウスと庭で、仙台のゆんた美樹子さんのシュタイナーの講座
  とママたちの出店やライブ。美樹子さんが、震災後に発行した素敵な「ゆんた暮らし」
  (600円)もあずかって、おいもで販売します。よかったら、手にとって見てください。
  
  参加者はそう多くはないけれど、子どもたちがめちゃくちゃ元気に動き回って(笑)、
  親も日常の忙しさを振り返るきっかけや、優しい気持ちになれる1日だから、また
  来年もぜひ!という素敵な仲間たちが集う「アシタノトビラ」でした。ありがとう。

  
  20歳くらい若返った日。朝は寝不足の顔で化粧で年が隠せず(>_<)だったのに、
  アホカ~!ドなドジぶりで、笑ってたら、トシはどうでもよくなったわい(笑)。



  アシタノトビラ          2017年6月27日(火) [イベント]

  今週の土曜日、7月1日は、奥州市のイベントに出店します。
  
  「アシタノトビラ」という、シュタイナー講座とショップ、ワークショップ、
  ライブなどを、すてきなおうちを会場に楽しく学び、出会うイベントです。

  おいものせなかは、オーガニックコットンなどの商品の販売のほか、なんと
  ランチもやります。カレー?いや、スープ?色々とメニュー考えてますよー。
  久々なので、ちょっとドキドキですが(笑)。まずは、来てみてね(^o^)/。
  ashita.jpg

  主宰のたねさんが、フェイスブックで出展者の紹介をしています。読みごたえあり!
  たね https://www.facebook.com/たね-166335123770898/

  花巻のお店は、この日夫が店番で通常営業です。よろしくお願いします。

  さて、店主は28日(水)1日不在ですが、店はやってます。
  あ、なぜか今日は画面が戻ったね、よかったあああ。

  

  イベントのお知らせ       2017年6月1日(木) [イベント]

  今日から6月。なんと、きのうの暑さとうって変わって、朝からどしゃぶり雨です。
  まあ、6月らしい月開けですね。今年はモッコウバラがまだ咲いてる?持ちいいな。
  今月は、ブログ更新がんばろー。ま、ムリせずに。それでは、いってみよー!(^^)!

  イベントのお知らせです。6月17日からアジアの布展も行います!が、後で詳しく。
  まず、直近のおすすめのイベントを紹介します。ぜひ、行ってみよーー(´◉◞౪◟◉)

       pora-no.jpg

  ポラーノまつり 2017 http://polanocraft.wixsite.com/otonomori
  6月3日(土)・4日(日)10時~16時 紫波ビューガーデンしばふ広場・森の広場
  たくさんのクラフト作家の出店、コンサート、ワークショップ、おいしい食べ物
  食べて、見て、聞いて、作って、盛りだくさんの楽しいイベントです!


        東和ガーデン.jpg

  ガーデン&マーケットin 東和 ~木を植えることは未来を植えること~
  http://www.towa-spa.co.jp/gardenevent2017.html
  6月10日(土)・11日(日)10時~17時(11日は16時まで)
  東和ビオガーデン(東和温泉内) 
  植物の苗、ガーデンクラフトと雑貨、農産物のマーケットに講演やワークショップ
  グロッセ・リュックさんのビオガーデンを歩き、食べたり、温泉ありで気持ちいい!

  今日はヒマだなー。お客さん来ないなあ。ヒマだから、更新も営業中にできた。
  ヒマもいいなあああ。でも、売り上げないと、やっていけないしなあ(´・ω・`)。

   

  奈良裕之さんの演奏会        2017年2月9日(木) [イベント]

  やえはた自然農園さんで、今週末に行われるイベントのお知らせです。

  「奈良裕之 サイレントセッション&演奏会」 
   2月12日(日)石鳥谷町の八重畑振興センターにて、13時から。
 
  チラシが取り込めず、詳しくはこちらのブログhttp://blog.livedoor.jp/kaorinora/

  やえはたさんのみそっこクッキーは、絶妙なおいしさでファン多く、昨日入荷!
  人気の映画「地球交響曲・第6番」に出演された奈良さんは、その筋では有名な方
  ですが、岩手ではまだまだ知られていないようで、クッキーを持ってきたかおり
  さんが、今回は参加者が少ないのを心配していました。

  毎月精力的にイベントを行っているやえはたさんは、うちと違ってすごい人のつながり
  でその集客力に、いつも感心するのですが、香里さんには色々お世話になっていて、
  今回はさすがにちょっと心配なので、日もあまりないのですが、宣伝します。

  13時から20時まで、セッション、演奏会、懇親会とどこに参加してもOKです。
  まだ空きはありますので、どうぞご参加ください。癒しと気づきがあると思います。

  講演会のお知らせ               2017年1月17日(火) [イベント]

 今週の土曜日に、おすすめの講演会があります。
  「すべての人に未来をつくる力がある~当たり前など一つもない。この奇跡を感じてほしい」

  素敵なタイトルです。おそらく、深い内容を想像してしまいます。聞きたいなあ。
  講師の鬼丸昌也さんの、私たちの生活とこども兵の関係のお話です。
  無料です。お子様連れも歓迎だそうです。ぜひ、ご参加ください。
  無題.jpg

  間違えて遅れたドジのおかげ?        2017年1月8日(日) [イベント]

  まず、お知らせです。風土農園さんが、味噌作り用にと麹の問い合わせがあり、今週末麹や
  さんにお米を持っていって、つくってもらいます。出来上がりは、来週末またはさ来週です。
  甘酒、塩麹、味噌用に、麹をほしい方がいましたら、12日(木)夕方までに、おいものせなかまでご連絡ください。麹やさんは、月末から忙しくなるため、今回の注文で、次はいつになるか
  わかりません。冷蔵庫で3週間、その後は冷凍保存できます。生麹 500g 840円。

  
  今日はアーサー・ビナ―ドの講演会に行きました。が、午前中は成人式の振袖の返却やら
  でバタバタしてるときに、夫が会場を、矢巾だと地図も調べてくれて、あれ?盛岡じゃなく、
  矢巾だっけ?あー田園ホールだったのか。出るのがギリギリになったけど、矢巾なら間に合う
  と、迷いつつ行ったら、あらー!成人式で若者わさわさ、駐車場もいっぱい、入口へ駆け込む。

  しかし、ない?聞いたら、それは都南のキャラホールだと。え~、ここじゃないんだ(>_<)。
  また地図を教えてもらって、もう完全に遅刻だ、何が矢巾だよーと、夫を恨み、自分もちゃんと
  確認しなかったのも、なんていいかげんだとあきれながら、すっとばす。
  20分遅れて、会場は満席(@_@)。補助椅子で最後尾に座る。何やら、ウラン、プルトニウム
  とか、原爆や核物質の話をしている。チラシは、宮沢賢治の話のようだったが、結局2時間半
  アメリカの核実験で被爆した漁船第五福竜丸や広島・長崎の原爆のことに終始、時折ユーモア
  まじえての講演は、ちょっと難しいところもあったけれど、なかなか聞けない面白い話だった。

  「鼻歌三丁、矢筈(やはず)の斬り」切れ味が良すぎる刀で斬られると、斬られたことに気づかない。
  私たちは、低線量の放射線に毎日斬られていることに、気付かないことと同じだと。いまだに、
  空気中に、海水に、放射能が流れ出ているのに、低線量被ばくが全生物を蝕んで、孫・ひ孫・
  やしゃごの代まで、人類が続くかどうかわからないという。アメリカ人のアーサーさんの口から、
  やしゃごという言葉が出たのには、びっくり。この人は、日本人よりも、よく知っている!?
  
  30分オーバーの講演で、シャイな私はササッと帰ろうと出たら、さわや書店が著書を色々と
  販売していた。つい、話の中に出てきた、第五福竜丸の絵本を手にとって、絵がベン・シャーン
  という素敵な絵で、数冊しかなかったのをゲットできて、ついでに慣れないサイン会にも(笑)。
  そこで、アーサーさんが、サインの人、一人一人に話しかける誠実さにも感心してしまった。

               無題.jpg

  絵本は、カフェの本棚に置きます。絵も、内容も素晴らしい本です。第五福竜丸が被爆して、
  本来ならば?アメリカ国防省に消される(撃沈される)のが、焼津港に戻ったことが、歴史的
  にもすごいこと、ありえない奇跡だというのを聞くと、この絵本がすごいんだと楽しみです。

  遅れて、最初の20分で何を話したのかが残念だったけれど、一番後ろに座ったおかげで、
  すぐに退室できて、絵本が買えたのは、ラッキーだったので、間違ったドジもよかったかも?

  では明日は臨時休業、あさっては定休日です。息子から、「お父さんに、一応少し小綺麗な
  恰好で来てもらうように、うまく誘導?お願いします。一応ね、一応」と、遠慮がちにラインあり。
  夫は、やっぱり、キャラホールも田園ホールも同じところだと思っていたようで(;一_一)。

  

  アーサー・ビナ―ドさん講演会             2016年12月28日(水) [イベント]

  おすすめの講演会のお知らせです。
  詩人、エッセイストで、社会問題にも鋭い視点で発言されている、アーサー・ビナ―ドさん。
  私の周囲では、とてもお話が面白いと評判の方で、私もぜひ聞いてみたいと思っていました。

  主催のSさんが大ファンで、賢治生誕祭の花巻講演で、直接交渉されて今回実現しました。
  
  「今回、文学、政治、平和、環境、あらゆるジャンルの方の興味にお答え頂けると、この
  講演会決めました。花巻講演では、注文の多い料理店をとおして、ネット社会の落とし穴や、
  世界的傍受のことなど、賢治文学がさらに楽しくなり、アーサーさんの読み解きに感動でした。
  そして見えてくる怖い怖い世界。ぜひ、高校生にも聞いてほしいです!」と、Sさん。

無題.jpg

  チラシ入らず、右の方は以下の内容です。
  1月8日(日) 13時~15時  盛岡市都南キャラホール 小ホール  
  参加費 500円 高校生以下は無料    保育あり

  当日も前売り料金と同じですが、席数が限られているので、前売りでお買い求めを。
  チケットはおいものせなかで扱っています。いわて生協各店舗カウンターにもあります。

  国際フェアin花巻            2016年12月2日(金) [イベント]

  明日は花巻の交流会館で行われる国際フェアに出店します。
  販売は10時半から。私は午前中いて、午後は不来方高校ののぞみちゃんにまかせて、
  お店に戻ります。のぞみちゃんは高三で、1年生のときからフェアトレードの販売イベントを
  一人で行ったりで、昨年も自らお手伝いを申し出てくれ、今年も快くお手伝いを。ありがとう!

           無題.jpg

  市の主催で、素敵な内容なのに、あまり宣伝していないようで、各国の料理も試食販売で
  美味しそう。ぜひのぞいてみて下さい!販売ブースは、うちとにっちとバックシュトューべです。
  フラダンスやいろいろなパフォーマンスもありますよ。

           無題.2.jpg

  日曜日は町分マルシェです        2016年10月27日(木) [イベント]

  今週の日曜日、10月30日は、北上の詩歌の森公園で、町分マルシェがあります。
  おいものせなかは出店のため、当日お店は休業します。

  うちの出店の隣りは、麹の風土農園さんと、ソーセージの菊池牧場さんです。(*^。^*)
  菊池牧場がイベントに出店することはほとんどないので、ぜひぜひ直接お買い求めください。
  ソーセージのスープとサンドイッチとソーセージの販売です。

  おいもは、チョコと靴下と下着と手袋とレッグウオーマーと、えーと、バナナとカレンダーかな。

  明日の金曜日は、新潟からとうふとドンボスコさんのパン、風土農園の生麹が入荷します。
  豆腐、パンは、金・土の2日間で、忘れずに買いにきてくださいね!日は休みだから。
    mati.jpg

  町分マルシェ ホームページ http://machibunmarche.com/
  フェイスブック https://www.facebook.com/pages/Machibun-Marche/669964296394789

     matibun.jpg

  アイヌの治造展と映画                2016年9月5日(月) [イベント]

  東和町のにっちで「アイヌの治造展」があり、「カムイと生きる」映画上映会がありました。
  
  映画は浦河治造(はるぞう)さんのドキュメンタリー映画で、何だかよくわからないけれど(^_^;)、
  とてもいいムードとエネルギーを感じさせるもので、会場は静かな感動が漂っていました。

 (観に来ていた人たちは皆、おいものお客さんや知ってる農家さんだったりで、びっくり(笑)
  中には、おいものブログを見て一関から来てくれた、久しぶりのお客さんも。うれしいです)

               無題.jpg2.jpg 

  そばにいるだけで癒されるような、不思議なオーラのあるはるぞうさんでした。
  はるぞうさんのことを書いた本も購入しました。はるぞうさんと自然の暮しのカラー満載で、
  素敵な本です。著者は、さとうち藍さん。なんと、にっちのオ-ナ-さんなんです!

                  無題.jpg3.jpg

  先日は夕方映画に滑り込みで、肝心の展示が見れなかったので、最終日の今日、
  やっと見に行きました。はるぞうさんにも、また会いたかったのです。
  
              無題.jpg

  アイヌ刺繍の文様は、バラのとげのように魔よけをあらわすとか。そういえば、映画会で、
  はるぞうさんがヤナギの木を削ってつくった「イナウ」という魔よけのお守りをもらいました。
  東和町のヤナギは、削りやすかったようです。何でも自分で作ってしまうはるぞうさん。
  
  アイヌのような先住民族は、世界の地域で自然と共に、自然を神と敬い、お金のいらない
  自給自足の暮らしをしてきた、素晴らしい生活の知恵と文化を持っていると思います。
  でも、その歴史は日本人(倭人)に土地を略奪され、虐殺、差別、迫害などの悲しい歴史。
  もっとアイヌの人たちの生活を知りたいと思いました。閉塞感のある現代だからこそ、かな。

  あー、うまく書けません(>_<)。にっちのブログがとてもていねいでいいのです。見て下さい!  
  にっち http://blog.goo.ne.jp/niche20140501/m/201609


  写真、すごく迷ったけれど…。こんなに、ニッコニコとうれしそうにしてるの、あまりないので(笑)。           
               a.jpg
  
  手づくり味噌の農家、ウレシパモシリ農園の淳ちゃんが、「治造さんに会いたくて、来ました!」
  偶然一緒になって、はるぞうさんを囲んで、この2人の笑顔たるや!夫とは、こうはいかない?

  今日の展示が終わる前に、ブログに書けなくて、ごめんなさい。。。。
  
前の10件 | - イベント ブログトップ
メッセージを送る