So-net無料ブログ作成
検索選択
お産関係 ブログトップ
前の10件 | -

  女性中心のマタニティケアを目指して       2016年12月22日(木) [お産関係]

  12月17日(土)、東京で「お産サポートJAPAN」の講演会・シンポジウムがありました。
        
              おsん.jpg

  「女性中心のマタニティケアの実現を目指して」というテーマで、イギリスの消費者グループ
  AIMSのリーダー、ビバリーさんの講演と奈良、北海道、大分から、専門家のシンポジウムで
  盛りだくさんの内容で、とてもよかった。が、頭が満腹状態で消化がしきれてません(^_^;)。

              おsん2.jpg

  AIMSは、完全にボランティアで運営される団体で、専従はおらず、医療の専門家もいなくて、
  収入は会費と寄付と出版物の販売です。1960年に、一人の女性が全国紙に、病院での女性
  の扱いについて手紙を書いて、全国紙がその手紙を掲載してから、たくさんの反響がありました。
  これを契機に、「妊婦への虐待防止協会」という名の会が設立され、翌年名前がAIMSと変更
  されました。…と、女性が出産時に大切に扱われず、つらい思いをしたのは、日本もイギリスも
  同じだったようで、今は変わってきているでしょうが、50年以上も活動して、すごいです。
  Association for Improvements in the Maternity Services マタニティサービス向上協会
 
              おsん3.jpg

  胎児への超音波検査の危険性について質問したら、「まだ明確なデータがないのでわからないが、
  胎児への影響がないとは思っていないし、イギリスは妊娠中4回だが、日本は14回も検査を行う
  ことにびっくりしている、いい質問を有難う」と、とてもていねいに答えてくれました。

  「お産サポートJAPAN」らしいテーマで、たくさんの参加者で盛況な会で、よかった、よかった。
  私が岩手で、「お産と地域医療を考える会」という医療消費者グループをやっていると話したら、
  AIMSの日本支部をやったら?と勧められたけれど。やる気がある若い人が出てきたらいいな。

  詳しい講演の内容については、後日、「お産と地域医療を考える会」の会報で、報告する予定です。

  AIMS のホームページ aims.org.uk たくさんの資料が読めますとのこと。翻訳サイトで読める?


  お産サポートJAPANの講演会        2016年12月14日(水) [お産関係]

  今週末に、東京でいい講演会があります。イギリスから、出産環境の改善に尽くしてきた
  市民グループのリーダーの女性が来日し、講演します。

  イギリスは、かつて産科病院を集約して、大病院に医師を集めて、管理出産が進める政策
  を行いましたが、失敗に終わりました。今ではかなりの確率で助産師主導のバースセンターで
  お産をと聞いたような覚えがあります。(間違っていたら、後で訂正します。)

  そんな、妊産婦主体の出産ができるようにしたのが、女性たちの消費者グループの活動が
  あったから。はじめ、病院側もそっぽを向いていたのが、長年かけて、だんだん彼女たちの
  活動を認め、協力するようになったようです。

  日本も産科医不足で病院が集約化されています。きっと参考になるお話しが聞けるでしょう。

   無題.jpg  

  タイトルがちょっと難しいですね、専門的で。通訳すると、こんな感じかな。
  自分が住んでいるところで、どしたら、産む女性が中心のいいお産ができるっぺ?

  お産サポートJAPAN http://www.osan-support-japan.com/

  一応、私はお産サポートの役員なので、行ってきます!
  12月17日(土)~19日(月)不在です。18日はネパリ・バザーロのサポーター交流会に。
  おいもだより、連日やっていますが(苦戦・・)、何とか出かける前には、出していきます(^_^;) 


  DVのことを話そう           2016年10月14日(金) [お産関係]

   あさっての日曜日に、おいものカフェで、「お産と地域医療を考える会」の地域医療
  おしゃべりサロンがあります。今回のテーマはDV。とても深刻な問題です。
   会員にかかわらず、この問題を真剣に考えたり、身近に感じている方はどなたでもどうぞ。
  参加される方は、事前にご連絡をお願いします。

      無題.jpg

  
   その次の23日(日)は、1day yogaワークショップです。午前は満席でキャンセル待ち。
  午後の座学は残席わずか!?お早めに。座学もとてもいいですよ。楽しみです。

      ヨガ.jpg

  お産と地域医療のサロンと梅干し         2016年8月8日(月) [お産関係]

  先日6日(土)に、「お産と地域医療を考える会」のおしゃべりサロンをカフェで行いました。

  先日のブログでも書いたように、前日にたまたま店内で聞いていた盛岡のMさんが、急きょ
  「参加しまーす」と言ってくれて、翌日もまたおいもに来てくれました。
  
  このMさん、前日はじめてお店に入った時から、「感動して前に進めない」(笑)というほど、
  おいもの雰囲気が好みに合ったようで、実は看板を見たときからウワ-と思った(@_@)と、
  本当にうれしいリアクションです。店内の商品もじっくり見てくれて、フェアトレードの服も購入
  され、早速翌日にはうちで買った服とターバンをおしゃれに着こなしてきました。

             無題.jpg2.jpg

  Mさんと私たち事務局の3人だけでしたが、話はいろいろと楽しく盛り上がり、充実した会でした。
  会員にもなってくれて、今後の活動も一緒にやれるので、若い力(笑)よかった、うれしいです。
  

  きのうから、梅干しの土用干しを始めました。ピーカンのお天気で、バッチリいい梅干しになります!
  今年は24キロ漬けたので、干すのもひと仕事ですが、干してピンク色、ぷにゅぷにゅがカワイイ。

                  無題.jpg
  

  お産と地域医療を考える会          2016年6月19日(日) [お産関係]

  今日、「お産と地域医療を考える会」の総会・学習会が無事に終わりました。
  
  出席者は少なかったのですが、総会の議案事項も了承され、奥津恵里医師の学習会も
  好評のうちに終了し、ホッとしています。今日の詳しい報告は、これから編集する会報で。

                 おくつ.jpg

  「お産と地域医療を考える会」は、2004年、県内の相次ぐ産科閉鎖に危機感をもった有志が
  活動を始めました。年会費1000円ですぐに70名余りの会員が集まり、講演会や医療勉強会
  に行政要望など精力的な活動を続け、その後産科医不足が全国的な社会問題になった時に、
  お産と地域医療の市民活動は全国的にも珍しく、先駆的な活動を行いました。

  2014年に創設満10年の節目で、創設メンバーや会員の退会が相次ぐ中で、まだまだ県内の
  お産環境は解決していないと、私と小野寺の2人が事務局に残り、現在34名の県内外の会員
  に支えられて、大きなことはできないけれど、ゆっくりペースでなんとか活動を続けています。

  今年はまた、映画の上映会や講演会・学習会など、楽しくタメになるイベントを行います!


  産科医不足が改善されないのは、医師の過酷な労働環境など様々な原因はありますが、
  産む女性の側も、医師まかせのお産や産む力が衰えてきていることも大きな原因です。

  現代の食生活や暮らしのあり方を見直して、自分の産む力で、安心して満足できるお産が
  できるように、それがその後の子育てにもスムーズにつながることを伝えていきたいです。
  一応お産の問題、活動歴は長い私なので、何かありましたら、気軽に声をかけてください。

  また、皆さんの疑問、不安、要望などを聞いて、医療者や行政に伝えていきたいと思います。

  6月25日(土)は、私は不在です。「お産サポートJAPAN」の総会・講演会に参加のためです。
  講演会はどなたでも参加可能です。→http://osanjapan.wix.com/osanjapan

          無題.jpg

  少し専門的で、難しそう(^_^;)。この団体は国へ政策提言を目的とし、医師・助産師・大学教員
  などの会員が多く、私のようなふつうの母親はまず珍しい?のですが、一応役員になっています。
  実際岩手などお産環境が厳しい地方での活動はゆるくないのですが、想いを同じくする仲間
  から行政への政策提言などのアドバイスなどを頂いたり、勉強や刺激になることも多いのです。

  6月26日(日)、27日(月)も店主不在で、失礼します。お店は、夫が通常通り営業します。 

  

  ストレスを心の3層構造から考える     2016年6月15日(水) [お産関係]

  来る 6月19日(日)に、私が関わっているお産と地域医療を考える会の公開学習会が
  あります。 毎日ストレスや体調不良を抱える方には、興味深い学習会だと思います。

  講師は、花巻病院婦人科・女性外来の非常勤医師、奥津恵里さんです。
  お産と地域医療を考える会の総会後の公開学習会ですが、どなたでも参加できます。

  奥津さんは、ご自身の病気の経験から、玄米菜食と言っていいのか、ローフードかな、
  お話していると、江戸時代の暮らしを思わせるような、ちょっと変わったお医者さんです。
  西洋医学は対症療法が主ですが、奥津さんは、症状の原因やからだ全体を診ます。

  今回は、からだの不調はどこから来るのか、オリジナルの視点でお話して頂きます。


    6月19日(日)10時半~12時 
    
    花巻 まなび学園 2階第2和室
 
    参加費 500円 
   
    「ストレスを心の3層構造から考えてみる」

    講師 水沢病院産婦人科・総合花巻病院婦人科非常勤医師 奥津恵里氏

    講師からのメッセージ

    最近は、様々なカンセリングや、自己啓発が、身近になりました。
    今回、お話するのは、ストレスから来る心身症について、理解する方法です。

    なぜ心の葛藤が起きるのか・・・
    私たちは、うまくいかないとき、どうして体調が悪くなるのだろう・・・

    「心の3層構造」とは、私の独自の考えかたです。
    私たちは、自らの心そのものを見つめることが、できるのでしょうか?
    新たな視点を、お話したいと思います。



  

  お産環境の勉強会              2015年12月5日(土) [お産関係]

  きのうは今年初の雪で、夕方までドスドスと降っていましたが、今日は溶けてホッとしました。
  いよいよ冬本番。雪は例年より遅く、これからがバレンタインの頃まで、寒さとの闘いですね。

  さて今日は、先日お知らせしました、「お産と地域医療を考える会」のサロンがありました。
  テーマは、移転新築が発表された総合花巻病院に、院内助産システムについて、花巻市議会
  議員の高橋修さんを招いての勉強会でした。

                  無題.jpg

  参加者は総勢8名で、集中して話を聞き、意見を交わし、とても濃い会で、あっという間の
  2時間で、写真を撮り忘れるほど。いつもですが、知らないことも多く、勉強になります。
 

  現在2つの産科施設がある花巻市ですが、医師の疲弊や高齢化に伴い、いつまた危機的
  状況になるかもということで、今産科がない花巻病院に助産所設置に希望が見えます。

  しかし、それには産科医師の常駐や熟練の助産師の確保などの課題はあります。
  また、院内助産や助産所でのお産自体を知らない行政、医療者、市民がまだ多いということ。

  産科医不足だから、助産師の活用を!は、医師不足で会の活動をスタートさせてから、ずっと
  行政や医療局に訴えてきたことですが、だんだん改善されず、活動も下火になってきました。

  「今、ここで実現させないと、今後チャンスはもうない」と高橋議員が言われるように、もう一度
  なぜお産環境の充実が大事か、なぜ院内助産が必要なのかなど、医療者、行政、市民が
  協働していい形で実現できるように、今後も講演会や勉強会などをやっていきます。

  花巻市への要望書も提出して、当局との話し合いの場をもちたいと考えています。同時に、
  お産ははるか昔になった私たちは、高齢者の健康や医療のことも、考えていきたいですね。
  以前ほど若くないので、無理せずできる範囲で。変わらないと嘆く前に、まず知る、そして動く。

  

  安心して出産できる環境へ         2015年12月2日(水) [お産関係]

  今週の土曜日に、「お産と地域医療を考える会」のおしゃべりサロンを行います。

  花巻で唯一の総合病院、総合花巻病院から産科が消えて久しいのですが、新たな移転
  新築で、院内助産ができるようにしたいと働きかけてきた市議さんのお話です。

        お産と地域医療を考える会.jpg

  かつて、10万人の人口で産科医がたった一人という危機的状況になった花巻市。
  いつまた危機的状況になるかもと、安心して出産できる地域にしたいと市議になられた方です。

  行政や医療関係者に精力的に会ってこられたお話から、私たちの地域の現状が見えてきます。
  産む側からの不安や改善の声も、市議さんにどんどん伝えるチャンスです。勉強にもなります。
  
  どうぞ、市外の方でも、年齢も関係なく、お気軽にどなたでもご参加できます。
  あたたかい飲み物とおやつをご用意します。

  クラゲに学ぶ生き様               2015年8月24日(月) [お産関係]

  すっかり、あの猛暑はどこへやらで、朝晩は涼しく、秋の風が吹いています。
  過ごしやすくなりましたが、夏の疲れが出ているのではないでしょうか。

  22日(土)は、カフェで「お産と地域医療を考える会」主催の医療勉強会を行いました。
  7月のおいものせなかだよりでも紹介しました、奥津恵里産婦人科医のお話のサロンです。
  遠くは二戸からの参加者も含め、12名の熱心な参加者の皆さんです。

            無題.jpg

  
  なぜ天気が悪いと、体調も悪くなるのか。
  クラゲのシンプルな生き方に学ぶ。
  リンパ節がうまく働いていることが健康な状態。
  むやみに薬で痛みを止めるのでなく、安静が大事。
  温める場所は、おなかもだけど、膝の下も大事。
  
  食生活の重要性。
  自前の乳酸菌をみんな持っている。
  麹菌は日本の国菌である。

  自分の病気の歴史をふりかえること。
  病気を治していくプロセスが大事。

  
  どこか哲学的な奥津先生。とても、私たちがなぜ病気になるのかを考えさせられるヒントを
  与えてくれました。断定的な物言いではなく、たくさんの引き出しを持ってられると思う奥津
  先生ですが、聞けば聞くほど、面白い味がでるような方で、もっと聞きたいと思わせます。

  「面白かった」「疑問に思っていたことが腑に落ちた」「開業してほしい」と、好評でした。

  お話の出だしの部分が、クラゲのふにゃふにゃしたシンプルな生き様に学ぶ!?
  病気をするとシンプルな生き方に戻る。
  そうか、病気になったら、クラゲになろう(笑) 

   う、病気の方には、笑いごとじゃないか・・・ごめん  

  映画上映会、無事終わりました      2015年7月12日(日)       [お産関係]

           無題.jpg

  「うまれる ずっと、いっしょ。」 とても、いい映画でした。感動しました。

  3組の家族のかたちをていねいに、時間をかけて追いかけて作られたドキュメンタリーです。
  
  前作は、うまれるいのちがテーマでしたが、今回は家族のきずな、愛情というもので、
  アンケートのコメントにも、今すぐ家族に会って、抱きしめたいというコメントがありました。

  困難な状況でもがんばっている、愛情豊かな、理想の家族のようですが、そこには、やはり
  いい親子関係でいたいと、努力している姿が、観る側に迫ってきます。

  「とても良かった」「中・高校生にも見せたい」「とても感動しました」という声が多くありました。
  前作「うまれる」を観たくなったという声も多くびっくり。当会で4年前に上映会をやりましたが、
  それでは、またやりたくなるじゃないですか。

  何とか、赤字を出さずに済みそうです。スタッフ2人でよくがんばりました。(^_^;)
  みなさんのご協力、本当に有難うございました。また、これからもよろしくお願いします。
前の10件 | - お産関係 ブログトップ
メッセージを送る