So-net無料ブログ作成

 薪ストーブの火入れ       2017年10月4日(水) [+ Cafe]

  今日は、今シーズン初めて、薪ストーブを試しにつけてみました。

  この薪ストーブが昨年から煙が出たり、いやに薪を食うなあと思ってましたが、
  フロントのガラスが割れていた?か隙間ができていて、暖が逃げていたようで、
  薪を浪費したと知り、うわーそうだったのかー(*´ω`)。

  まだまだ使いたいので、ここしばらく修理していて、フロントは耐熱ガラスが
  見つかるまで、窓を鉄でふさぎました。火が正面から見えないのが残念です。

          IMG_1192[1].jpg
     勢いよく燃え始めます。薪を入れるヨコの方からしか、火が見えません。

  ストーブの温度が高くなると、クルクル金の羽が回るストーブ・アクセサリー。
  ストーブ大好き男の夫が、私に黙って勝手に購入したお気に入りのものが、
  昨年はさっぱり姿が見えず、「どうしたの?出さないの?」と聞いても、
  いや、とはっきり言わないので、あー壊したに違いない!と思っていました。

  今日やっとお目見えで、元気に回る。昨年は、温度が上がらず回らなかった
  ので、出してもしょうがないと。なんだ、はっきり言えよ~。前は、私が薪を
  くべてもブハッと煙が出るのは、やり方がヘタだとさんざん言われたけどね。

  そして、外観もきれいにピカピカになり、なんだ掃除やればできるじゃん。
  今後もピカピカ維持をお願いします。そのイキオイで車もやってほしいな。
  
  10月は、その日の寒さの様子で、ストーブつけますね。

nice!(0)  コメント(0) 
メッセージを送る