So-net無料ブログ作成
検索選択

  「女」という「性」を生きる     2017年6月4日(日) [お産関係]

  今日は、お産と地域医療を考える会の総会・講演会でした。30分あれば大丈夫と、
  会場の準備に行ってみたら、机とイスが置いてなくて、物置から出すところから
  で想定外!?大慌てで、机とイス、張り紙、受付と資料、お茶、パソコンなどを
  ガーとやってたら、総会開始の10時を過ぎてしまい、うわっ総会の時間がない!

  総会はじめます!えー、開会の挨拶はー、おわり!議長は○○さん、よろしく!
  活動報告~、収支報告~、承認OKですね!活動予定~、活動予算~、いいですね!

  几帳面な人がはたで見てたら、すごいいいかげんな総会だが、少人数の会員さんは
  ニコニコとあたたかく見守ってくれて、なんと10分程度で終わらせてしまった(笑)。
  会員の皆さん、私と小野寺の2人を信用してくださって有難うございます(@^^)/~。
  
  10時半前から、講演を聞きに来た方が集まってきて、まず温かい紅茶か三年番茶を。
  なんと小野寺は豆乳プリンを作ってきてくれて、500円でこの待遇!?に嬉しそう。
  えー、前置きが長くなりましたが、21名の参加者で、講演がはじまりはじまり~。

          1講演.jpg

  福島裕子さんは、しっかり配布資料も準備してくれて、助産師が出産の介助だけで
  なく、女性の人生を通しての相談役であることや、女性のからだのしくみをわかり
  やすく話され、最後に更年期と更年期障害について、終始ユーモアを交えての講演。

  1時間半の予定が、丸々2時間も飽きさせずに上手い、ただ質疑の時間がなく残念!
  アンケートの声も「もっと若い方に聞かせたい」「多くの方に聞いてほしい内容」。
  
         3講演.jpg
           女性の健康手帳などのプレゼントも

  終了後にスタッフとお昼を食べながら、とても気さくなので、色々な話で盛り上がり、
  アハハ、アハハと笑った後は、またマジメな話に戻ったりで、とても楽しかった~。

  岩手は今医師不足だけでなく、助産師不足も問題になっているとかで、少ない助産師
  でさえ、他科に配置されたりで、お産がとれない…。どこから改善していったらいい
  のか、私たち市民の活動が何をやったら、解決への一助になるのか、うーむ。
  そして、あらためて、岩手は変革になかなか動かないのだということがわかった。。

  自分たちで考えても視野が狭く、やはり医療の専門家から色々聞くことも必要だわ。
  特に福島さんは、大学教授というのにえらそうじゃないし、頭でっかちじゃなく、
  本当に私たち目線で優しいんだよね。10数年前に出会ってから、それは変わらない。

           2講演.jpg
 
   おしゃれで、素敵な福島さん、またお話を聞かせてくださいね。
   まずは、一大イベントがひとつ無事に終わって、よかった、よかった。
   参加してくれた皆さま、ありがとうございました!


  
メッセージを送る