So-net無料ブログ作成

 四十九日にずり落ちた  2018年5月11日(金) [がんと闘いたくない癌闘病記]

 今日は四十九日。葬儀の時に、100か日までお経をあげてもらったからというので、法要はしないけれど、お団子とお花くらいはあげようか。もう、あっちに行くのかなあ。

        IMG_2223[1].jpg

 今日は朝から忙しかった。車の燃料を入れて、パッケージやさんに寄って、コンビニで電気料金を払って、花屋に寄って、ヨーカドーでお団子とカフェの牛乳を買って。えっと5ヵ所も、10時の開店までに間に合うかなあ。今まで、コージさんにやってもらってたから。


 ガソリンスタンドに車を入れたら、「軽油ですか?」「いえ」「逆ですよ」どっちに車の給油口があるかもわかっていない。鍵を渡そうとすれば、「そこを引けばいいですよ」。「あの、満タンでいくらくらいですか?」と、不安そうに財布の札を数えると、店員さんは「5000円で止めておきますか?」と優しい。まだ慣れない。この年で給油初心者。

 無事に給油も終え、次の用足ししているうちに時間がなくなる。花屋はパス、団子もパスしてもいいが、チャイ用の牛乳は、これまで注文があってから買いに走るというネパール的コージがいないから、これは外せない。

 ヨーカドーの北側駐車場に停めて、急ぎ足で入口の自動ドアを入ろうとしたら、足が開かない。「え?」同時にはいていたキュロットスカートが足元にずり落ちた。な、なにー!?

 見たら、股のチャックが全開していた。そういえば、出がけにトイレで上のボタンはいいやと急いでた。じゃあ、車から入口まで歩く間に、少しずつずり落ちてたということか?

 幸い前には誰もいない、すぐ後ろを振り返った。いない、よかったぁ。今日は上が白いブラウスに黒いキュロット。黒いタイツをはいてたが、黒いお尻丸見えだ。
 もし後ろに人がいたら、びっくりしただろうな。前で意気揚々と歩いていたのに、ドアの前で急にスカートずり落ちたオンナ。いや、オバサン。


 なんでまた四十九日に、こんな貴重な初体験を?コージのしわざか?いつもバタバタと時間ギリギリに動いているから、余裕をもってやれ、気をつけろということだろう。


 思い出した。前に、新幹線の新花巻駅まで送ってもらい、時間ギリギリで怒られながら、車から降りて走りだして数歩でつまづいて前のめりに派手に転んだのに、コージは駆け寄って来ない。起き上がりにチラッと見たら、車のそばであきれたような顔でこっちを見てるだけ。ホラみたことかと言わんばかりに。「大丈夫か!」くらい、声をかけないのか、こんな冷たい男だったのか、うわーんと泣きそうになって改札までダッシュして行ったのを。


  「口で言ってもわからないやつには、転んで痛い思いか、パンツずり落とさないとわからないな」  コージ
 

 午後、お客さんが娘さんと共に来て、ピチピチの生足のかわいい娘さんからお花をいただいた。「今日四十九日なのに、お花買えなかったから、うれしい」と言ったら、何というタイミング!と二人で喜んでくれた。よかった、よかった。

          IMG_2221[1].jpg

 今晩は、祭壇の酒と肴をつまみながらブログを書いてて、ローソクが燃え尽きた。
 まだこの辺をウロウロしてほしかったけど…、無事に天国に旅立ってね。

 
 
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る