So-net無料ブログ作成
検索選択

  風の電話とハピスコーヒー    2017年9月12日(火) [東日本大震災]

  また、しばらく更新できず、すみません(*_*;。いろいろ、思うトコロあり。。

  ちょうど1週間前に、中学時代の同級生がブログを見て、私のお店に来たい
  とわざわざ新潟から4人で初めて花巻へ。何十年ぶりかの再会でお互いに皆
  おばちゃんになってますが、面影はそのままですぐに昔に戻りました(^_^;)。

  皆ニュースだけで聞いてて、忘れたくないので、被災地に行きたいというので、
  大槌、釜石に連れていきました。その気持ちがうれしいと思い、私もしばらく
  行ってなくて、短時間でどこに連れていっていいものかと知人に相談したら、
  「風の電話」は?と勧められ、事前に連絡して、勉強もして行きました。

  佐々木格さんご夫妻が個人でやっていられる、本当に素晴らしいガーデン。
  その中にひっそりとある電話ボックス。何か、空気がちがっていました。
  佐々木さんはお忙しそうで、お話は伺えなかったのですが、奥様から少し、
  絵本のある素敵な手づくりの「森の図書館」で、お話を伺いました。

  震災後にとても有名になった「風の電話」ですが、報道が一人歩きして、
  佐々木さんの本意が伝わらなかったりで、6年たった今、本を書かれました。

     風の電話.jpg

  ガーデンの写真撮影禁止だったのと、もっと「風の電話」を知りたいと思い、
  本とCDを買ってきました。CDは大久保正人さんが佐々木さんの詩を作曲し、
  さちさんが透明な声で歌っています。ジャケットの写真はなんと藤原新也さん。

  本の内容もまた本当に素晴らしい。私は、時間もなくてどこか消化不良で帰った
  ことが残念でいましたが、本を読んで納得しました。そうだったのかと。
 
  「風の電話」で、しまっていた悲しみやつらさを話すことで、元気になって
  帰る人も多いと聞きました。本もCDもぜひ手にとってみてください。

     大槌.jpg

  震災から1か月後に来た時はガレキの山だったのが、今は撤去されて平地に
  なっているけど、何もない。工事が延々と続く。もう6年も経つというのに。

  釜石駅前の鈴子広場でキッチンカーで営業していたハピス・コーヒーへ。
  みんな揃ってアフォガードの注文(^^)。コーヒーゼリーとジェラート、うまい!

      IMG_1025[1].jpg

  岩鼻さんは、実家が津波で全壊して、東京での経営コンサルタントの仕事を
  辞めて、釜石に戻り、フェアトレード・コーヒー1本で始めました。エライ。
  現在15種類のコーヒーを扱っていて、自分で焙煎しています。全日本ハンド・
  ドリップ・コーヒーの選手権で第4位という腕前の持ち主で、おいしいです。

  とっても優しい人柄です。この広場も来年の3月までなので、どこかに店舗を
  持ちたいと頑張っています。週末は県内のイベントに出店していますので、
  フェイスブックなどでチェックして、ぜひハピスを応援してください(^o^)/。


  

  

nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る